意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「苦手」とは?意味・読み方・対義語・英語【使い方や例文】

「苦手」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「苦手」の英語や、「苦手」を使った例文を紹介して行きます。

苦手

Meaning-Book
「苦手」とは?意味・読み方・対義語・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「苦手」の意味とは?
  • 「苦手」の意味
  • 「苦手」の英語
  • 「苦手」を使った言葉と解釈
  • 「苦手意識」の克服方法
  • 「苦手」を使った例文


「苦手」の意味とは?

みなさんは「苦手」という言葉を知っているでしょうか。

「苦手」「にがて」と読み、一般的に使われる事が多い言葉です。

ほとんどの人が「苦手」という言葉を知っているのではないでしょうか。

それどころか、今日、「苦手」という言葉を使った人もいるかもしれません。

一方で、「苦手」という言葉は知っているものの、あまり意味が分かっていない人もいるかもしれません。

そこで、「苦手」という言葉の意味や使い方を紹介します。

この言葉の意味を知る事で、「苦手」の本当の意味が分かり、同時に「苦手」と感じる人や物事のイメージが浮かんでくるかもしれません。



「苦手」の意味

「苦手」という言葉にはどのような意味があるでしょうか。

「苦手」には、「扱いにくく嫌な相手」という意味があります。

例えば野球選手なら、なぜか打てない投手や、打ちとれない打者がいますが、このような相手を「苦手」と言います。

また「苦手」には「嫌な奴」という意味もあります。

何だか一緒にいるとイライラするような、「どうもあいつは『苦手』だよ」などとつぶやいてしまうような相手です。

さらに「得意でない事」「苦手」と言います。

例えば算数が「苦手」な人、スポーツが「苦手」な人など、誰にでも得意でない事があるでしょう。

このように「苦手」にはいくつかの意味がありますので、文脈を見てどのような意味か判断してみましょう。

「苦手」の英語

苦手 meaning in english

「苦手」という言葉を英語にすると、どのような表現になるでしょうか。

「苦手」は英語で、“hard to deal with”(ハードツーディールウィズ)になります。

“hard to deal with”には「対処するのが難しい」という意味があり、「あいつは苦手」という相手に対して使う時に使う事ができます。

また得意でない物事を「苦手」と言う事もありますが、その意味の英語は“weak point”(ウィークポイント)になります。

“weak point”には「弱点」という意味があり、転じて「苦手」という意味になります。

また「ウィークポイント」はカタカナ語としても知られていますので、意味が覚えやすいでしょう。

このように「苦手」“hard to deal with”“weak point”などの英語にする事ができます。



「苦手」を使った言葉と解釈

「苦手」を使った言葉を紹介し、その言葉の意味を解釈して行きます。

「苦手」という言葉とセットで登場しやすい言葉が登場しますので、覚えておくと便利でしょう。

  • 「苦手な食べ物」
  • 「苦手なタイプ」
  • 「苦手な上司」

「苦手な食べ物」

「苦手」が日常会話で登場する時、「苦手な食べ物」が定型句のように登場します。

「苦手な食べ物」は誰にでもあるため、会話の糸口にしやすいはずです。

さらに「好きな食べ物」から話の流れで「苦手な食べ物」の話になる事もあります。

「なぜか食べたくない食べ物」「美味しいと思えない食べ物」などが「苦手な食べ物」と呼ばれます。

実際には食べた事がないのに、「苦手」と決めつけている食べ物は、「食わず嫌い」と呼ばれます。

「苦手なタイプ」

こちらは恋愛話をする時に登場しやすい言葉です。

「苦手なタイプ」は主に、なぜか嫌だと感じてしまう異性のタイプという事になります。

男性なら、「派手な女性」「気が強い女性」などが「苦手なタイプ」になるかもしれません。

女性なら「浮気する男性」「ナルシストな男性」などが、「苦手なタイプ」になりそうです。

「苦手な上司」

「苦手な上司」という言葉は、飲み会の席などで話題になりそうです。

誰にでも「苦手な上司」がいるというくらい、なぜだか合わない上司がいます。

また嫌いな上司という意味で「苦手な上司」と言う事もあります。

飲み会の始めの頃なら、「部下の成長を促すような指示が少ない」など、理性的な理由が話されそうですが、泥酔する頃には、「あいつはバカだ」など、ただの悪口大会になってしまう事もあるでしょう。

「苦手意識」の克服方法

「苦手意識」を持っている人は、モヤモヤした時間が増えるかもしれません。

そこで、「苦手意識」を取るために役立つ方法をいくつか紹介していきます。

意識を克服するためには、どのような方法があるでしょうか。

  • 「得意な人と一緒に行動する」
  • 「損得で考えてみる」
  • 「長い目で見る」

「得意な人と一緒に行動する」

自分が「苦手」だと感じる物事を得意だと感じている人と行動してみましょう。

すると、その物事を上手にこなす方法が理解できるかもしれません。

「苦手な人」の扱い方も学べるでしょう。

「損得で考えてみる」

「苦手」だと感じても、それをする事が自分にとって得か損かを考えてみましょう。

例えば「苦手」だけれど、それをする事でボーナスが増えるなら、「得」になります。

「苦手」な物に対するモチベーションが高くなるでしょう。

「長い目で見る」

「苦手」な物事をすぐに克服しようとせず、長い目で見てみましょう。

そうすれば、少しずつ進歩するだけで十分だと思えるでしょう。

「苦手」を使った例文

「苦手」という言葉を使った例文をいくつか紹介します。

様々な場面における「苦手」を使った文章を見る事で、この言葉の使い方のコツを覚えましょう。

  • 例文1
  • 例文2

例文1

「A課長が『苦手』だが、仕事を覚えられるメリットはある」

この例文のように、「苦手な人」と一緒に仕事をするのは嫌ですが、損得で考えて、得をするなら、一緒に仕事をする価値があります。

A課長が優秀で、仕事の仕方を覚えられるチャンスなら、多少の「苦手意識」は我慢して、仕事を覚える方を選びましょう。

例文2

「苦い物が『苦手』でゴーヤが食べられない」

このように「苦手な食べ物」は、克服するのが難しいでしょう。

味覚は持って生まれたもので、さらに育った環境が大きく影響するからです。

しかし大人になると味覚が変化してきますので、この例文に登場する人も、いつかゴーヤを克服できるかもしれません。

また調理法を工夫する事で、「苦手な食べ物」を克服できるかもしれません。

icon まとめ

「苦手」という言葉の意味や使い方を見てきました。

使い慣れた言葉ですが、あらためて意味を知ると、もっと使いこなす事ができそうな気がするはずです。

また「苦手」な物事を紙に書き出して、少しずつ克服して行くのも有意義かもしれません。