意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「見受けられる」とは?意味・読み方・類語・英語【使い方や例文】

「見受けられる」という言葉は、よく耳にする方も多いのではないでしょうか。

やはり普段からよく聞く言葉ですし、きちんとここで活用のし方、意味など理解しておきしょう。

そうすると上手に文章を作成することができ、語彙力をアップすることができます。

見受けられる

Meaning-Book
「見受けられる」とは?意味・読み方・類語・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「見受けられる」の意味とは?
  • 「見受けられる」の読み方
  • 「見受けられる」の英語(解釈)
  • 「見受けられる」と「見られる」の違い
  • 「見受けられる」の言葉の使い方
  • 「見受けられる」を使った例文や短文(解釈)
  • 「見受けられる」の類語や類義表現・言い換え


「見受けられる」の意味とは?

「見受けられる」は、見られる・ある、など意味しています。

また、第三者の視点で見ているので、実際には見ていないけれど、ある程度の状況や事情は把握している様子を「見受けられる」といった言葉に含まれています。

「見受け」の言葉の後に「られる」といった助動詞が組み合わさった言葉として成り立っています。

「られる」は受け身・可能の意味があるので、ある程度のニュアンスなど状況は把握しているので、想像はつくといった印象にもなります。

外から見て、ある程度の状況などが把握できる様子などにも使いますし、また目上の方や年上の方に使う時にも多く、様々な場面で利用する言葉になります。

他には、見た感じで判断できるような、ニュアンスがなんとなくわかる時に「見受けられる」と使用するケースもあります。

確定ではなく想像も含んでいることが多く、そのように見えるといった意味も含み、実際には確定しているかもしれないけれど、少し遠まわしな感じで少し遠慮した雰囲気で伝える時に使います。

意味を理解した上で活用の仕方など把握しておくとよいでしょう。



「見受けられる」の読み方

「見受けられる」の読み方は「みうけられる」です。

「見受けられる」の英語(解釈)

見受けられる meaning in english

「見受けられる」の英語表現では“It is supposed”“appear”で表現されます。

  • 「見受けられる」の英文例1
  • 「見受けられる」の英文例2

「見受けられる」の英文例1

“I see that improvement is needed.”

それは改善が必要だと見受けられる。

その問題や事柄に関して、改善する必要性を感じている様子がわかる時に「見受けられる」といった表現で用いています。

「見受けられる」の英文例2

“The baby appears to want milk.”

その赤ちゃんはミルクを欲しがっているように見受けられる。

赤ちゃんがおそらく泣いているか、ミルクを欲しがっている様子が目の前の赤ちゃんから判断できます。

第三者の方が赤ちゃんの様子を見てミルクを欲しがっている様子が「見受けられる」といった表現で用いられています。



「見受けられる」と「見られる」の違い

「見受けられる」「見られる」の違いを理解しておきましょう。

「見受けられる」は、第三者の方が直接は関わっていないけど、離れた立場からみてある程度の状況は判断できている様子を表現しています。

「見られる」は、ほぼ確定の時や、そのように見えること、感じられるなど、もう見てその様子がわかったり断定できるときに用いる言葉です。

この「見受けられる」「見られる」の違いをきちんと理解しておくと、ご自身で文章作成する際には、上手に使い分けることができるので、表現力もアップすることができます。

「見受けられる」の言葉の使い方

「見受けられる」の言葉の使い方をきちんと把握しておきましょう。

状況を見てなんとなく、ある程度把握しているような、確定はしていないけれど、予測はできるような印象を受け取った時、「見受けられる」といった言葉を用いて文章を作成し、表現することができるので、その辺はしっかりと活用するようにしておきましょう。

「見受けられる」を使った例文や短文(解釈)

「見受けられる」という言葉を使った例文を紹介します。

  • 「見受けられる」の例文1
  • 「見受けられる」の例文2

「見受けられる」の例文1

「最近、クラスの片づけをしないで帰る生徒が数人、見受けられる」

最近、クラスの片づけをしないで帰る生徒が数人いることを先生はある程度把握されている様子が伝わってきます。

ホームルームの時間に先生が生徒さん方へ問いかけいる様子など、そういった場面を想像できるような文章になっています。

片付けをしないで、そのまま散らかしたまま帰宅するような生徒が数人いるようなので、「見受けられる」といった言葉を用いて上手に表現しています。

「見受けられる」の例文2

「そのケーキは準備ができているように見受けられる」

そのケーキはもう焼いてデコレーションも住んで準備ができている様子が伝わってくるのを表現しています。

ケーキを見て、だいたいもう準備はできているなぁといった様子が伝わってくるのを実感できるはずです。

そうしたデコレーションも済み、これからパーティーなど開催されるのではないかな?といった様子が目に浮かぶような文章表現になっている「見受けられる」といった使い方をしています。

ケーキの様子をみて、だいたい準備はできているなとある程度把握している様子が伝わる表現のし方になっています。

「見受けられる」の類語や類義表現・言い換え

「見受けられる」の類語や言いかけなどご紹介します。

類語など理解しておくことで、語彙力が確実にアップしていきます。

  • 「思われる」
  • 「認識する」

「思われる」

「見受けられる」の類語として「思われる」は該当します。

「彼女と一緒に歩いている人は彼氏と思われる」

彼女と一緒に歩いている人はおそらく彼氏だろうなぁと想像している様子が伝わります。

見てそう判断している様子なので、見受けられると同様な意味として「思われる」は使用されています。

「認識する」

「見受けられる」の類語として「認識する」は該当します。

「今日の夕飯はカレー粉や具材がキッチンに置いてあったのでカレーと認識する」

キッチンにカレー粉や具材が置いてあったので、カレーだろうなぁと認識している様子が伝わってくるのが分かるはずです。

夕飯前に食材をキッチンに置いていますし、おそらくカレーだろうなぁと見て予測している様子がわかるので、この「認識する」「見受けられる」といった使い方と同じなので類語となります。

icon まとめ

「見受けられる」という言葉は、今まで何度も耳にしたことがある機会も多いのではないでしょうか。

ここで一度きちんと意味を理解しておくことは重要になります。

そうすることで、言葉の使い方が上手にできるようになりますし、ご自身で文章作成する際には、様々な言葉を用いることで語彙力がアップするので文章作成するのがスムーズにできるようになります。

見てある程度、判断できるような表現として「見受けられる」といった言葉は使いますし、ご自身でも色々と活用してみるとよいでしょう。