意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「蹂躙」の意味とは?・読み方・対義語・類語・英語【使い方や例文】

インターネットや新聞で記事を読んでいると、読み方が分からない言葉が結構多いことに気付きます。

例えば、「蹂躙」という言葉を見たり聞いたことがあるでしょうか? 普通の会話の中では、使うことがあまりないのですが、この言葉にはどのような意味があるのでしょうか? ここで「蹂躙」にフォーカスして、意味や使い方などを説明行きたいと思います。

蹂躙

Meaning-Book
「蹂躙」の意味とは?・読み方・対義語・類語・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「蹂躙」の意味とは?
  • 「蹂躙」の読み方
  • 「蹂躙」の英語(解釈)
  • 「蹂躙」の対義語
  • 「蹂躙」の言葉の使い方
  • 「蹂躙」を使った言葉と意味を解釈
  • 「蹂躙」を使った例文や短文・意味を解釈
  • 「蹂躙」の類語や類義の表現


「蹂躙」の意味とは?

「蹂躙」という言葉は、「踏みにじること」「暴力的に侵すこと」、あるいは「社会の秩序を乱すこと」という意味があります。

特に権力に絡んだ話や人の権利が制約される場合に使われることが多く、暴力を使って人の気持ちや行動を踏みにじったり、侵害するという意味合いが強い言葉ではないかと思われます。



「蹂躙」の読み方

「蹂躙」「じゅうりん」という読み方になりますが、かなり難しい漢字で構成されている言葉なので素直に読むことができない人も多いでしょう。

せっかくの機会なので、ここでしっかりと覚えておいてください。

「蹂躙」の英語(解釈)

蹂躙 meaning in english

「蹂躙」を英語で訳すと、“trampled”“lay”“waste”などの言葉で表現することができます。



「蹂躙」の対義語

「力ずくで相手の動きを侵すこと」という意味の「蹂躙」に対して、反対の意味を持つ言葉(対義語)としては、「擁護(ようご)」があります。

「擁護」とは、「侵害、危害を加えるものから守ること」を意味している言葉で、「〜を擁護する」というような文章形式で使われることが多い言葉です。

人権や領土を侵害することを指している「蹂躙」と対照的な言葉なので、合わせて覚えておくと便利ですね。

「蹂躙」の言葉の使い方

「蹂躙」という言葉の使い方としては、「蹂躙する」という形で表現することが多いです。

「蹂躙する」とは、「他人や外国の権利を、武力や武暴力などを非人道的な力によって踏みにじること」を意味していますので、「蹂躙」の言い回しの中で、最も多い表現形式ではないかと思います。

「蹂躙する」という言い方は、自分の周りをも含めて、他人や第三者的な立場の人間が他人や団体、国などの権利などを侵害する場合に用いられることが一般的な用法かもしれません。

そのために、私達の日常的な会話やビジネス弟使われるよりも、ニュースや報道で見たり聞くことが多い言葉と言えるでしょう。

「蹂躙」を使った言葉と意味を解釈

「蹂躙」を使った言葉の中でもよく使われている表現を見ていくことにしましょう。

  • 「蹂躙される」
  • 「蹂躙攻撃」

「蹂躙される」

「蹂躙」のオーソドックスな使い方として「蹂躙する」と説明しましたが、「蹂躙される」では、「相手から力で踏みにじられる」という意味になります。

大国から武力で攻め込まれたり、強い権力をもっと初代な組織から圧力をかけられて、自由を奪われる場合に出てきます。

「蹂躙攻撃」

「蹂躙攻撃」とは、「戦車や装甲車などで、敵の部隊に向かって走行し相手を踏み潰していく攻撃」のことですが、敵陣に対して行われる「突撃」ではなくと、散開しながら、敵や逃走している敵に対して行われる攻撃のことです。

「蹂躙攻撃」という言葉も普段の会話の中では、ほとんど使われることがないでしょうが、「蹂躙」を含めた活用表現の1つとして覚えておくといいでしょう。

「蹂躙」を使った例文や短文・意味を解釈

では、ここで「蹂躙」を使った例文も見ていくことにします。

  • 「蹂躙」の例文1
  • 「蹂躙」の例文2

「蹂躙」の例文1

「我が国は、A国の強大な武力により自由を蹂躙されている」

ここでは「事由を蹂躙」という表現が使われていますが、「武力、権力を使って相手の自由を踏みにじったり、奪う行為のこと」を指しています。

権威のない相手や国力の弱い国を武力や権力を使って支配することで、自由を完成に奪ってしまう非人道的な意味が含まれています。

この例文のような出来事は、過去の人間の歴史を振り返ってみると、実に数多くの「蹂躙」があったことかが分かります。

「蹂躙」も歴史を振り返る上で重要なキーワードかもしれません。

「蹂躙」の例文2

「常に我が国は、自国の領土が蹂躙される危機にある」

領土を「蹂躙する」という表現も時折見ることがありますが、「暴力や権力により、他国の領土を侵害すること」を意味いる表現です。

普段の会話やビジネスシーンで使われることはありませんが、これも前項と同じよつに、歴史の教科書で目にする文章でしょう。

「蹂躙」の類語や類義の表現

「蹂躙」は中々言い回し気難しい言葉のような聞かしますが、他にも同じ意味を持って類語があります。

  • 「侵略」
  • 「侵害」

「侵略」

「しんりゃく」という読み方をする「侵略」「蹂躙」の類義語として扱うことができます。

「侵略」とは、「他国に攻め入って、領地や財産を奪い取ること」「武力を行使して相手国の主権を脅かすだけでなく、奪き取ってしまうこと」を意味しています。

「領土を蹂躙する」という形で「蹂躙」が使われることがありますが、それと同じように「侵略」「蹂躙」の言い換えた表現法となるでしょう。

「侵害」

「侵害」という言葉も「蹂躙」の類義語として言い換えることができる言葉の1つです。

「他人の権利、所有権などを侵して損害を与えること」という意味があります。

「武力を行使して、相手に大きな損害を与えること」という解釈になりますが、「プライバシーを侵害する」「著作権侵害」と形でビジネス分野でも使われることがある表現です。

「本来、持つべき権利を侵害されている」「侵害している」というのとを意味している言い回しで、「蹂躙」より身近な場面で使われています。

icon まとめ

「蹂躙」という言葉を調べていくと、普段あまり使われることが少ない言葉ですが、「侵略」「侵害」などの類義語に置き換えてみると、結構当てはまる場面が多いことに気づきます。

このようなことから、自分が気付かない相手に相手の権利を奪っていたり、行動を制約してしまっていることがないでしょうか? 「蹂躙」という言葉は、そのようなことを考えさせられるような気がしてなりません。

ビジネスシーンにおいても、今、パワハラ問題が話題を集めていますが、私達も身の周りで相手を「蹂躙」しないように注意を怠らないようにしなくてはなりませんね。