意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「持参」とは?意味・読み方・対義語・類語・英語【使い方や例文】

「持参」という言葉は普段から何気に使っている方も多いのではないでしょうか。

やはり身近な言葉ですし、何かと使う機会も多いです。

きちんと「持参」の意味を理解して、使い方など把握しておくことで、文章作成がスムーズにできるようになります。

ここで正しい言葉遣いを理解しておきましょう。

持参

Meaning-Book
「持参」とは?意味・読み方・対義語・類語・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「持参」の意味とは?
  • 「持参」の読み方
  • 「持参」の英語(解釈)
  • 「持参」の対義語
  • 「持参」の言葉の使い方
  • 「持参」を使った言葉と意味を解釈
  • 「持参」を使った例文や短文・意味を解釈
  • 「持参」の類語や類義表現


「持参」の意味とは?

「持参」の意味ですが、品物・物・資料・お金など持っていくことです。

よく「持参」という言葉は色んな場面で使う事が多いので意味を理解しておきましょう。

何か手続きする際にも持っていく物などは「持参」として記載してあることも多いため、その辺はきちんと理解しておくことで、無理なく準備をすることができます。

資料を作成する場合にも「持参」など用いる事も多いので、普段からよく活用する言葉です。



「持参」の読み方

「持参」の読み方は「じさん」です。

「持参」の英語(解釈)

持参 meaning in english

「持参」の英語表現では、“bringing”“taking”を使う事が多く、英語では熟語として覚えていた方が何かと使いやすいです。

一つの単語として覚えておくより、熟語として前置詞などと一緒に理解しておくと英文作成する場合に、かなりスムーズに文章表現ができるので、苦手い意識を持たずに英語が理解できるようになります。

“bring something (with one)”

「何か物を持ってくる」という意味です。

これは、よく日常的に使うので、熟語として覚えておくことで何か物を持っていく際には、文章作成がスムーズにできます。

“I will bring it. ”

「私はそれを持参します」

これは簡単な文章ですが、未来形としての表現で、それを持参することを予測している様子がわかります。

“Everyone to bring his own lunch. ”

各自弁当持参のこと」という意味です。

各自、お弁当持参することを記載した文章だと読み取れます。

おそらく先生が生徒に対して使う表現だなと読み取れます。

“take something with one; carry”

「持っていく」という意味です。

何か持っていく際には普段からよく使う表現方法なので理解しておくと熟語として文章作成がスムーズにできるので英文も上手に記載することができます。



「持参」の対義語

「持参」の対義語は、「受理」「送付」などあります。

「この資料は受理しました」「この本を送付します」といった表現になります。

「持参」するのではなく、受け取ったり、相手に送るなどを意味しているので、対義語だと分かるでしょう。

「持参」の言葉の使い方

「持参」の言葉の使い方ですが、「資料を持参してください」

など何か物や金銭など、物質的なものを持っていく・持ってくることを意味しているため、そういった意味合いの文章に用いることになります。

よく資料や案内作成の際に「持参」などは用いる事が多いです。

「持参」を使った言葉と意味を解釈

「持参」を使った言葉と意味の解釈などご紹介するので参考にしてください。

  • 「持参金」
  • 「持参債務」
  • 「持参人」

「持参金」

「持参金」とは、縁組をする特に実家からまとまった額の金銭を持っていくことです。

結婚に際して、配偶者を与える側が、配偶者をもらう側に対して与える金銭財物のことです。

結婚の際に実家からある程度の金銭なども持っていく場合は「持参金」など使うことになります。

「持参債務」

「持参債務」とは、債権者の住所または営業所において、債務を履行することや果たすことになります。

弁済しなければならない債務のことなので、支払いや金銭のことで耳にする機会も多いはずです。

「持参人」

「持参人」の意味は、自分または所有者の名前を裏書きした小切手・手形・債権・権利証券を持つ人のことを言います。

よく用いられるのは、債券に「持参人払いである」と記載されていることも多く、金銭的なことで用いるケースが多いです。

「持参」を使った例文や短文・意味を解釈

「持参」を使った例文・短文・意味や解釈などご紹介するので参考にしてください。

  • 「持参」の例文1
  • 「持参」の例文2

「持参」の例文1

各自、明日はお弁当を持参してください。

各自で明日はお弁当を持ってきてください。といった意味を表示しています。

先生が生徒へお弁当を持ってくるように伝えている様子がよくわかります。

やはり、お弁当を持っていく事をよびかけている様子がよくわかります。

「持参」の例文2

持参金付きのお嫁さんが嫁いできた。

まとまったお金をお嫁さんが嫁いだ時に持ってきた。といった意味を表現しています。

まとまったお金を結婚する際に持ってきた様子がよくわかります。

「持参金」として表現することで、お嫁にいく時にある程度お金を持っていくことが想像できるはずです。

「持参」の類語や類義表現

「持参」の類語などいくつかご紹介するので参考にしてください。

類語や類義語を理解することで語彙力がアップします。

  • 「所持」
  • 「保持」

「所持」

本を所持している。

本を持っている。といった表現です。

これは「本を持参している」

ということもできますし、「持参」「所持」とした表現で表すことができます。

「所持」という表現はよく「所持品」として用いることもあり、ご自身で持っている物や品など表現する時に、よく普段から使う言葉なので理解しておきましょう。

「保持」

「私は保険証を保持しています」

私は保険証を持っています。といった意味です。

保険証を「持参」しているといった言葉で書き換えることができます。

「保持」しているなど、表現としても使いやすいので日常的に普段使いできますし、よく運転免許証など「保持している」といった使い方も可能なため、類語として理解しておくと良いでしょう。

icon まとめ

「持参」という言葉は、よく資料や手続きする際の書類や身分証明書など、持ってく時に案内に記載されている事が多いです。

よく「持参するものは以下です」

など案内文として書かれていることもありますし、会社での案内文の作成など使う事も多いので、そういった時に上手に「持参」など理解しておくことスムーズに書くことができます。

普段から「持参」はよく使う言葉なので使い方など理解しておくと、なかなか上手な文章が作成できるようになります。