意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「差異」とは?「差異」と「相違」の違い・意味・読み方・対義語・類語・英語

「差異」という言葉は、よく耳にすることも多いはずです。

やはり普段から「差異」という言葉を活用している文章を見かける機会も多く、意味や使い方などここできちんと理解しておくと、かなり文章作成がスムーズにできるようになります。

差異

Meaning-Book
「差異」とは?「差異」と「相違」の違い・意味・読み方・対義語・類語・英語>


目次

  • 「差異」の意味とは?
  • 「差異」の読み方
  • 「差異」の英語(解釈)
  • 「差異」の対義語
  • 「差異」の言葉の使い方
  • 「差異」を使った言葉と意味を解釈
  • 「差異」を使った例文や短文・意味を解釈
  • 「差異」と「相違」の違い
  • 「差異」の類語や類義表現


「差異」の意味とは?

「差異」の意味とは、他の物と異なる部分や観点の近いなど。

ものと物の違いなど、違いを意味する言葉になります。

他のものとの違いなどを表現する際には「差異」として用いることもあるため、観点の違いなど表す際に用いる言葉です。

使い方などをきちんと理解しておくと文章作成する時には、かなり表現豊かになります。



「差異」の読み方

「差異」の読み方は「さい」です。

「差異」の英語(解釈)

差異 meaning in english

「差異」の英語表現は、“difference”です。

これは、よく「違う」という意味で“difference”を用いる事が多いので、英文の書き方や熟語など理解しておくと良いでしょう。

英単語として単独で意味を理解しておく事も重要ですが、英語は特に熟語としても用いる事が多いので、熟語で覚えておくと便利です。

“a slight difference”

「わずかな差異」これは、少しの違いがあることを意味する時に用います。

よく違いを表現する時に英文の中で用いるので覚えておくと便利です。

“a big differenc”

「大きな差異」かなり大きな違いがある時に用います。

この熟語を理解しておくと、ちょっと英文に取り込む時に表現力が豊かになるので、理解しておくと良いでしょう。

“to mark something as differen”

「物事に差異をつける」これは、物事に対して違いをつけることを意味しています。

違いをつけて明確にすることで、分かりやすいですし、何か違いを強調する様子が文章から読み取ることができるでしょう。

この熟語もよく利用するので、表現の仕方として覚えておくと良いです。



「差異」の対義語

「差異」の対義語については「一致」です。

「一致」の意味に関しては、元々、立場が異なる者どうしが、何かのはずみや必要性に応じて同調することで、統一行動を取ることになるなど意味しています。

お互いの意見が一致する。

お互いの意見が一緒になる」ことを意味にしているので、「差異」とは対義語である事がわかります。

お互いの意見が同じだと物事を進めるのもスムーズですし、やはり何事もうまくいく様子を読み取ることができます。

「差異」の言葉の使い方

「差異」の言葉の使い方についていくつかご紹介するので、参考にして下さい。

お互いの考え方に差異がある。

「お互いの考え方が一致していない」

お互いの考え方にズレがあることが、この文章から読み取ることができます。

「差異」があることでなかなか意見がまとまらなかったり、違いがあることがイメージできます。

差異があることで、お互い刺激しあっている。

「違いがあることで、お互いが刺激しあっている」様子を読み取ることができます。

お互いの考え方や何かに対し、違いがあることで刺激しあうことになりますし、やはりその違いが良い方向へと進む様子がわかります。

「差異」を使った言葉と意味を解釈

「差異」を使った言葉と意味の解釈をここでいくつかご紹介するので、使い方など理解しておくと、文章作成する時には、かなり語彙力がアップします。

  • 「差異的」
  • 「金額の差異」

「差異的」

両者にとって差異的な行動とは何か、考えるべきだ! 両者にとって違う部分・行動は何か、考えるべきだと言っている様子がわかります。

違う部分をハッキリ、明確にすることを重視している様子がよくわかるはずです。

「金額の差異」

金額の差異があるので、合計が一致しない。

金額の違いがあることで、合計が一致しない様子を読み取ることができます。

金額の違いにより、合計が合わないので、困っている様子が伺えます。

「差異」を使った例文や短文・意味を解釈

「差異」を使った例文や短文・意味を解釈をいくつかご紹介するので、参考にして下さい。

  • 「差異」の例文1
  • 「差異」の例文2

「差異」の例文1

予算と実績との差異が大きく会社に影響した。

予算と実績の違いが大きく会社に影響している様子を読みとることができます。

予算で大まかな資金を計画していても、実績はかなり下火だった様子など、これにより会社への影響が大きくでたことが分かります。

「差異」の例文2

子供達の学力の差異は家庭環境も大きく影響している。

子供達の学力の違いは、家庭環境も大きく影響している様子が伝わります。

やはり家庭環境によって子供は学力する環境か、もしくはそうでないかなど、色々と判断することができるので、しっかりと理解することができるでしょう。

「差異」と「相違」の違い

「差異」「相違」の違いは、よく普段から利用する言葉ですが、あまり違いを理解していないケースもあります。

よって、ここでご説明するので、理解しておきましょう。

「差異」とは、ある観点から判断すると違うという意味もあり、他と区別する関係など意味にしています。

「相違」については、ある事柄の中に全く別のものが混じっているような違いの時に用いる言葉です。

相違については、同種のりんご箱の中に1つだけ全く違うりんごの種類が入っている時など、全く別物の時に「相違」といった言葉を用います。

「差異」の類語や類義表現

「差異」の類語や類義表現についてご紹介するので、参考にして下さい。

  • 「不一致」
  • 「不和」

「不一致」

あなたの意見には、私の考えは不一致だ。

あなたの意見に対し、私の考えは一致していない様子がわかります。

「差異」とも言い換えることができるので、「不一致」は類語になります。

意見に対して、自分の考えは違うというイメージを読み取ることができる文章になっています。

「不和」

私の家族は家庭不和な環境だ。

私の家族は家庭の中に気持ちの行き違いがある環境だということを読みとることができます。

ここでの「不和」は、家族が仲良い環境ではなく、気持ちが行き違いしているような、どことなく気まずいような関係担っている様子が分かります。

icon まとめ

「差異」という言葉は、よく使用しますし、ここできちんと意味を理解しておくことで、上手に文章作成することができ、英文などもスムーズに記載できるようになります。

「差異」の意味を理解したことで、文章作成がワンランクアップすることになるでしょう。