意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「知見を深める」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

仕事をしていると、会議や商談、打ち合わせの中で、「知見」という言葉を耳にすることがあります。

「知見を深める」といぅたような表現で用いられていることが多いのです。

しかし、「知見を深める」という言葉を日常的な会話の中では、頻繁に使用するものではありません。

何となく、その意味を知っているようでも、どのような場面で具体的に使うのか、そして、どのような意味を持っているのかや、使い方をするのかも、きちんと理解できないままに使っているのではないでしょうか。

この言葉の意味に疑問を感じることもあるかもしれません。

では、「知見を深める」には、どのような意味が含まれているのでしょう?

知見を深める

Meaning-Book
「知見を深める」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「知見を深める」の意味とは?
  • 「知見を深める」の似た言葉や類語・言い換え
  • 「知見を深める」の使い方
  • 「知見を深める」を使った例文
  • 「知見を深める」を分解して解釈
  • 「見識を深める」と「知見を深める」の違い


「知見を深める」の意味とは?

「知見を深める」とは、「今まで以上に奥深く知っていくこと」という意味を持っています。

学生かや社会人になると、学校で学んだことだけでなく、それまで以上に自分の力で高めていく努力を絶えず行っていかなければなりません。

それが仕事をする社会人としてのあるべき姿であり、向上心が高く維持していくことは、社会に貢献できる人へと大きく成長していくものです。

したがって、毎日をただ漠然と過ごすのではなく、自らが「自分が何をなすべきか」を常に考えて学びの姿勢を貫くことが大切です。

「知見」とは、「知ること」「そこから得た知識」のことを指していますが、「働く」ということにはおいては、とても重要なことになってくることと思うのです。

今では、インターネットの普及により、色々な情報があるので、自分の知りたいことは、すぐにネットを活用することで、すぐに理解することができます。

これに合わせて、先輩の意見や考え、体験は、自分の「知見」を深めたり、広げたりすることにもなりますので、人との会話も大変、知見を深めることにつながります。

  • 「知見を深める」の読み方

「知見を深める」の読み方

「知見を深める」は、「ちけんをふかめる」という読み方になります。



「知見を深める」の似た言葉や類語・言い換え

では、「知見を深める」と似たような意味を持つ言葉には、どのような表現があるでしょうか?

  • 「知見を広める」【ちけんをひろめる】
  • 「熟知する」【じゅくちする】
  • 「精通する」【せいつうする】

「知見を広める」【ちけんをひろめる】

この表現にも「知見」が使われますが、「知見を広める」とは、「それまで全く知らなかったことを知って、知識をつけるということ」となります。

「知見を深める」「今まで以上に奥深く知っていくこと」と似ている感じがしますが、少しニュアンスが違っています。

色々な書籍に触れたり、人と接することで「知見」「広めること」「深めめること」が、後々の人生に厚みを持たせてくれることになります。

「熟知する」【じゅくちする】

「熟知する」という言葉もあります。

この言葉には、「細かなところまで、よく知っていること」「詳しく知っていること」という意味があります。

「知見を深める」という表現と同じ意味を持つ言葉として挙げることができます。

「彼は、ここに納められている数多くの書物の内容を全て熟知している」

このような使い方は、「熟知する」でよく用いられる方法でしょう。

「敵の状況を熟知した上でないと、どのように攻めていいのか、作戦を立てることが難しい」

相手の癖や動き方を知ることで、どのような手が打てるのかを、知ることが大切だということになります。

「精通する」【せいつうする】

「精通する」という表現も「知見を深める」と同じような意味を持つ言葉でしょう。

「ある物事について詳しく知っていること」「物事によく通じていること」が、「精通する」の意味となります。

この言葉は、「〜に明るい」「〜に詳しい」「〜を知り尽くしている」など、という使い方で表されることもあります。

「知見を深める」の使い方

「知見を深める」という言葉は、物事の理解度を高めることです。

このような意味を持っているために、人が自分の見識を深める場合には、使う表現でもあります。



「知見を深める」を使った例文

では、この「知見を深める」がどのようなケースで使われていくのか、見ていくことにしましょう。

  • 「知見を深める」の例文1
  • 「知見を深める」の例文2
  • 「知見を深める」の例文3

「知見を深める」の例文1

「芸能の知見を深めることは、単なる限定した場面で使えるだけでなく、時にはビジネスでも役に立つものだ」

1つのことをついて、知識を深めることは、とても良いことです。

人は学びの精神から、他にも広がりを持たせることができるのですが、1つの知識が、他の場面でも応用させることができる場合があります。

「知見を深める」の例文2

「あの天災は、大きな被害で、とてもショックを受けたのですが、防災に対する知見を深めることにもなったのです」

普段は意識することが少ない防災。

しかし、大きな災害時が発生した時に、改めて、そのことについて、知識を得ようとするものです。

本来であれば、防災ことについては、日頃から意識しておくことが大切ですが、このようなきっかけがないと、中々できるものではないでしょう。

「知見を深める」の例文3

「今回の研修会に参加したことで、知見を深めることができました」

企業では、社員研修が定期的に行われることがあります。

しかし、それだけではなく、他の団体などが主催している外部セミナーを受講することも、「知見を深める」ことになります。

仕事に直接的に参考になるセミナーもあれば、一般常識としての研修もあったりしますが、時々、このような研修を受けて、自分の視野を広げたり、深めることはいいことです。

「知見を深める」を分解して解釈

では、「知見を深める」「知見」「深める」という2つの言葉に分けて、意味を見ていくことにしましょう。

  • 「知見」
  • 「深める」

「知見」

「知見」という言葉は、仏教用語から来ている言葉と言われています。

仏語用語では、「智見」と表記します。

ここで言う「智見」とは、「事物に対しての正しい知識」という意味になりますが、現代になってから、「知見」という書き方に変化していったのです。

この2つの漢字から分かるように、「実際に見たり、聞くことや触れることで、物事や状態を知ること」という意味になっていきました。

見て知ること。

聞いて学ぶこと。

これらの経験から得た知識は、ビジネスを円滑に進める上では、大変強い武器になっていくことになります。

書籍で学ぶ座学的な勉強も大切なのですが、このような実践的学びも必要だということです。

「深める」

「深める」ては、「物事の度合を深くする」という意味になります。

「友好を深める」などの使い方もありますが、「知見を深める」も、「知識の理解度合いを深くする」ということになります。

「深める」とは、自分の能力を高める戸木にも使うことができます。

「見識を深める」と「知見を深める」の違い

「知見を深める」と似たような表現では、「見識を深める」という言い回しがあります。

「見識」とは「経験や体験に基づく確かな判断力を身につけること」「知識や経験をもとに、物事を見通す洞察力を持つこと」という意味になります。

「知見を深める」は、か深く知識の理解度合いを高めること」という意味になり、「見識を深める」とは、若干ニュアンスが異なってきます。

このようなことから、使い方としては、「見識を深める」の方が実践的と言えるかもしれません。

icon まとめ

「知見を深める」という言葉の意味を知ると、人は常に学ぶ姿勢を忘れてはならないと思います。

常に進化し続けることで、人も成長していきますし、世の中も良い方法へと発展していくからです。

この学ぶことを怠ったなら、それ以上の成長を期待することはできないでしょう。