意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「知見を活かす」とは?意味・読み方・類語・英語【使い方や例文】

「知見を活かす」とは、「自分が実際に見たり経験したりしたことを他の事柄に活用する」ことを示しています。

「知見を活かす」「意味・読み方・英語と解釈・生かすと活かすの違い・使い方・例文と解釈・類語や類義表現」などについて、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「知見を活かす」とは?意味・読み方・類語・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「知見を活かす」の意味とは?
  • 「知見を活かす」の読み方
  • 「知見を活かす」の英語(解釈)
  • 「生かす」と「活かす」の違い
  • 「知見を活かす」の言葉の使い方
  • 「知見を活かす」を使った例文・短文(解釈)
  • 「知見を活かす」の類語や類義の表現


「知見を活かす」の意味とは?

知見を活かすの意味は、「自分が実際に見たり経験したりしたことを他の事柄に活用する」「自分が経験・研究・指導などから獲得した知識・見識(定見)を他の事柄に応用する」になります。

「知見(ちけん)」とは、「自分が実際に見たり聞いたりして知ったこと・見聞(経験)の裏打ちがある知識や見識」「何か重要な物事の意味を理解して把握スル能力」を意味しています。

「活かす」とは、「ある物事・知識・情報などを有効に活用すること」を意味します。

そのことから、「知見+活かす=知見を活かす」という言葉の意味は、「実際に見て知ったことを、他の事柄に有効活用すること」になります。

例えば、「知事は学者時代の知見を活かして、行政の難題を解決しました」などの文章において、「知見を活かす」の意味を示せます。



「知見を活かす」の読み方

「知見を活かす」の読み方は、「ちけんをいかす」になります。

「知見を活かす」の英語(解釈)

「知見を活かす」の英語とその意味の解釈は、以下のようになります。

“utilize experience knowledge”(「経験で得た知識を活用する」から、「知見を活かす」を意味しています。)

“utilize〜”(活用する)は“make use of〜”(利用する)の表現に置き換えても、意味が通じます。

“I utilized experience knowledge by studying abroad. ”(私は海外留学の経験で得た知見を活かしました。)

“take advantage of findings(knowledge)”(「所見,・知見を有効活用する」から、「知見を活かす」を意味しています。)

“He has taken advantage of findings for success of big business. ”(彼は大きなビジネスの成功のために、知見を活かしました。)

“She take every advantage of insights to academic career. ”(彼女は大学教員のキャリアのために、どのような知見も生かします。)

「知見を活かす」を英語で表現する時の「知見」に相当する単語には、“knowledge”(知識)、“finding”(所見)、“information”(情報)、“insights”(洞察)などがあります。



「生かす」と「活かす」の違い

「生かす」「活かす」の違いは、「生かす」「生命を長らえさせること」に意味の重点があり、「活かす」「有効に活用すること」に意味の重点があるという違いがあります。

現在の国語辞典では「生かす」「活かす」の違いは明確化されていないことも多いのですが、「生かす」の意味は「いったん息絶えたものを生き返らせること。蘇生(そせい)させること。命を長らえさせること」になります。

それに対して、「活かす」の意味は「有効に活用すること。

一度消した文字・文章を復活させること」
になっている違いがあります。

「知見を活かす」の言葉の使い方

「知見を活かす」の言葉の使い方は、「自分が実際に見たり経験したりしたことを他の事柄に活用する場合」に使うという使い方になります。

自分が実際に経験して得た知識や見解だけではなく、「研究・指導などによって獲得した知識・見識(定見)を応用する時」にも、「知見を活かす」という言葉を使うことができます。

例えば、「海外居住の知見を活かすことができれば、今よりも良いキャリアの仕事を見つけられるでしょう」「大学教授としての知見を活かしながら、彼はコメンテイターやライター、評論家としての仕事も自由自在にこなしています」などの文章において、「知見を活かす」の言葉を正しく使えます。

「知見を活かす」を使った例文・短文(解釈)

「知見を活かす」を使った例文・短文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「知見を活かす」の例文1
  • 「知見を活かす」の例文2
  • 「知見を活かす」の例文3

「知見を活かす」の例文1

「せっかく今まで法律の勉強を長くしてきたのだから、仕事にその知見を活かしてみてはいかがですか?」

この「知見を活かす」を使った例文は、「せっかく今まで法律の勉強を長くしてきたのだから、仕事にその勉学・研究で得た法律の知識や解釈を活かしてみてはどうかという善意からの提案」を意味しています。

「知見を活かす」の例文2

「研究室の中で専門書や論文を読むだけではなく、実際の経験・実験に根ざした知見を活かすことが大切なのです」

この「知見を活かす」を使った例文は、「研究室の中で専門書や論文を読むだけではなく、実際に経験したり実験を行ったりして得た知識・ノウハウを応用することが大切である」ということを意味しています。

「知見を活かす」の例文3

「長年の職業生活で培ってきた知見を活かすことができれば、もっと条件の良い仕事に転職できるでしょう」

この「知見を活かす」を使った例文は、「長年の職業生活でコツコツ積み上げてきた経験と見識を活かすことができれば、もっと条件の良い仕事に転職できる可能性があること」を意味しています。

「知見を活かす」の類語や類義の表現

「知見を活かす」の類語や類義の表現には、どのようなものがあるのでしょうか?「知見を活かす」の類語・類義表現について、分かりやすく解説していきます。

  • 「経験を活かす・見聞を活用する」
  • 「見識を活用する・教養を活かす・情報(データ)を活かす」

「経験を活かす・見聞を活用する」

「知見を活かす」の類語・類義表現として、「経験を活かす・見聞を活用する」があります。

「知見を活かす」の言葉の意味は、「実際に経験して見たり聞いたりしたことを活用する」ということです。

「見聞」の言葉の意味は、「実際に見たり聞いたりすること。

実際に見聞きした経験」
になります。

その意味から、「知見を活かす」の類義表現として、「経験を活かす・見聞を活用する」を上げることができます。

「見識を活用する・教養を活かす・情報(データ)を活かす」

「知見を活かす」の類語・類義表現として、「見識を活用する・教養を活かす・情報(データ)を活かす」があります。

「見識を活用する」の言葉の意味は、「物事の本質を把握できる判断力を有効に活かす」になります。

「教養を活かす」というのは、「広範な深い知識・知的な精神の豊かさを有効活用すること」を意味します。

「知見を活かす」には、「研究や調査などから得た情報(データ)を利用する」の意味もあります。

それらの意味から、「知見を活かす」と似た意味を持つ類語として、「見識を活用する・教養を活かす・情報(データ)を活かす」を指摘することができます。

icon まとめ

「知見を活かす」という言葉について徹底的に解説しましたが、知見を活かすには「自分が実際に見たり経験したりしたことを他の事柄に活用する」「自分が経験から獲得した知識・見識を他の事柄に応用する」などの意味があります。

「知見を活かす」の類語・類義表現としては、「経験を活かす・見聞を活用する」「見識を活用する・教養を活かす・情報(データ)を活かす」などがあります。

「知見を活かす」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。