意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「不在」とは?意味・読み方・対義語・類語・英語【使い方や例文】

「不在」とは、「本来ならばいるべき場所にいないこと」「職場・自宅などでその場に居合わせていないこと」です。

「不在」「意味・読み方・英語と解釈・対義語・使い方・例文と解釈・類語や類義表現」などについて、詳しく説明していきます。

不在

Meaning-Book
「不在」とは?意味・読み方・対義語・類語・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「不在」の意味とは?
  • 「不在」の読み方
  • 「不在」の英語(解釈)
  • 「不在」の対義語
  • 「不在」の言葉の使い方
  • 「不在」を使った言葉と意味を解釈
  • 「不在」を使った例文や短文・意味を解釈
  • 「不在」の類語や類義表現


「不在」の意味とは?

「不在」の意味は、「本来ならばいるべき場所にいないこと」「職場・自宅などでその場にいないこと」「誰かが訪ねてきた時、本人がその場に居合わせていないこと」になります。

「不在」という言葉は、端的にいえば、「その人本人がその場にいないこと・留守にしていること・本人が来ていないこと・本人が居合わせておらず離席(欠席)していること」を意味しているのです。



「不在」の読み方

「不在」の読み方は、「ふざい」になります。

「不在」の英語(解釈)

不在 meaning in english

「不在」の英語とその意味の解釈は、以下のようになります。

“absent、absence”(名詞形)(「いない・不在の・留守の・欠席して」から、「不在」を意味しています。)

“She is absent now. ”(彼女は今、不在(欠席)です。)

“My husband's mother came to our home in absence. ”(夫のお母さんが、私たちの不在時に自宅に来ていました。)

“absentee voting”「不在者投票」“cast an absentee ballot”「不在者投票をする」を表現できます。

“be not at home、be away from home”(「家にいない・在宅していない」ということから、「(自宅に)不在」を意味しています。)

“My father is not at home. ”(父は今、家にいなくて不在です。)

“My father is away from home. ”(父は、自宅から離れていて不在です。)

“be not present”(「ここにいない」ということから、「不在」を意味しています。)

“He is currently not present. ”(彼は今、不在です。)

“be out of the office”(「会社にいない・会社の外に出ている」ということから、「(会社に)不在」を意味しています。)

“stay out”(「滞在してない・出かけている」ということから、「(ここには)不在」を意味しています。)

“She was stayed out on holiday. ”(彼女は休日に不在でした。)



「不在」の対義語

「不在」の対義語は、「在宅(ざいたく)」「在室(ざいしつ)」「在地(ざいち)」などになります。

「不在」という言葉の意味は、「会社・職場・自宅・自室などの、その人が本来いると思われる場所にいないこと」です。

その「不在」と反対の意味を持つ対義語は、「その人がいるべき場所にいること」を示す言葉になります。

「在宅」は自宅にいること、「在室」はその部屋にいること、「在地」はその土地・場所にいることを意味している言葉です。

それらの意味から、「不在」と反対の意味を持つ対義語として、「在宅」「在室」「在地」を上げることができます。

「不在」の言葉の使い方

「不在」の言葉の使い方は、「その人が本来ならばいるべき場所にいない場合」「その人が職場・自宅などでその場に居合わせていない時」に使うという使い方になります。

例えば、「会社に担当者であるその人を訪ねていってみたが、不在で会うことができませんでした」「自宅には母親が不在で子供しかいなかったため、医療保険についての詳しい話はまた後日することにしました」などの文章において、「不在」の言葉を正しく使うことができます。

「不在」を使った言葉と意味を解釈

「不在」を使った代表的な言葉である「不在証明」「不在郵便・不在電話」について、それぞれの意味を分かりやすく解釈していきます。

  • 「不在証明」
  • 「不在郵便・不在電話」

「不在証明」

「不在証明」の言葉の意味は、「自分がその時間帯にその場所にいなかったことの証明」であり、一般的に警察用語では「不在証明」「アリバイ」と呼ばれています。

何らかの重要事件が起こった時に「不在証明(アリバイ)」があれば、事件の加害者(容疑者)ではないことを証明することができるのです。

「不在郵便・不在電話」

「不在郵便」の言葉の意味は、「本人が自宅に不在である時に届けられた郵便(不在で受け取ることができなかった郵便)」「本人が不在の時に、担当者が確かに配達に来たことを証明する郵便通知書(不在連絡票など)」を意味しています。

「不在電話」というのは、「本人(あるいは担当者)が不在の時にかかってきた電話」を意味しています。

「不在電話」があった時に、一般企業では「折り返しの電話」を担当者から改めてかけ直させることが多くなっています。

「不在」を使った例文や短文・意味を解釈

「不在」を使った例文や短文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「不在」の例文1
  • 「不在」の例文2

「不在」の例文1

「私が不在の時に限って、重要な郵便物が送られてくるので困っています」

この「不在」を使った例文は、「自分が自宅にいない時に限って、重要な郵便物が送られてくるので困っていること」を意味しています。

「不在」の例文2

「社長が外国に出張して不在の間、会社の最高責任者は副社長が務めることになります」

この「不在」を使った例文は、「社長が外国に出張していて、会社にいない間、会社の最高責任者は副社長が務めることになっている」という社内のルールを意味しています。

「不在」の類語や類義表現

「不在」の類語や類義表現には、どのようなものがあるのでしょうか?「不在」の類語・類義表現について、分かりやすく解説していきます。

  • 「留守・いない・出ている(外出中)」
  • 「欠席・離席・席を外している」

「留守・いない・出ている(外出中)」

「不在」の類語・類義表現として、「留守・いない・出ている(外出中)」があります。

「不在」という言葉の意味は、「その場にいないこと・自宅や会社(職場)を空けていること」になります。

「留守」の意味は、「外出してその場にいないこと」「主人・担当者が不在の間、その場を守ること」になります。

「不在」とほぼ同じ意味を持つ類語として、「留守・いない・出ている(外出中)」が上げられます。

「欠席・離席・席を外している」

「不在」の類語・類義表現として、「欠席・離席・席を外している」があります。

「欠席」とは、「学校・会社に出席していなくてその場にいないこと」です。

「離席」とは、「主に職場で本来いるべき場所にいないこと・自分のデスクの席を離れていること」を意味します。

「不在」の言葉の意味は「自宅・学校・会社などのいるべき場所にいないこと」ですから、「不在」と似た意味合いを持つ類義表現として、「欠席・離席・席を外している」を指摘できます。

icon まとめ

「不在」という言葉について徹底的に解説しましたが、不在には「本来ならばいるべき場所にいないこと」「職場・自宅などでその場に居合わせていないこと」などの意味があります。

「不在」の類語・類義表現としては、「留守・いない・出ている(外出中)」「欠席・離席・席を外している」などがあります。

「不在」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。