意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「収縮」の意味とは?対義語、類語や英語、使い方や例文を紹介!

人の体には本来様々な反応・機能が備わっており、それらが円滑・適切に働くことで生命活動を維持しています。

そんな反応・機能の中に「収縮」と呼ばれる言葉があります。

「収縮」は様々な部位・器官にて起こる反応ですが、体に限らず機械・化学・大きさなど他の場面でも使うことも可能な言葉でもあります。

収縮

Meaning-Book
「収縮」の意味とは?対義語、類語や英語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「収縮」の意味とは?
  • 「収縮」の読み方と言葉の構成
  • 「収縮」の英語(解釈)
  • 「収縮」の対義語
  • 「収縮」の言葉の使い方
  • 「収縮」を使った例文や短文(解釈)
  • 「収縮」の類語や類義表現


「収縮」の意味とは?

「収縮」という言葉の意味として、縮こまる・小さくなるといった意味を持ちます。

その多くは生体反応において筋肉・血管・内臓器官・細胞といった体の組織における反応・動きに加えて金属や熱加工などによる化学反応として解釈されます。

生体反応として各組織が大きくなったり小さくなるといったことを繰り返し、そのうちの小さくなる反応のことを「収縮」としています。

しかし小さくなるのは大きさのみでありその重量に関しては変わりません。

そのため内容量に関してはそのままに大きさのみが変動するものとされています。

またはコピー用紙での倍率のように対象の形は変わらず、大きさだけを変えるような場合にも適応する意味となります。



「収縮」の読み方と言葉の構成

「収縮」という言葉は「しゅうしゅく」と読み、言葉自体はそれぞれ「収」「縮」にて別々の単語が合わさって作られています。

「収」については事象において収まるという意味を持っており、体の反応に対しては大小の中で収まるという意味になります。

また「縮」については「縮こまる」のように小さくなると解釈されるため、縮こまって小さく収まるという言葉を合わせて「収縮」という単語が生まれています。

「収縮」の英語(解釈)

収縮 meaning in english

「収縮」という言葉の多くは生体反応において用いられており、医学は世界共通に存在しています。

また化学反応でも存在するため、その場合の英語表現では“contraction”と表現されます。

“contraction”は収縮反応によって大きさ・動きに変動がある際に適応となる単語のため、筋肉や血管・金属の変化などの際に表現されます。

しかしコピー用紙の倍率のように対象の大きさ・形はそのままに変化をする場合もあります。

その際は“shrink”と表現されます。



「収縮」の対義語

「収縮」という言葉は場面によってその意味も変わってきます。

そのため対義語もその意味に応じて複数存在しており、生体反応に対しては「弛緩」となります。

「弛緩」は緊張していたものが緩く・解れるという意味を持ち、「収縮・弛緩」を反復することで生命活動を維持しています。

熱や薬品など化学反応によって収縮している場合は「膨張」という言葉が対義語になります。

ここでの収縮は化学反応によって体積に変化が生じており、小さくなっていたものが増える・元に戻るという意味で対義語に扱われています。

他にもコピー用紙のように倍率の変化に対しては大きくする・広げるという意味で「拡大」と表現されます。

「収縮」の言葉の使い方

「収縮」という言葉は様々な場面で用いられます。

コピー用紙の倍率のように日常的に使う言葉出れば操作する・お願いする時など気軽に用いられます。

しかし生体反応に対して用いる場合、仕事として用いる際にはある程度の知識があることが前提となり、相手の説明・理解をしてもらう際に用いられます。

筋肉や血圧など普段からおこるものに対して用いることもあれば注意が必要な時に用いることもあります。

健康は誰しも関心があり、注意しているためそのため曖昧な表現にならないように注意が必要です。

そして化学反応における収縮は実験や研究など、重要な場面で用いられることもあります。

そのためそれぞれ場面や状況に応じてその重要道が変わるため、注意して使う必要があります。

「収縮」を使った例文や短文(解釈)

「収縮」という言葉はいろんな場面で使う機会があり、一番身近では気にしていなくても体の中で絶えず起こっています。

また多くは専門家・専門職種の間で使われる機会が多い言葉でもあります。

そのため使う際にどのような使い方になるか、その例文と解釈を紹介します。

  • 「収縮」の例文1
  • 「収縮」の例文2
  • 「収縮」の例文3

「収縮」の例文1

「健康診断にて『あなたは血圧が高いので、血管が収縮する際に負担がかかりやすい』と説明を受け、治療が始まった」

この場合、「収縮」とは生体反応における血管の動きを表しています。

血管は絶えず収縮・弛緩を繰り返していますが、血圧が高いことで収縮時に血管へのストレスが高くなっていると指摘・説明を受けて治療が始まったとされています。

「収縮」の例文2

「ジムのトレーナーから『しっかりと筋肉を鍛えたいなら、正しいフォームで筋肉を収縮させることが大切』と指導を受けた」

この場合、収縮は筋肉の動きを表しています。

筋力トレーニングをするにあたりしっかりとその効果を得るためにどう収縮すればよいかを教えてもらっています。

「収縮」の例文3

「実験にて化学反応を起越した結果、材料の一部が収縮反応を示している」

この場合、「収縮」は科学実験・反応の結果を表しています。

材料の状態に変化を起こしており、その変化した状態を「収縮」していると表現しています。

「収縮」の類語や類義表現

「収縮」には場面・内容によってさまざまな意味・使い方があります。

そのためそれぞれに応じた類語・類義表現もたくさんあります。

意味を混同したり誤用しないためにも適切な意味の理解や使い方を紹介します。

  • 「委縮」
  • 「圧縮」

「委縮」

「委縮」「収縮」同様に縮こまるという意味を持ちますが、縮こまる原因は悪いことが前提・条件となっていることが多いです。

例として栄養不足で筋肉が萎縮してしまう・ストレスで精神的に委縮してしまうなど、「収縮」とニュアンスは同じであってもマイナスイメージを含めて用いられるため類語とされています。

「圧縮」

「圧縮」について、小さくなるという意味は同じですが、大きさに加えて体積・容量など全体を小さく圧していくという意味になります。

多くはデータ容量・文章量・気体や固体など対象を押し縮めていきますが、「収縮」と違い縮めたままであることが多いため、類語として扱われています。

icon まとめ

「収縮」は様々な意味・解釈があり、それだけ類語も英語表現にも幅が広がります。

しかし時に重要な場面に手用いられることもあるため、それぞれどのような意味・使い方かを正しく理解しておく必要があります。