意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「削減」の意味とは?「削減」と「低減」の違い・読み方・対義語・類語・英語

「削減」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「削減」の英語や、「削減」を使った例文を紹介して行きます。

削減

Meaning-Book
「削減」の意味とは?「削減」と「低減」の違い・読み方・対義語・類語・英語>


目次

  • 「削減」の意味とは?
  • 「削減」の意味
  • 「削減」の英語
  • 「削減」の対義語
  • 「削減」と「低減」の違い
  • 「削減」の類語や類義表現
  • 「削減」を使った例文


「削減」の意味とは?

「削減」という言葉を知っているでしょうか。

「削減」「さくげん」と読みます。

テレビのニュースやネットニュースなどで、「削減」という言葉を目にして事があるかもしれません。

またビジネスシーンで活躍されている人は、会議の場などで「削減」という言葉を耳にしたかもしれません。

一方で「削減」という言葉を、今回初めて知ったという人もいるでしょう。

そこで「削減」という言葉の意味や使い方を紹介します。

この言葉の意味を知る事で、次回からニュースなどで「削減」という言葉を目にした時に、どのような意味なのか理解できるようになるでしょう。



「削減」の意味

「削減」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「削減」には、「予算や人員を削り減らす事」という意味があります。

「削減」は言葉通り、「削り減らす」という意味があるためです。

例えば企業が○○という部門に対する予算を減らす時に、「○○部の予算を『削減』する」と言います。

また国が○○省の予算を減らす時も「○○省の予算を『削減』する」と言います。

このように「削減」という言葉は、ビジネスシーンで使う事が多い言葉です。

家庭で何かに対する費用を減らす時には、「削減」という言葉は使いません。

「節約」「減らす」などという言葉を使うのではないでしょうか。

このように「削減」という言葉には、「予算や人員を削り減らす事」という意味があります。

「削減」の英語

削減 meaning in english

「削減」という言葉を英語にすると、どのような表現になるでしょうか。

「削減」は英語にすると“diminution”(ディミニューション)になります。

“diminution”には「減少」「削減」という意味があります。

また「予算の削減」という場合は“a budgetary cutback”(アバジェテリーカットバック)という英語になります。

“a budgetary”には「予算」という意味があり、“cutback”には「削減」という意味があるからです。

このように「削減」はいくつかの英語にする事ができますので、英語を使う機会のために覚えておきましょう。



「削減」の対義語

「削減」の対義語を紹介します。

「削減」と反対の意味を持つ言葉を知る事で、この言葉の意味を立体的に捉える事ができるようになるかもしれません。

  • 「増額」
  • 「増員」
  • 「増加」

「増額」

「増額」には「金額を増やす事」という意味があります。

例えば、会社が優秀なAさんという社員の給料額を増やす時、「Aさんの給料を『増額』する」と言います。

また福利厚生を充実させて、交際費の枠を増やす時にも「交際費を『増額』する」などと言います。

「増員」

「増員」「ぞういん」と読み、「人員を増やす事」という意味があります。

例えば東京オリンピック期間中は、警備をする警察官の人数を増やさなくてはなりません。

そのため全国から東京に警察官を集めて、「警備を『増員』する」事になります。

またケーキ屋さんはクリスマス期間の繁忙期に向けて、バイトの数を増やす必要があるかもしれません。

このような時には「バイトを『増員』する」と言います。

「増加」

「増加」には、「数量が増える事」という意味があります。

例えばあるエリアが人気になり、引越しをして来る人が増えると、そのエリアの人口は『増加』します。

また人気商品の売れ行きがすごく、清算数を増やす時は、「生産を『増加』する」と言います。

「削減」と「低減」の違い

「削減」と似た意味の言葉に「低減」があります。

この二つの言葉には、どのような違いがあるでしょうか。

「低減」には、「減る事」「減らす事」という意味があります。

例えばあるエリアの犯罪の発生率を減らそうとする時に、「犯罪の発生率を『低減』する」と言います。

また実際に犯罪の発生率が減った時、「犯罪の発生率が『低減』した」と言います。

「削減」には、「人員や金額を削り減らす事」という意味があります。

どちらも減らすという意味がありますが、「削減」「人員」「金額」に対して使う言葉です。

何を対象にして使う言葉かという点で、「削減」「低減」には違いがあります。

「削減」の類語や類義表現

「削減」の類語や類義表現を紹介します。

「削減」と似た意味の言葉を知る事で、他の言葉に言い換えられるようになり、ボキャブラリーが豊富になるかもしれません。

  • 「減額」
  • 「減量」

「減額」

「減額」には「金額や数量を減らす事、または減る事」という意味があります。

例えば景気が悪くて給料が減った時に、「給料が『減額』になった」と言います。

またその結果、子供のお小遣いが減らされた時、「お小遣いが『減額』された」と表現できます。

「減量」

「減量」という言葉は、比較的たくさんの人、特に女性が使う機会が多いのではないでしょうか。

「減量」には「目方を減らす事」という意味があり、特に体重を減らす時に使う言葉です。

夏場に向けてダイエットをして体重を減らしたい時に、「『減量』してボディラインを整えよう」などと言います。

「削減」を使った例文

「削減」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における「削減」を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを覚えましょう。

  • 「削減」の例文1
  • 「削減」の例文2

「削減」の例文1

「A部署の予算を『削減』し、B部署の予算に回す」

この例文のように、毎年のように企業の予算は見直されています。

そして将来性がある方、利益がより出そうな部署に予算が厚めに回されます。

この例文のA部署のように予算が「削減」されてしまう部署もあれば、B部署のように予算が増えて力が入れられる部署もあります。

「削減」の例文2

「社員の数を『削減』し、機械化を進める」

企業の費用の中でも「人件費」がもっとも高くつくとされています。

そのため、この例文のように社員の数を「削減」し、機械に仕事を代行させようとする企業は増えて行くかもしれません。

まさに機械やロボットに仕事が奪われる時代が到来する可能性があります。

一方で、人間にしかできない仕事がありますので、そのような仕事を探し、やりがいのある人生を送りたいものです。

icon まとめ

「削減」という言葉の意味や使い方を見てきました。

「削減」はビジネスシーンで使われる言葉ですので、社会に出る前にしっかりと意味を知っておく事が大切になるでしょう。