意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「逢引」の意味とは?読み方・英語【使い方や例文】

「逢引」という言葉を聞いたことがある人がどのくらいいらしゃるでしょうか? 「逢引を重ねる」「逢引を楽しむ」といった表現で、ドラマや小説の中で出てくる一節ですが、今の時代ではこの言葉を使っている人が少なく、古めかしいイメージを覚えてしまうかもしれません。

この言葉には、どのような意味があり、どんな場面で使われるのでしょうか? 今回は、この「逢引」について説明をしていきたいと思いますので、言葉の知識を深めてらえればと思います。

逢引

Meaning-Book
「逢引」の意味とは?読み方・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「逢引」の意味とは?
  • 「逢引」の読み方
  • 「逢引」の英語(解釈)
  • 「逢引」の言葉の使い方
  • 「逢引」の類語や類義の表現
  • 「逢引」を使った例文や短文・意味を解釈
  • 「逢瀬」と「逢引」の違い


「逢引」の意味とは?

「逢引」とは、「愛しあっている男女が他人の目を黄にして密かに会うこと」を意味しています。

オープンな出会いでもなさそうなので、何となく不倫的な雰囲気もありそうな言葉かもしれません。



「逢引」の読み方

「逢引」は、「あいびき」という読み方になりますが、このような読み方ができる人が若い世代では少ないかもしれませんので、しっかりとチェックしておいてください。

「逢引」の英語(解釈)

逢引 meaning in english

「逢引」を英語で表現すると、“assignation”“secret meeting of lovers”という言い方で訳すことができます。

“secret meeting of lovers”などは、「恋人達の秘密の会合」という意味で、そのままの英訳ですね。



「逢引」の言葉の使い方

「逢引」とは、「愛しあっている男女が他人の目を黄にして密かに会うこと」という意味があるので、何となく他人の目を忍んで合うイメージがありあります。

他人の目を気にしなければならない愛人関係にある環境の2人が会っているような感じがします。

「逢引」の類語や類義の表現

「逢引」「他人の目を気にして密かに会うこと」という意味がありましたが、これに似たような意味を持つ類語は、どのような言葉があるでしょうか?

  • 「密会」
  • 「忍び逢い」
  • 「ランデブー」

「密会」

「密会」という言葉が挙げられます。

「密会」とは、「人間同士、特に男女が密かに会うこと」「その際に行う性行為」を含んだ言い回しで用いられることもあります。

「日が暮れると、あっちの門には、男女が隠れで逢引をする光景が目立つようになってきた」このような言い方をすることがあります。

「忍び逢い」

「忍び逢い」「逢引」の類義語の1つとして挙げることができます。

「男女が人目を避けてそっと逢うこと」という意味がありますが、これも他人の目を気にして「忍びながら会う」という意味合いで使われることがあります。

「ランデブー」

「ランデブー」という言葉もありますが、「待ち合わせ」「会合」「デート」「会談」の意味があります。

この言葉の語源は、フランス語の「rendezvous」から来ており、ラブソングでも使われています。

その場合は、「デート」という意味で用いられていますので、意外に色々な場面で使うことができる言葉とも言えるでしょう。

「彼女の大好きなカラオケ曲には、ランデブーという歌詞が出てくるので、好きなんだ」というような活用の仕方があります。

「待ち合わせ」という意味とは異なる場面で出てくる「ランデブー」では、宇宙開発の世界で「2つ以上の宇宙船、人工衛星が宇宙空間で接近して速度と軌道を合わせながら飛行する」という意味で使われています。

「宇宙ステーションとスペースシャトルがランデブーして、ドッキングする映像が衛星中継で放映された」というような報道がニュースで流れた記憶がある人もいるのではないでしょうか?

「逢引」を使った例文や短文・意味を解釈

では、ここで「逢引」を使った例文を見ていくことにしましょう。

  • 「逢引」の例文1
  • 「逢引」の例文2
  • 「逢引」の例文3

「逢引」の例文1

「社内恋愛が禁止とされているので、僕らは休日に逢引を重ねるしかなかった」

今では、このようなルールがある企業はそんなに多くはないと思うのですが、職場の同僚達が気にするような付き合い方は、あまり好ましくないかもしれませんね。

「逢引」の例文2

「深夜に公園で逢引するカップルを見ると、不倫をしているようにしか思えません」

世の中では、「不倫」のニュースがよく話題になっていますが、夜遅く暗闇で逢っているカップルを見ると、どうしても、そのようなことを想ってしまうものです。

「逢引」の例文3

「逢引しているところを同僚に見られてしまったので、明日、職場に行くのが辛い」

この例文でも、秘密に逢っていることがバレてしまい、動揺している人の心境が現れていますね。

どうしても、「逢引」をしているという後めたさがあると、このようにビクビクしてしまうのかもしれません。

「逢瀬」と「逢引」の違い

「逢引」と似ている言葉の中には、「逢瀬」という言葉がありますが、この言葉は「おうせ」読みます。

「逢」は音読みだと「ほう」となるので、「ほうせ」と読んでしまいそうになりますが、訓読みの「あう」から「おうせ」と読みます。

「逢」「会う」「出会う」「思いがけなく会う」という意味があります。

「逢瀬」とは、人目を避けて会うことで、社内恋愛や不倫などといった公にできない男女の関係で、その二人が密会する事を意味します。

「逢瀬」は恋愛関係にある男女が密かに会うことを表す時に使いますので、「逢引」「相愛の男女が人目を避けて会うこと」という意味と比べると、若干、古風な言い方かもしれません。

「逢引」「愛し合っている2人が他人に気付かれないように隠れて会うこと」「逢瀬」「男女が人目を避けて会う」ことと言えますが、「逢瀬」がやや古いフレーズで一般的には「逢引」の方が多く使われている感じです。

少々ニュアンスが異なるので、使い分ける必要がありますが、何れにしても「逢引」「逢瀬」「愛し合う男女が人の目を忍んで会うこと」を意味していることには間違いありません。

icon まとめ

「逢引」という言葉からは、許されぬ恋愛関係にある男女2人が、密かに逢っているというような印象が伝わってきます。

恋愛には色々な形がありますが、人から後指を刺されてしまうような恋愛は本来、止めるべきかもしれません。

とは言うものの、人を好きになることは決して間違いではありませんので、相手を思いやる気持ちは大事にしなくてはならないでしょう。

このように「逢引」を重ねることは、人の感情を抑えることができないことなのかもしれません。

芸能界でも、「逢引」=「不倫」ということが厳しい目で見られることになりますが、周囲の視線に配慮した行動が必要と言えます。