意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「失態を演じる」とは?意味・読み方【使い方や例文】

「失態を演じる」の意味や使い方を紹介します。

さらに「失態を演じる」を使った例文や、「失態を演じる」を分解した解釈などを紹介していきます。

失態を演じる

Meaning-Book
「失態を演じる」とは?意味・読み方【使い方や例文】>


目次

  • 「失態を演じる」の意味とは?
  • 「失態を演じる」の意味
  • 「失態を演じる」を分解して解釈
  • 「失態を犯す」は「失態を演じる」に言い換えたほうがいい?
  • 「失態を演じる」の言葉の使い方
  • 「失態を演じる」を使った例文
  • 「失態を演じる」理由


「失態を演じる」の意味とは?

みなさんは「失態を演じる」という言葉を聞いた事があるでしょうか。

「失態を演じる」「しったいをえんじる」と読みます。

もし、すでに「失態を演じる」という経験をしている人がいたら、その経験は二度と思い出したくない経験かもしれません。

また、誰かが「失態を演じる」姿を見たことがある人もいるでしょう。

一方で「失態を演じる」という言葉を、全く知らない人もいるはずです。

そこで「失態を演じる」の意味や使い方を紹介します。

「失態を演じる」という言葉の意味を知ると、この言葉が示すような行動を避けたくなるかもしれません。



「失態を演じる」の意味

「失態を演じる」にはどのような意味があるでしょうか。

「失態を演じる」には、「人に笑われてしまうような失敗をして、目立ってしまう事」という意味があります。

単なるミスではなく、人から笑われてしまうような恥ずかしい失敗で、しかも目立ってしまうため、みんなに知られてしまうようなミスです。

このように「失態を演じる」は、かなり面目がつぶれてしまうような恥ずかしいミスをするという意味があります。

「失態を演じる」を分解して解釈

「失態を演じる」を分解して解釈してみましょう。

「失態を演じる」「失態」「演じる」にそれぞれ分ける事ができます。

ふたつの言葉の意味を知る事で、「失態を演じる」という言葉をより理解しやすくなるでしょう。

  • 「失態」
  • 「演じる」

「失態」

「失態」という言葉には、「人の笑いものになってしまうような失敗をする事」という意味があります。

さらに「体面を失う事」「面目を損なう事」などの意味もあります。

人から見られて恥ずかしいと感じるような失敗をしてしまった時に、「失態」という言葉を使います。

さらに大きな失敗をしてしまった時は「大失態」という言葉を使う事があります。

「全社員の前で、『大失態』を見せてしまった」という場合、かなり深刻で恥ずかしいミスをしてしまったと考えられます。

「演じる」

「演じる」という言葉には、大きく分けて3つの意味があります。

ひとつ目が「劇など舞台で芸能をする事」です。

役者さんが演技をする事を「演じる」と言います。

ふたつ目が「ある役割を務める事」で、「重要な役割を演じる」などという使い方をします。

ビジネスシーンで登場する機会が多い「演じる」です。

最後が「よくない事で、一目に付くようなことをする」という意味です。

「失態を演じる」「演じる」はこの意味になります。

他にも「醜態を演じる」「立ち回りを演じる」などのフレーズで、良くない事で悪目立ちする様子を表現します。



「失態を犯す」は「失態を演じる」に言い換えたほうがいい?

「失態を演じる」とほとんど同じ意味の言葉に、「失態を犯す」という言葉があります。

「失態を犯す」「しったいをおかす」と読みます。

「失態を犯す」「犯す」には、法律などの規則に背く行為という意味がありますから、とんでもない失態をしてしまった事になります。

「失態を演じる」と意味は同じでありながら、周囲の人に与える印象は「失態を犯す」の方が強いかもしれません。

今後も「失態を犯す」を使い続ける事もできますが、「失態」という言葉に続く言葉としては「演じる」を選ぶのが一般的です。

特にこだわりが無い場合は、「失態を犯す」という言葉よりも、「失態を演じる」を選んだ方が無難でしょう。

「失態を演じる」の言葉の使い方

「失態を演じる」という言葉をどのような場面で使えばいいでしょうか。

「失態を演じる」には、恥ずかしいミスをして目立ってしまうという意味がありますので、そのようなミスをしてしまった時や、他の誰かがそのようなミスをして目立った時に使ってみましょう。

仕事での大きなミスはもちろんですが、プライベートのミスに対しても「失態を演じる」を使う事ができます。

例えば学校で、「先生」という所で「お母さん」と言ってしまうといううっかりミスがあります。

それほど重要なミスではなく、笑い話で済みますが、かなり恥ずかしく、そして目立ってしまいます。

このような爆笑が起こってしまうようなミスをした時も「失態を演じる」という言葉を使ってみましょう。

「失態を演じる」を使った例文

「失態を演じる」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における「失態を演じる」を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを覚えましょう。

  • 「失態を演じる」の例文1
  • 「失態を演じる」の例文2

「失態を演じる」の例文1

「取引先との約束時間に、30分遅刻する『失態を演じた』」

仕事上で約束を守らない事は「失態」につながりやすいでしょう。

この例文のような遅刻は、「失態を演じる」という言葉の代名詞のようなものです。

二度と遅刻をしないよう心がける必要があります。

「失態を演じる」の例文2

「サプライズ告白で断られるという『失態を演じて』しまった」

この例文のように「サプライズ告白」をして、さらに断られてしまったら、かなりの笑いものになってしまうでしょう。

まさに「失態を演じる」そのままの行為と言えます。

できればサプライズを避けて、ストレートな告白をした方がいいでしょう。

「失態を演じる」理由

最後に「失態を演じる」理由について紹介します。

なぜ人に笑われるようなミスをしてしまうのか、「失態を演じる」人に共通する理由を見て行きましょう。

  • 「生活が不規則」
  • 「タスク管理ができていない」

「生活が不規則」

「失態を演じる」人の生活はだらしなく「不規則」という特徴があります。

寝る時間も起きる時間もバラバラな人は、約束の時間を守るのが難しいからです。

自分でも何時に起きているのか分からない人、何時頃に調子がいいのか知らない人は、約束そのものをするのも難しいでしょう。

「失態を演じる」のを避けるためには、スケジューリングが重要になりますが、生活が不規則な人は計画そのものを立てるのが難しい人です。

「タスク管理ができていない」

朝起きた時に、その日一日に何をするのか、頭の中が整理できていない人は「失態を演じる」確率が高い人です。

恥ずかしいミスをしないためには「タスク管理」が欠かせません。

重要なタスクを優先して行い、そうでもないタスクは、他の人にしてもらうなどすれば、「失態を演じる」可能性が低くなるでしょう。

icon まとめ

「失態を演じる」という言葉の意味や使い方を見てきました。

みなさんも「失態を演じる」のを避けるよう、毎日を送るようにしましょう。