意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「体制を変える」とは?意味・読み方・類語・英語【使い方や例文】

「体制を変える」とは、「政治支配の形式・権力基盤あるいは社会運営(組織運営)の仕組みを変えること」を示す言葉です。

「体制を変える」「意味・読み方・英語と解釈・体制と態勢の違い・使い方・例文と解釈・類語や類義表現」などについて、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「体制を変える」とは?意味・読み方・類語・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「体制を変える」の意味とは?
  • 「体制を変える」の読み方
  • 「体制を変える」の英語(解釈)
  • 「体制」と「態勢」の違い
  • 「体制を変える」の言葉の使い方
  • 「体制を変える」を使った例文・短文(解釈)
  • 「体制を変える」の類語や類義の表現


「体制を変える」の意味とは?

「体制を変える」の意味は、「政治支配の形式・権力基盤を変えること」「社会運営(経済運営)の根本的・継続的な仕組みを変えること」「集団組織全体を統制するシステム及び上層部を刷新すること」になります。

「体制を変える」という言葉は、「統一された全体を構成している政治支配・権力・根本思想の形式を変えること」を意味しています。

政治経済の文脈で「体制を変える」という言葉を使う時には、「政権交代が起きること+革命で旧体制が否定されること+資本主義を社会主義に変えること」を意味しています。

平たく言えば、「体制を変える」というのは「会社・政府などの集団組織のトップ(代表者)を変えること」であり、「集団を政治的・経済的に運営する根本的な仕組み(前提となる思想・ルール・価値観など)を変えること」なのです。



「体制を変える」の読み方

「体制を変える」の読み方は、「たいせいをかえる」になります。

「体制を変える」の英語(解釈)

「体制を変える」の英語とその意味の解釈は、以下のようになります。

“change the system(organization)”(「体制を変える」のもっとも一般的な英語表現は、「システム(組織)を変える」ということになります。)

“We will change the system of politics and economics. ”(私たちは政治経済の体制を変えるつもりです。)

“transform organizational management”(「組織運営を転換する」から、「体制を変える」という意味を表現することができます。)

“President transformed organizational management of our company. ”(社長は、自社の体制を変えた。社長は自社の組織運営を転換した。)



「体制」と「態勢」の違い

「体制」「態勢」の違いは、「体制」「政治経済・集団運営の継続的な仕組み」「集団組織を運営する政治権力を中心とした複合体」を意味していますが、「態勢」というのは「ある物事に対する姿勢・態度・構え」を意味しているという違いがあります。

「体制」という言葉は、「政治体制・経済体制・体制転換・体制の維持・体制の転覆」などの熟語や言い回しで使われます。

「体制」とは、「集団組織を運営する継続的な仕組み・システム」を意味しています。

それに対して、「態勢」という言葉は、「万全の態勢・警備態勢・準備態勢・受け入れ態勢」などの熟語や言い回しで使われます。

「態勢」とは、「物事・状況に対する一時的な姿勢・態度」を意味しているのです。

「体制を変える」の言葉の使い方

「体制を変える」の言葉の使い方は、「政治経済・集団組織を運営する根本的な仕組み(システム)が変わる時」に使うという使い方になります。

具体的にいうと、「政府が交代する時・政権交代が起きる時・政治経済を運営する根本の仕組みや思想が変わる時・社会構造が変わる時」に、「体制を変える」という言葉を使用することができます。

また「体制を変える」という言葉は、「企業・役所などの集団組織のトップ(代表者)を交代させる時」「集団組織を運営する基本的なルール・価値観を刷新する場合」にも使うことができます。

例えば、「社長更迭で当社の経営体制を変えることによって、過去の不祥事を繰り返さない抜本的な経営改革を断行します」などの文章において、「体制を変える」の言葉を正しく使うことができます。

「体制を変える」を使った例文・短文(解釈)

「体制を変える」を使った例文・短文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「体制を変える」の例文1
  • 「体制を変える」の例文2
  • 「体制を変える」の例文3

「体制を変える」の例文1

「政治経済の体制を変える時には、社会に一定の混乱が起こることは避けられません」

この「体制を変える」の例文は、「政治経済の根本的な仕組みや基本思想を変える時には、既存の社会・人々に一定の混乱が起こることは避けられない」ということを意味しています。

「体制を変える」の例文2

「会社運営の体制を変えない限り、現在の危機的な経営状態を離脱することはできないでしょう」

この「体制を変える」の例文は、「会社運営の根本的な仕組みやトップ(社長)を変えない限り、現在の危機的な経営状態を離脱して会社を立て直すことはできない」ということを意味しています。

「体制を変える」の例文3

「既存社会を統治している体制を変えるという行為は、平和的な政権交代だけではなく、暴力革命やクーデターを意味することもあります」

この「体制を変える」の例文は、「既存社会を支配している根本的な権力・思想・仕組みを変えるという行為は、平和的な選挙による政権交代だけではなくて、民衆の暴力革命(あるいは軍部によるクーデター)を意味することもある」ということを示唆しています。

「体制を変える」の類語や類義の表現

「体制を変える」の類語や類義の表現には、どのようなものがあるのでしょうか?

「体制を変える」の類語・類義表現について、分かりやすく解説していきます。

  • 「政治経済の仕組み(枠組み)を変える」
  • 「政治権力(社会運営)のシステムを刷新する」

「政治経済の仕組み(枠組み)を変える」

「体制を変える」の類語・類義表現として、「政治経済の仕組み(枠組み)を変える」になります。

「体制を変える」という言葉の意味は、「政治・経済・社会を運営している基本的な仕組みを転換させること」になります。

その意味から、「体制を変える」の類語として、「政治経済の仕組み(枠組み)を変える」を上げることができます。

「政治権力(社会運営)のシステムを刷新する」

「体制を変える」の類語・類義表現として、「政治権力(社会運営)のシステムを刷新する」になります。

「体制を変える」という言葉の意味は、「政治権力や社会制度、集団組織を運営しているシステム全体を変革して刷新すること」になります。

その意味から、「体制を変える」という言葉の類義表現として、「政治権力(社会運営)のシステムを刷新する」を指摘することができます。

icon まとめ

「体制を変える」という言葉について徹底的に解説しましたが、体制を変えるには「政治支配の形式・権力基盤を変えること」「社会・経済・集団を運営する根本の仕組みを変えること」「集団組織全体を統制するシステム・上層部を刷新すること」などの意味があります。

「体制を変える」の類語・類義表現としては、「政治経済の仕組み(枠組み)を変える」「政治権力(社会運営)のシステムを刷新する」などがあります。

「体制を変える」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。