意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「自己卑下」とは?意味・読み方・類語・英語【使い方や例文】

「自己卑下」とは?意味・読み方・類語・英語【使い方や例文】 「自己卑下」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「自己卑下」の英語や、「自己卑下」を使った例文を紹介して行きます。

自己卑下

Meaning-Book
「自己卑下」とは?意味・読み方・類語・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「自己卑下」の意味とは?
  • 「自己卑下」の意味
  • 「自己卑下」の英語
  • 「自己卑下する人」の傾向
  • 「自己卑下」を使った例文


「自己卑下」の意味とは?

「自己卑下」という言葉を知っているでしょうか。

「自己卑下」「じこひげ」と読む、少し読み方が難しい言葉です。

みなさんの中には、「自己卑下」をしてしまう癖がある人もいるでしょう。

また身近な誰かが「自己卑下」傾向になる事が気になっているかもしれません。

一方で、「自己卑下」という言葉を、今回初めて知ったという人もいるでしょう。

そこで「自己卑下」という言葉の使い方や例文を紹介します。

この言葉の意味を知ると、あなたの中に「自己卑下」の傾向がある事に気付くかもしれません。



「自己卑下」の意味

「自己卑下」にはどのような意味があるでしょうか。

「自己」には「自分」という意味があり、「卑下」には、「自分を低くし、卑しめる事」「へりくだる事」などの意味があります。

そのため「自己卑下」には、自分を低く見たり、卑しい存在に見なす事を意味します。

「自分はダメな人間です」とか、「自分は何も得意な事が無い」など、自分の事を低く見せようとする人の心理を「自己卑下」と言います。

みなさんの身近な人の中にも、自分を低くダメな存在とみなしている人がいるかもしれません。

しかし第三者から見ると、それほどダメな存在には映らず、平均よりも優秀に見える人さえいるかもしれません。

このように「自己卑下」には、「自分を低くし、卑しめる事」という意味があります。

「自己卑下」の英語

自己卑下 meaning in english

「自己卑下」という言葉を英語にすると、どのような表現になるでしょうか。

「自己卑下」は英語で、“self-deprecation”(デプリケーション)になります。

“self-deprecation”“self”には「自己」という意味があり、“deprecation”には「廃止予定」などの意味があります。

そのため、“self-deprecation”には「自己を廃止しようとする」「自己卑下」という意味があります。

このように「自己卑下」を英語にすると、“self-deprecation”になりますので、英語を使う機会のために覚えておきましょう。



「自己卑下する人」の傾向

「自己卑下」をしてしまう人には、どのような傾向があるでしょうか。

「自己卑下」する人の心理を知る事で、「自己卑下」している人との付き合い方のヒントになるかもしれません。

  • 「自信がない」
  • 「面倒な事を避けたい」
  • 「社交辞令」
  • 「かまってほしい」
  • 「褒められたい」

「自信がない」

「自己卑下」をする人に共通する特徴として、「自信がない」という心理があります。

自信がない人は、自分の現状を正確に把握する事ができません。

本当は実力があり、他の人に劣らない技術を持っていても、自信のなさが自分を見る目を曇らせてしまうためです。

そして誤った低く見積もった自分の姿を口に出してしまいます。

「面倒な事を避けたい」

「自分には能力がない」「社交性がない」と感じる人の中には、「面倒な事を避けたい」という心理が隠れていることがあります。

「自分には能力がない」と言えば、面倒な仕事を任されることがありませんし、「社交性がない」と言えば、たくさんの人がいる場所で気を使う必要もないためです。

このように先手を打って面倒な事を避けようとする心理が、「自己卑下」につながる事もあります。

「社交辞令」

ビジネスシーンでは、思ってもいないのに、自分を下の存在として話す人がいます。

明らかに社会的地位が高いのに、場末の人間のように語る人は、本気でそう思っているわけではありません。

あくまで「社交辞令」ですので、まともに受け取らないようにしましょう。

「かまってほしい」

「自己卑下」する女性に多い心理が「かまってほしい」という気持ちです。

「私はダメ人間」などというメッセージがSNSで発信されたら、「どうしたの」と問いかけざるを得ません。

他の人の心理を知り、かまってほしいという欲求を満たすために、「自己卑下」する人がいます。

「褒められたい」

「自己卑下」をしている人が、本当に自分をダメと思っているかどうかは、その人次第です。

中には、「褒められたい」と思いながら「自己卑下」をする人もいます。

「私はダメです」と言った後で、「そんな事ないです、立派な人です」と言われるのを待っているのかもしれません。

「自己卑下」を使った例文

「自己卑下」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における「自己卑下」を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを覚えましょう。

  • 例文1
  • 例文2
  • 例文3

例文1

「A君は言葉では『自己卑下』をするが、本当は自分に自信を持っている」

この例文に登場するA君は、社交辞令で「自己卑下」をしているにすぎません。

本当に自分に自信がある人は、自分の事を言葉で貶めても、何とも感じないでしょう。

強烈な自己肯定感があるため、少しの悪口くらいでは動じないためです。

そのため、平気で「自己卑下」につながるような言葉を言いますが、本気でそのように思っているわけではなく、そう言った方が、自分が良く見えるため、自分を落とすような言い方をします。

例文2

「Bさんはすぐに『自己卑下』をしてしまうが、第三者からは素敵な人に見える」

この例文に登場するBさんは、自信がなく、自分を低く見てしまっています。

本当は実力があり社交性もある人が、「自分はダメ」と思っているのを見ると、歯がゆい気持ちなりますが、Bさんもそのタイプです。

このような人には、魅力的である事、他の人に引けを取らない事を知ってもらう必要があります。

自己肯定感を持つための情報を教えてあげるといいでしょう。

例文3

「Cさんが『自己卑下』する狙いは、その後、褒め言葉を聞きたいからだ」

この例文に登場するCさんが「自己卑下」するのは、褒め言葉が聞きたいからです。

自分を低く、卑しい存在だと言えば、それを否定した上に褒め言葉が発動されるのを知っています。

「私はブスなの」と言えば、「そんな事はありません。

あなたは綺麗ですよ」
と言われるのを知っていて、「自己卑下」をしています。

icon まとめ

「自己卑下」という言葉の意味や英語を見てきました。

また同時に、「自己卑下」をする人の心理を知りました。

自分の事を取り立てて低くみなす人には、それぞれの狙いがありますので、タイプごとに対応の仕方を変えてみましょう。