意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「同一」とは?「同一」と「同様」の違い・意味・読み方・対義語・類語・英語

この「同一」という言葉は、聞いたことがない人は居ないと思われますが、似た言葉が多い為、その区別が付きにくいかも知れません。

Meaning-Book
「同一」とは?「同一」と「同様」の違い・意味・読み方・対義語・類語・英語>


目次

  • 「同一」の意味とは?
  • 「同一」の読み方
  • 「同一」の英語(解釈)
  • 「同一」の対義語
  • 「同一」の言葉の使い方
  • 「同一」を使った言葉と意味を解釈
  • 「同一」を使った例文や短文の意味を解釈
  • 「同一」の類語や類義表現


「同一」の意味とは?

同一とは、「全く同じ」という意味で使う言葉です。

少しでも違う点があればこうとは表現しない為、寸分違わずに同じでないといけません。

この「同一」と見た目が似ていて、「同じようなもの」「似たようなもの」という意味の言葉がいくつか存在しますが、それらとは違い、「何も違う所はない」という意味で使います。



「同一」の読み方

「同一」は、「どういつ」と発音してください。

この読み方に関しては、特に難しい点はありません。

間違えるとすれば、「どういち」という読み方ですが、まずそう読むことはないと言っていいでしょう。

読み方よりも、「そのもの」を表す言葉ではないという点の方に注意してください。

つまり、全く同じ物が2つあれば、それらは「同一」と表現できます。

2つ同じ物があっても、厳密に(唯一の存在として)はそれぞれは別の物ですが、そこまで厳格な意味で使う言葉ではありません。

「同一」の英語(解釈)

同一は、英語で“same”と表現します。

この“same”「同じもの」という意味で使う言葉で、「同一」の意味そのままの英単語です。

また、上で説明したような、2つの全く同じ物がある時に、それらを「同一」と使えるように、この“same”もそのように使うことができます。

その為、日本語と英語ながら、全く同じ意味をもつ同士の言葉だと考えて構いません。



「同一」の対義語

同一の対義語は、「不同」(ふどう)という言葉です。

この言葉は、「同じではない」という意味になり、「同一」とは全く逆の使い方をします。

そして、「相違」(そうい)も対義語だと考えられます。

こちらも「同じではない」と表す時に使う言葉で、「この2つには相違がある」とすれば、同じではないことを表現できます。

ただし、「違い」「違う」と置き換えて使うことも多いので、1つの単語として考えた場合には、上の「不同」の方が対義語として向いていると言えるでしょう。

「同一」の言葉の使い方

同一は、それらが同じだと思った時に使う言葉です。

対象は物であったり、動物や人でも構いません。

単に「同一」と使う時には、全く一緒であることが条件になりますが、「同一の苗字」「同一年齢」のように、一部だけ同じという使い方もできます。

先にも少し書きましたが、完全に1つしか存在や、そのものを表す時には「固有」(こゆう)と表現し、それが2つ以上存在することはありえません。

「同一」を使った言葉と意味を解釈

「同一」を使った、よく見聞きする言葉です。

これらを見ていくと、「同一」の使い方がよく分かると思います。

  • 「同一人物」
  • 「同一化」
  • 「同一生計」

「同一人物」

この言葉は、「全く同じ人」という意味で使います。

当然、人間は誰もが「固有」の存在なので、他に「同一」と呼べる人物は存在しません。

対象が物であれば、同じ物がいくつも存在している場合に、それらを全部「同一」と表現することができますが、人はどれだけ似ていようと、「同一人物」は世界に1人しか存在していません。

「同一化」

「同一化」は、スピリチュアル用語として使われることが多い言葉で、「対象の人物の考え方や嗜好などを自分に当てはめる(取り入れる)」と解釈するようです。

それにより、その人と「同一」になったかのような精神状態になれるという意味が含まれており、特定の宗教でも用いられていることがあります。

「同一生計」

「家計を一緒にしている」という意味の言葉です。

夫婦とその間の子供がこの「同一生計」だと言えば、その3人で日々の生活費を共有していると解釈してください。

この言葉は、金銭の絡む何かの申込み時に見掛けることが多いです。

同一生計の家族は自分を含めて何人かという質問が代表的なそれです。

ちなみに、クレジットカードの申込みでは、これが少ないほど審査が通りやすいと言われています(その人の収入を何人で使うのかという物差しになる為です)。

「同一」を使った例文や短文の意味を解釈

同一を使った例文や短文です。

この言葉について、より深く理解できる例文を挙げていきます。

  • 例文1
  • 例文2

例文1

「鍵が無くなってしまったので、同一のものを作ってもらった」

無くした鍵そのものではありませんが、同じに使えるものという意味で使っています。

全く同じものではなくても、鍵は対応した錠を空ける為にだけ使うものなので、それができれば「同一」だと表現していいでしょう。

例文2

「同一の選択肢は一度しか選べないと書かれている」

テストなどで、一度使った選択肢は二度と使えない時に、このように表現されます。

A〜Eの5つの選択肢があり、問題が5問だとすると、各問題にそれぞれ別の選択肢で回答しないといけません。

「同一」の類語や類義表現

同一と似た意味の言葉や表現です。

前述したように、この言葉と似た意味の言葉は多く存在します。

「固有」は既に説明しているので、ここでは挙げません。

  • 「同様」(どうよう)
  • 「同等」(どうとう)
  • 「同類」(どうるい)

「同様」(どうよう)

「同一」とこの「同様」の違いは、同一が「同じもの」なのに対して、こちらは「主要な部分は同じ」という意味で使います。

例えば、「同様の色」と言うと、全く同じ色でなくても、それほど変わらなければ(似たようなものであれば)構わないと解釈してください。

「同等」(どうとう)

この言葉も、「同じようなもの」という意味で使われます。

ただし、上の「同様」とは若干の違いがあり、「格式や価値が似通っているもの」といった意味でも使うことができます。

よって、見た目が全く違っても、価値がほぼ一緒であれば、「同等品」だと表現することがあります。

「同類」(どうるい)

対象同士の「何かが(そこだけは)とても似ている」という意味で使う言葉です。

いい例として、遅刻が多い人同士をまとめて「同類だ(遅刻が多いという点において似ている為)」などと表現することができます。

icon まとめ

同一は、「全く一緒」という意味で使う言葉ですが、「固有」という意味ではない点に注意してください。

自分の車は、それが唯一固有の存在ですが、「同一車種」の車は何台でも存在するということです。