意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「多面的」の意味とは?「多面的」と「多角的」の違い・読み方・対義語・類語・英語

「多面的」とは、「物事のあり方・見方・考え方が色々な方面と分野に及んでいること」です。

「多面的」「意味・読み方・英語と解釈・対義語・使い方・多面的を使った言葉・例文と解釈・類語や類義表現」などについて、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「多面的」の意味とは?「多面的」と「多角的」の違い・読み方・対義語・類語・英語>


目次

  • 「多面的」の意味とは?
  • 「多面的」の読み方
  • 「多面的」の英語(解釈)
  • 「多面的」の対義語
  • 「多面的」の言葉の使い方
  • 「多面的」を使った言葉と意味を解釈
  • 「多面的」を使った例文や短文・意味を解釈
  • 「多面的」と「多角的」の違い
  • 「多面的」の類語や類義表現


「多面的」の意味とは?

「多面的」の意味は、「物事のあり方・見方・考え方が色々な方面と分野に広がっていること」「一つの物事に色々な側面・見方があり一面的(単純)ではないこと」になります。

「多面的」という言葉には、「物事・現象には一つだけではない色々な複数の側面(特徴・見方・考え方などの面)がある」という意味合いがあるのです。

例えば、「社会問題について考える時には多面的な視点を持つ必要があります」「知性とは多面的な考え方を高めてくれる精神の力です」などの文章において、「多面的」の意味を示すことができます。



「多面的」の読み方

「多面的」の読み方は、「ためんてき」になります。

「多面的」の英語(解釈)

「多面的」の英語とその意味の解釈は、以下のようになります。

“many-sided”(「多方面の・多才な」から、「多面的」を意味しています。)

“She had many-sided interest of biological science. ”(彼女は生命科学について多方面の興味関心を持っています。)

“diversified”(「多様な・分散的な」から、「多面的」を意味します。)

“from diversified standpoints(viewpoints)”(多面的な視点から。)

“He thought this issue from diversified standpoints. ”(彼は多面的な視点からこの問題を考えた。)

“versatile”(「多方面にわたる・多才・何をやらせても上手い」から、「多面的」を意味します。)

“Smartphone is a versatile convenient tool. ”(スマートホンは、多面的で便利な道具です。)



「多面的」の対義語

「多面的」の対義語として、「一面的」「画一的」「視野狭窄」「単一的」などが上げられます。

「一面的」とは「一つの側面だけから見たり考えたりすること」「画一的」とは「変化・違いがなくみんな同じようなものであること」を意味しています。

「単一的」とは「ただ一つだけで多面性がないこと」「視野狭窄」とは「視野が狭くなって、物事の色々な側面を見られないこと」を意味します。

それらの意味から、物事の色々な側面を示唆する「多面的」の対義語として、「一面的・画一的・視野狭窄・単一的」を指摘できます。

「多面的」の言葉の使い方

「多面的」の言葉の使い方は、「物事(現象)の持つ色々な側面・特徴について言及したい時」「物事を色々な側面から見たり考えたりする場合」に使うという使い方になります。

例えば、「その先端技術が持つ多面的な用途には驚かされた」「多面的な才能を活用して働く」などの文章で、「多面的」の言葉を正しく使用できます。

「多面的」を使った言葉と意味を解釈

「多面的」を使った言葉とその意味を解釈していきます。

  • 「多面的な魅力」
  • 「多面的な視点」

「多面的な魅力」

「多面的な魅力」とは、「見た目が美しい」だけの一面的で単純な魅力ではなく、「複数の様々な側面で構成される魅力」を持っているということです。

例えば、「見た目(ルックス)が美しい+ユーモアの効いたコミュニケーションが上手い+他者に対する共感能力が高くて居心地が良い」などの多様な側面の魅力があるということに対して、「多面的な魅力」という言葉を使用することができます。

「多面的な視点」

「多面的な視点」とは、「物事・現象を色々な側面・立場・価値観から見る視点」を意味しています。

「どんな殺人も悪」というのは「一面的な視点」ですが、「殺人に至った原因・動機・理由・事情・成育環境」などを色々な側面から見直してみることによって、「多面的な視点」が生まれます。

「誰かを助けるために通り魔を殴って死なせてしまった理由」「子供時代から両親に過酷な虐待を受けてきて復讐で親を殺してしまった事情」「殺すつもりはなかったのに、少しよそ見をして自転車で高齢者をひき殺してしまった状況」「老老介護の限界が来て、半ば心中のようにして寝たきりの配偶者を殺した事件」など、殺人の現象を色々な面・立場から見てみるということが、「多面的な視点」を意味しているのです。

「多面的」を使った例文や短文・意味を解釈

「多面的」を使った例文や短文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「多面的」の例文1
  • 「多面的」の例文2

「多面的」の例文1

「学校教育の目的の一つは、各種の問題を多面的に考える力を身につけさせることです」

この「多面的」を使った例文は、「学校教育の目的の一つは、各種の問題を色々な側面から(色々な人々の視点・立場から)考える力を身につけさせることにある」ということを意味しています。

「多面的」の例文2

「人類・国家の歴史は多面的であり、誰にとっても絶対的に正しいただ一つの歴史観というものは存在しないのです」

この「多面的」を使った例文は、「人類・国家の歴史は見る人(立場)によっていろいろな沢山の視点・側面があり、誰にとっても絶対的に正しい唯一の歴史観というものは存在しない」ということを意味しています。

「多面的」と「多角的」の違い

「多面的」「多角的」の違いは、「多面的」というのは「物事・現象が持つ色々な側面」「物事のあり方・特徴がさまざまな方面と分野に広がっていること」を意味しているが、「多角的」の方は「物事・現象を見たり考えたりする角度」を意味しているという違いになります。

「多面的」「物事(対象)自体が持っているさまざまな側面」を意味する言葉ですが、「多角的」というのは「その物事(対象)の側面を認識するために見たり考えたりする角度=色々な人の立場・価値観に立って考えてみる視点や角度」を意味している違いがあります。

「多面的」の類語や類義表現

「多面的」の類語や類義表現には、どのようなものがあるのでしょうか?「多面的」の類語・類義表現について、分かりやすく解説していきます。

  • 「様々・色々」
  • 「多種多様・雑多・盛り沢山」

「様々・色々」

「多面的」の類語・類義表現として、「様々(さまざま)・色々(いろいろ)」があります。

「多面的」というのは、「物事のあり方・考え方・見方などが色々な方面やジャンルにわたっていること」を意味しています。

「様々」「色々な種類や差異があること・それぞれであること」を意味し、「色々」「単一ではなく複数の種類や特徴、選択肢などがあること」を意味しています。

その意味から、「多面的」の類語として「様々・色々」が上げられます。

「多種多様・雑多・盛り沢山」

「多面的」の類語・類義表現として、「多種多様(たしゅたよう)・雑多(ざった)・盛り沢山(もりだくさん)」があります。

「多種多様」とは「種類が多くてその特徴もさまざまであること」「雑多」とは「統一されておらず、それぞれのさまざまな特徴があること」を意味しています。

「盛り沢山」の意味は、「分量・種類が多くて内容も豊富であること」になります。

物事が様々な方面に広がっていることを示唆する「多面的」の類義表現として、「多種多様・雑多・盛り沢山」を指摘できます。

icon まとめ

「多面的」という言葉について徹底的に解説しましたが、多面的には「もののあり方・見方・考え方が色々な方面と分野に及んでいること」などの意味があります。

「多面的」の類語・類義表現としては、「様々・色々」「多種多様・雑多・盛り沢山」などがあります。

「多面的」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。