意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「知見を得る」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

「知見を得る」という言葉の読み方や意味を紹介します。

また「知見を得る」を使った例文や英語を紹介して行きます。

知見を得る

Meaning-Book
「知見を得る」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「知見を得る」の意味とは?
  • 「知見を得る」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「知見を得る」の言葉の使い方
  • 「知見を得る」を使った例文
  • 「知見を得る」の英語
  • 「知見」と「経験」「知識」との違い
  • 「知見」を使った言葉と意味を解釈


「知見を得る」の意味とは?

知見を得るというのは、知見を獲得するという意味です。

知見を得るということは、知識を得ると言えます。

  • 「知見を得る」の読み方

「知見を得る」の読み方

知見を得るの読み方はちけんをえるになります。



「知見を得る」の類語や言い換え・似た言葉

知見を得るの類義語では、 知性をたくましくするという言葉があります。

知性をたくましくするというのは、肉体を鍛えるように知性をたくましくするという内容で、つまり、身体を鍛えるように、知能を高める術になります。

これは知性を得るには、体力トレーニングと同じように、良い栄養と、訓練を必要とする意味になります。

「知見を得る」の言葉の使い方

知見を得るの言葉の使用法を正しく用いましょう。

一般的な使い方で多いのが「知見を得ることができる」などになります。



「知見を得る」を使った例文

知見を得るを使用した例文

  • 知見を得る対象を参照にする
  • 知見を得る研究をする
  • 知見を得ることができる
  • 知見を得ることが出来た
  • 深い知見を得ることができた

「知見を得る」の英語

知見を得る meaning in english

知見を得るの英語は、“obtain knowledge”になります。

知識を得ると言う意味や獲得する・身に付けるなどの意味があります。

「知見」と「経験」「知識」との違い

知見と経験、そして知識はそれぞれ違っています。

まず経験では経験値と呼ばれるもので、知識だけではない経験則を手にする作業です。

この経験則は長年の勘とも言われますが、熟慮された頭脳に依る熟練工などは、ただ仕事ができるだけではなく、知識でも充分な勉学を随時時間と共に、費やしています。

そして、知識ではその利用性が限定されますが、知見ではそれを指導に活かすことが可能になります。

「知見」を使った言葉と意味を解釈

知見を使用した言葉では、その知見の利用性について明確にしましょう。

つまり、知識よりも知見は有効利用をして初めてその所持者に益があるのです。

知見については、その知恵の所有者として、本人の人格と脳の容量を必要とします。

そして、記憶したことを重要事項であれば忘れない技術も必要なのです。

  • 知見には信頼性が必要
  • 知見を増やすには技術が必要

知見には信頼性が必要

知見を有効利用するには、それを聞く人が、信頼性を認識して享受しなくてはなりません。

知見を有効利用するという意味は、その識者の意見を参照にして、使用させていただくというものです。

これは、敬意プラス信頼しうる人物でなくては、その知見の所有者を敬愛することはできません。

つまり、信頼できない人にはなんの知見もないということです。

知見を増やすには技術が必要

知見については、その知識内容を保存する箇所が必要です。

知見を増やすという事は、脳内にどれだけ情報を蓄えられるかという話ですが、実際は書き込むノートを見直す技術が必要であったり、一回で覚えられなければ、反復してその書いた記憶を読み込むテクニックが必要になります。

icon まとめ

「知見」は実際に見て知ること、また見聞して得た知識になります、プライベートで是非使ってみましょう。