意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「焼べる」とは?意味・類語【使い方や例文】

「焼べる」という言葉の意味や類語を紹介します。

さらに「焼べる」の使い方や、「焼べる」を使った例文を紹介していきます。

Meaning-Book
「焼べる」とは?意味・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「焼べる」の意味とは?
  • 「焼べる」の意味
  • 「焼べる」の類語
  • 「焼べる」の言葉の使い方
  • 「焼べる」の例文


「焼べる」の意味とは?

「焼べる」という言葉を知っているでしょうか。

読み方すら分からないという人も、多いかもしれません。

「焼べる」「くべる」と読みますが、初見で「くべる」と読める人はほとんどいないと思います。

このような難読文字のひとつである「焼べる」ですが、「くべる」と聞くと意味が何となく分かる人も多いでしょう。

そこで「焼べる」の意味や使い方を紹介します。

他の人に自慢したくなるような「焼べる」の読み方に合わせて、正確な意味を知っておきましょう。



「焼べる」の意味

「焼べる」には、どのような意味があるでしょうか。

「焼べる」は、「燃やすために火の中に入れる」という意味があります。

入れる物は、薪や紙など、火が燃えやすくなるような素材である事が多くなります。

キャンプをする趣味がある人は、食事を作るために、料理の前にまず火を起こす作業をするでしょう。

炭を燃やすために、薪や紙などを、種火の上に載せた経験があると思います。

田舎暮らしをしている人などは、今でも薪ストーブを使ったり、薪でお風呂のお湯を沸かしているかもしれません。

このような時に火を燃やす材料になる物を入れる事を「焼べる」と言います。

「焼べる」の類語

「焼べる」の類語や、類義表現を紹介します。

「焼べる」と似た意味を持つ言葉を見る事で、「焼べる」という言葉の意味が、さらに深く理解する事ができるようになるでしょう。

  • 「燃やす」
  • 「焚く」
  • 「焚き付ける」
  • 「点火」

「燃やす」

「燃やす」は、みなさんも頻繁に使う言葉だと思います。

「燃やす」「もやす」と読み、「燃えるようにする」という意味があります。

例えば「ゴミを燃やす」という場合は、ゴミが燃えるようにマッチで火をつけるなどして「燃えるようにする」という意味があります。

また「闘志を燃やす」というように、心に火がついて炎が燃え立つような状態にする時などにも「燃やす」とい言葉を使う事があります。

物を燃える状態にする時、心を燃える状態にする時にも「燃やす」という言葉を使う事ができます。

「焚く」

「焚く」「たく」と読みます。

「焚く」には、「燃料などを燃やす」という意味があります。

「お風呂を焚く」という言葉を使う事がありますが、そもそもお風呂は薪などを燃やしてお湯を沸かしていたため、ガスや電気になった今でも「焚く」という言葉を使います。

また最近は禁止されているエリアが多い、「焚き火」は、まさに木材やゴミ、紙などを燃やす行為そのものです。

「焚き火」「焚き」「焚く」という言葉が使われています。

「焚き付ける」

「焚き付ける」という言葉もあります。

「焚き付ける」には、「焚くために火をつける」という意味があります。

「かまどの下を『炊き付ける』」などの文章を作る事ができます。

また、片想いをしている男女に対して、恋心を燃え上がらせるような言動をする事も「炊き付ける」という言葉が使われます。

人の心を燃やそうとする行為も、「炊き付ける」という言葉を使う事があります。

「点火」

「点火」「てんか」と読み、「聖火を『点火』する」などの文章に使う事ができます。

「点火」には、「火をつける事」という意味があります。

花火やダイナマイトなど、様々な物に火をつける事を「点火」と呼びます。



「焼べる」の言葉の使い方

「焼べる」という言葉は、どのような場面で使えばいいでしょうか。

「焼べる」には、何かを燃やすために、材料などを日の中に入れるという意味がありますので、そのような場面で使うようにしてみましょう。

キャンプをする時、キャンプファイアーをする時など、レクリエーションをする時に「焼べる」という言葉を使う機会が多いでしょう。

「薪を火に入れる」と言いたい時に、「薪を『焼べる』」というスマートな言い回しになります。

会社のイベントとしてキャンプやバーベキューなどをする時に「焼べる」という言葉を自然に使うと、語彙の多い人として一目置かれるかもしれません。

「焼べる」の例文

「焼べる」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における、「焼べる」を使った文章を見る事で、この言葉の使い方のコツを覚える事ができるかもしれません。

  • 「焼べる」の例文1
  • 「焼べる」の例文2

「焼べる」の例文1

「カレーライスを作るために、まず火種に薪を『焼べる』ところから始めよう」

この例文は、キャンプをしている時の食事の準備場面を切り取ったものです。

カレーライスを作るためには、肉や野菜を切るなどのカレーライス作りよりも先に、火を起こす事が大切になります。

キャンプ場のカマドに炭や材料を入れて燃やし始めたら、火を強くするために、さらに材料を『焼べる』必要があります。

料理に必要な火力を確保するのには時間がかかりますので、早めに火を起こす事が大切です。

最近のキャンプ施設には、着火剤などが用意されているため、昔ほど火を起こすのに時間がかかる事がありませんが、早めに始めるのに越したことはありません。

「焼べる」の例文2

「焚き火が消えないように、枝などを一晩中『焼べる』事にした」

寒い時期に暖を取るために焚き火をする時は、火が消えないように注意する必要があります。

特にハイキング中に迷子になった時などの焚き火は、火を燃やし続ける事が生死を左右するほど重要です。

この例文のように、誰かが火の番をして、枝などの材料を『焼べる』役割を担いましょう。

徹夜で焚き火を続けるためには、何人かの人が交代で火の番をします。

ある程度の材料が定期的に炎の中に入れられていたら、火が消える事はないでしょう。

ただし、湿った木材などを焚き火に入れると、火が消えてしまう事がありますので、材料が乾燥しているかどうかを確かめるようにしましょう。

icon まとめ

「焼べる」という言葉の意味や使い方を見てきました。

「焼べる」「くべる」と読むのは難しいですが、意味はそれほど複雑ではありません。

次に友達や会社の同僚とキャンプに行った時などに、「焼べる」という言葉を使ってみましょう。

ボキャブラリーが豊富な人と見られる事で、優越感を持つ事ができるかもしれません。