意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「自分を律する」とは?意味・読み方・英語【使い方や例文】

「自分を律する」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「自分を律する」の英語や、「自分を律する」を使った例文を紹介していきます。

自分を律する

Meaning-Book
「自分を律する」とは?意味・読み方・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「自分を律する」の意味とは?
  • 「自分を律する」の意味
  • 「自分を律する」の英語
  • 「自分を律する」に関連する四文字熟語
  • 「自分を律する」の言葉の使い方
  • 「自分を律する」を使った例文
  • 「自分を律する」ためのコツ


「自分を律する」の意味とは?

「自分を律する」という言葉を耳にした事があるでしょうか。

「自分を律する」「じぶんをりっする」と読み、日常的に使われる事が多い言葉です。

例えば学校の先生が、生徒に向かって「自分を律する」事の重要性を説いているのを見たことがあるかもしれません。

また会社の上司が部下に対して「自分を律する」事の難しさを語っているシーンを見た事があるかもしれません。

一方で「自分を律する」という言葉を、今回初めて知ったという人もいるでしょう。

そこで「自分を律する」という言葉の意味や使い方を紹介します。

この言葉の意味を知る事で、「自分を律する」大切さに、あらためて気付く人もいるかもしれません。



「自分を律する」の意味

「自分を律する」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「自分を律する」の「律する」には、「ある基準により物事を考えたり、処理をする事」、「定める、規定する」という意味があります。

そのため、「自分を律する」という言葉は、「自分の行動を、(模範的な)ルールに従わせる」という意味になります。

この場合のルールは、目標達成に必要な行動習慣だったり、規則正しい生活だったり、朝早く起きる朝方生活など様々です。

何も決めずに生活をしていると、自堕落に陥りがちなので、「自分を律する」必要があります。

このように「自分を律する」には、「自分の行動を(模範的な)ルールに従わせる」という意味があります。

「自分を律する」の英語

自分を律する meaning in english

「自分を律する」という言葉を英語にすると、どのような言葉になるでしょうか。

「自分を律する」を英語にすると、“restrain oneself”(リストレインワンセルフ)になります。

“restrain”には「拘束する」「律する」という意味があり、“oneself”には「自分自身」という意味があります。

そのため“restrain oneself”は「自分を拘束する」「自分を律する」という意味になります。

このように「自分を律する」を英語にすると、“restrain oneself”になりますので覚えておきましょう。



「自分を律する」に関連する四文字熟語

「自分を律する」という意味がある四文字熟語を紹介します。

「自厳他寛」「じげんたかん」と読みます。

「自厳他寛」には、自分に厳しく他人に優しいという意味があり、「自分を律する」事ができている人を意味する四文字熟語になります。

ほとんどの場合、人に甘い場合は自分にも甘く、自分に厳しい場合は他人にも厳しくなってしまいがちです。

「自厳他寛」ができている人は、セルフコントロールがきちんとできた、「自分を律する」事ができている人と言えるでしょう。

「自分を律する」の言葉の使い方

「自分を律する」という言葉は、どのような場面で使えばいいでしょうか。

「自分を律する」には、自分で決めた良い習慣や規則正しい生活をする事などのルールに従って生きる事を言います。

朝起きてから、その日にする事を考えるのではなく、目標を立て、その目標達成のためにスケジュールを組み、実行するような毎日を送ります。

そこで、自分なりのルールを決めて実行しようと思った時に、「自分を律する」という言葉を使ってみましょう。

また自堕落になっている人に、ルールを決めてそれを守るようアドバイスしたい時にも、「自分を律する」という言葉をかけてみましょう。

「自分を律する」を使った例文

「自分を律する」という言葉を使った例文を紹介していきます。

様々な場面における「自分を律する」を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを覚えましょう。

  • 「自分を律する」の例文1
  • 「自分を律する」の例文2

「自分を律する」の例文1

「女性にモテたいので、ダイエットをするために『自分を律する』事にした」

この例文のように、ダイエットをしてメタボからサヨナラしたい人は多いでしょう。

しかし自堕落な生活を送っていると、なかなか体重を落とす事ができません。

このような時に「自分を律する」必要が出てきます。

ダイエットのためのルール作りを始め、それを守るようにしましょう。

「夜8時以降は、カロリーがある物を口に入れない」「ご飯は半分残す」などのルールを決めて、それを守るなど、「自分を律する」事ができれば、確実に成果が出るはずです。

「自分を律する」の例文2

「ゴミ屋敷のような自分の部屋を見て、『自分を律する』必要を感じた」

ゴミ屋敷のような部屋に住んでいる人は、自分に甘く「自分を律する」事ができない人かもしれません。

このようなタイプの人は、快適な生活を送るためのルール作りをして、それを実践する必要があります。

この例文のように、荒れ果てた部屋の様子に気付いた瞬間は、「自分を律する」方向に舵を切るチャンスかもしれません。

「自分を律する」ためのコツ

最後に、「自分を律する」ためのコツを紹介します。

セリフコントロールができなくて悩んでいる人は、参考にしてください。

  • 「なりたい自分をイメージする」
  • 「計画を立てる」
  • 「スケジュールを組み実行する」

「なりたい自分をイメージする」

「自分を律する」ためには、まず「なりたい自分をイメージする」事が大切です。

例えば「貯金を1000万円持っている自分」という将来の自分をイメージするかもしれません。

または「異性が注目するようなモテる自分」をイメージするかもしれません。

「計画を立てる」

なりたい自分をイメージしたら、そうなるための計画を立てます。

例えば「貯金を1000万円持つ自分」になるためには、節約をしたり貯金をする習慣を身に付ける必要があります。

一日の食費を1000円以内にする、お小遣いを月に2万円にするなど、なりたい自分になるための計画を立てましょう。

「スケジュールを組み実行する」

計画を立てたら、スケジュールを組みます。

週末の夜などにスケジュールを立てて、月曜から金曜日まではそれを実行して行きます。

このように段階を踏んで行くと、「自分を律する」事ができるようになるでしょう。

icon まとめ

「自分を律する」という言葉の意味や使い方を見てきました。

「自分を律する」について知る事で、快適に生活するためのルール作りをして、それを実行したいと思えたのではないでしょうか。

小さなルールでも守り続けると、「自分を律する」習慣ができて、毎日が充実し始めるはずです。