意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「知見を得る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

ビジネスや実務書などで「知見を得る」という言葉が使われていることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて詳しく紹介します。

知見を得る

Meaning-Book
「知見を得る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「知見を得る」とは?
  • 「知見を得る」の表現の使い方
  • 「知見を得る」を使った例文と意味を解釈
  • 「知見を得る」の類語や類義語


「知見を得る」とは?

「知見を得る」の概要について紹介します。

  • 「知見を得る」の読み方
  • 「知見を得る」の意味
  • 「知見を得る」を分解して解釈

「知見を得る」の読み方

「知見を得る」「ちけんをえる」と読みます。

「知見」「ちみ」と読み間違わない様にしましょう。

「知見を得る」の意味

「知見を得る」の意味は「実際に体験を通じて知識や考え方を身に付けること」です。

最近では何か調べる時にはすぐにインターネットや電子辞書を使うことが多くなっていますが、時間と労力をかけて実際に自分で体験することにより、ものごとに対する知識や考え方を身に付けていくことを言います。

目で見る情報よりも確かで、度合いも分かるので、自分のキャリアにもなるのです。

「知見を得る」を分解して解釈

「知見を得る」「知見+を(助詞)+得る」で成り立っています。

「知見」「実際に見て身に付ける知識や見識」という意味です。

「得る」「努力して手に入れること」という意味です。

これらの言葉が組み合わさり「実際に努力して自分のものにする知識や見識」という意味で使われています。



「知見を得る」の表現の使い方

「知見を得る」の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • 良い意味で使われる
  • 自分で苦労をしていないことには使われない

文法的な使い方

「知見を得る」は動詞として文末に使われ、「得る」は語幹が「え」「下一段活用」です。

他に「知見を得て」と副詞として使われたり、「知見を得た〇〇」と形容詞として使われることもあります。

良い意味で使われる

「知見を得る」は自分で苦労して覚えた知識や身に付けたスキルを表すので、良い意味で使われます。

面接の時などに自分の強味として「~により知見を得て来ました」とアピールできます。

自分で苦労をしていないことには使われない

「知見を得る」は自分で実際に経験するなど、苦労をして身に付けた知識や考え方のことを言います。

幾ら時間をかけてもただ調べた知識に対しては使われません。

「知見を得る」を使った例文と意味を解釈

「知見を得る」を使った例文と解釈を紹介します。

  • 「知見を得る」を使った例文1
  • 「知見を得る」を使った例文2

「知見を得る」を使った例文1

「海外数十か国を旅して各国の文化への知見を得てきた」

実際に海外旅行を数十回もして、それぞれの国の文化について学んできたことを表しています。

「知見を得る」を使った例文2

「数多くの高齢者を受け持つ中で介護に関する知見を得た」

介護士として多くの高齢者を担当して、介護に関する様々な知識や見解を身に付けたことを表しています。



「知見を得る」の類語や類義語

「知見を得る」の類語を紹介します。

  • 「見聞を深める」【けんぶんをふかめる】
  • 「知識と経験を積む」【ちしきとけいけんをつむ】

「見聞を深める」【けんぶんをふかめる】

「実際に見たり聞いたりして知識を増やしていくこと」という意味です。

「知識と経験を積む」【ちしきとけいけんをつむ】

「情報を集めて、更には実際に行動してみて、さまざまなノウハウを学んでいくこと」という意味です。

icon まとめ

「知見を得る」「実際に体験を通じて知識や考え方を身に付けること」という意味です。

苦労をして学んできたことに対して使ってみましょう。