意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「分け隔てなく」とは?意味・読み方・類語・英語【使い方や例文】

「分け隔てなく」とは、「相手によって差別的な対応をすることがない」です。

「分け隔てなく」「意味・読み方・英語と解釈・使い方・分け隔てなくを使った言葉の意味・例文と解釈・類語や類義表現」などについて、詳しく説明していきます。

分け隔てなく

Meaning-Book
「分け隔てなく」とは?意味・読み方・類語・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「分け隔てなく」の意味とは?
  • 「分け隔てなく」の読み方
  • 「分け隔てなく」の英語(解釈)
  • 「分け隔てなく」の言葉の使い方
  • 「分け隔てなく」を使った言葉と意味を解釈
  • 「分け隔てなく」を使った例文や短文(解釈)
  • 「分け隔てなく」の類語や類義表現


「分け隔てなく」の意味とは?

「分け隔てなく」の意味は、「相手によって差別的な対応をすることがない」「人・物を区別せずに平等に扱う」になります。

「分け隔てなく」の言葉は「人や物を分けることがない・隔てることがない」という意味に原点があり、そこから「人や物を差別せずに平等に扱うこと」という意味につながっているのです。

「分け隔てなく」という言葉の意味は、「みんなを平等に扱うこと」「物を区別せずに同じように扱うこと」になります。

例えば、「分け隔てなく友達に接するようにすれば、いじめが起こりにくくなります」「私は今まで分け隔てなく自分の子供たちを育ててきたつもりです」といった文章において、「分け隔てなく」の意味を示すことができます。



「分け隔てなく」の読み方

「分け隔てなく」の読み方は、「わけへだてなく」になります。

「分け隔てなく」の英語(解釈)

分け隔てなく meaning in english

「分け隔てなく」の英語とその意味の解釈は、以下のようになります。

“equally、equal”(「平等・平等に」から、「分け隔てなく」を意味します。)

“My mother brought up(raised) me and my brother equally. ”(私の母は、私と兄を分け隔てなく育ててくれました。)

“fairly、fair”(「公平・公平に」から、「分け隔てなく」を意味します。)

“He responded to anyone fairly. ”(彼は、誰にでも分け隔てなく対応しました。)

“That decision was fair and equitable. ”(あの決定は、公平・平等で分け隔てのないものでした。)

“without separating、without discrimination、without distinction”(「区別なく・差別なく」から、「分け隔てなく」を意味しています。)

“President should do politics without discrimination. ”(大統領は分け隔てのない政治を行うべきだ。)

“treat〜in the same way”(〜を分け隔てなく扱う。〜を同じやり方で扱う。)

“Teacher shoud treat all students in the same way. ”(教師は生徒全員を、分け隔てなく扱わなければならない。)



「分け隔てなく」の言葉の使い方

「分け隔てなく」の言葉の使い方は、「人によって差別的な処遇をすることがない場合」「人・物を区別せずに平等に扱う時」に使うという使い方になります。

「分け隔てなく」という言葉は、「すべての人を等しく扱う時」に使う言葉であり、例えば、「分け隔てなく行われる政治によって人々は幸せになれます」「誰に対しても分け隔てなく接するようにしなさい」などの文章によって、「分け隔てなく」の言葉を正しく使うことができます。

「分け隔てなく」を使った言葉と意味を解釈

「分け隔てなく」を使った代表的な言葉である「分け隔てなく接する」「分け隔てなく仲良くする」「分け隔てなく優しい」の意味について、分かりやすく解釈していきます。

  • 「分け隔てなく接する」
  • 「分け隔てなく仲良くする」
  • 「分け隔てなく優しい」

「分け隔てなく接する」

「分け隔てなく接する」の言葉の意味は、「相手によって態度・言葉・反応を変えることなく、誰に対しても等しく接すること」です。

「分け隔てなく接する」というのは、「誰に対しても同じような態度・対応によって接する」あるいは「人によって差別的な処遇をしない」という意味なのです。

「分け隔てなく仲良くする」

「分け隔てなく仲良くする」の言葉の意味は、「人間関係の好き嫌いを出さずに、誰とでも仲良く付き合う」という意味になります。

「分け隔てなく仲良くする」というのは、「好きな人と嫌いな人を区別せずに、みんなと仲良く付き合うこと」あるいは「誰とでも同じように親しく好意的に付き合うこと」を意味しているのです。

「分け隔てなく優しい」

「分け隔てなく優しい」の言葉の意味は、「人を区別することなく、誰に対しても優しい」ということになります。

「分け隔てなく優しい」というのは、「好きな人と嫌いな人を区別して態度を変えるのではなく、誰に対しても好意的に優しく接してくれる」ということを意味しているのです。

「分け隔てなく」を使った例文や短文(解釈)

「分け隔てなく」を使った例文や短文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「分け隔てなく」の例文1
  • 「分け隔てなく」の例文2
  • 「分け隔てなく」の例文3

「分け隔てなく」の例文1

「実の子供と分け隔てなく養子の私を大切に育ててくれた養親には、どれだけ感謝しても感謝し尽くせるものではありません」

この「分け隔てなく」を使った例文は、「実の子供と養子である自分を区別することなく同じように大切に育ててくれた養親に対して、とても深く感謝している」ということを意味しています。

「分け隔てなく」の例文2

「人間には好き嫌いの感情があるため、誰に対しても完全に分け隔てなく接するというのは実際には難しいものです」

この「分け隔てなく」を使った例文は、「人には好き嫌いの感情があるので、好きな人と嫌いな人を区別せずに、完全に誰に対しても平等・公平に接することは難しい」ということを意味しています。

「分け隔てなく」の例文3

「誰に対しても分け隔てなく笑顔で優しく接してくれる彼女は、学校のみんなから女神のような存在として愛されていました」

この「分け隔てなく」を使った例文は、「人によって態度・表情を変えることなく、誰に対しても笑顔で優しく接してくれる彼女は、学校のみんなから女神のような存在として愛されていた」ということを意味しています。

「分け隔てなく」の類語や類義表現

「分け隔てなく」の類語や類義表現には、どのようなものがあるのでしょうか?「分け隔てなく」の類語・類義表現について、分かりやすく解説していきます。

  • 「公平な態度で・等しく」
  • 「中立的な・偏りのない・依怙贔屓しない」

「公平な態度で・等しく」

「分け隔てなく」の類語・類義表現として、「公平な態度で・等しく」があります。

「公平な態度で」の言葉の意味は、「すべての人・物を同じように扱う態度で」「差別や贔屓(ひいき)をすることのない態度で」になります。

「等しく」の意味は、「同じように」になります。

人によって差別的対応をしないを意味する「分け隔てなく」の類語として、「公平な態度で・等しく」を指摘できます。

「中立的な・偏りのない・依怙贔屓しない」

「分け隔てなく」の類語・類義表現として、「中立的な・偏りのない・依怙贔屓しない」があります。

「中立的な」の意味は、「偏りがないこと・どちらにも味方せず第三者的なスタンスであること」になります。

「依怙贔屓しない(えこひいきしない)」の言葉の意味は、「どちらか一方だけに肩入れして有利な扱いをしない」になります。

人や物を区別せずに等しく扱う「分け隔てなく」の類義表現として、「中立的な・偏りのない・依怙贔屓しない」が上げられます。

icon まとめ

「分け隔てなく」という言葉について徹底的に解説しましたが、分け隔てなくには「相手によって差別的な対応をすることがない」などの意味があります。

「分け隔てなく」の類語・類義表現としては、「公平な態度で・等しく」「中立的な・偏りのない・依怙贔屓しない」などがあります。

「分け隔てなく」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。