意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「優っている」とは?意味や使い方を解説

「勝っている」について、ここで説明をしていこうと思います。

勝っている

Meaning-Book
「優っている」とは?意味や使い方を解説>


目次

  • 「勝っている」の意味とは?
  • 「勝っている」の意味
  • 「勝っている」の言葉の使い方
  • 「勝っている」を使った例文・短文(解釈)


「勝っている」の意味とは?

「勝っている」というのは「まさっている」と読み、争い事において相手よりも有利な位置にいる状態、状況が有利である状態、比較して有意にある状態、をさしています。

有利な、優勢な、優位にある、攻勢、などといった類義語があります。



「勝っている」の意味

「勝っている」という表現はラ行5段活用の動詞「勝る」連用形「勝り」の即穏便に接続助詞である「て」がついた形になります。

勝るというのは他よりも価値や力量が上であること、相対的に程度が上であること、官位が上であることなどを指しています。

「勝っている」の言葉の使い方

「勝っている」という表現は日常的にも使えますし、ビジネスにおいても使うことができる表現です。

対義語は劣るになり、相対的に劣っている状況を指しています。



「勝っている」を使った例文・短文(解釈)

それならば「勝っている」という表現を使った文章にはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは「勝っている」という単語を使った例文をいくつか紹介します。

  • 「勝っている」の例文1
  • 「勝っている」の例文2
  • 「勝っている」の例文3
  • 「勝っている」の例文4

「勝っている」の例文1

「健康は富に勝っていると思う。どれだけお金があっても病気になったら意味がない」

仕事が忙しく、収入も高く、健康を損ねてでもがんばらなければいけないという人もいるのではないでしょうか。

しかし、健康ほど大切なものはありません。

どれだけ収入があったとしても健康を損なってしまえば何の意味もないのです。

また、そのような収入は例えば病気になって入院することになってしまえば変わる可能性があります。

健康があってこその収入なのですから、やはり最初に健康を守ることを考えなければいけません。

健康あってこその仕事であり、健康あってこその収入であるということを覚えておきましょう。

「勝っている」の例文2

「聞きしに勝る美しさだね、さすが彼女の絵画は特別だよ」

絵画など、誰が見ても美しいと思える美術品がありますよね。

美術品というものは主観的なものですから、見る人によっても評価が変わります。

しかし誰がどう見ても美しい仕上がりになっている場合、多くの人が見るのを楽しみにするのではないでしょうか。

前々から美しい街方と聞いていたにもかかわらず、いざ本物を見てみると噂よりももっと綺麗である、やっぱり実物は噂にはかなわない、などという気持ちになることもあるかもしれません。

そのような場合、聞きしに勝る美しさだということができます。

「勝っている」の例文3

「この車の燃費はあの車の燃費よりも勝っているよ、最近は燃費が良い車がいいよね」

新しく車を購入するなら、できれば燃費の良い車が良いと考えている人も多いのではないでしょうか。

燃費の悪い車ではガソリンが必要になりますから、このガソリンが値上がりしていく時代においてはなかなか大変です。

もちろんハイブリッド等、燃費があまりにも良い車の場合はそれでなくても値段が高くなりますが、ガソリンを入れていかなければいけない値段を考えるとどちらが良いのかは人によって異なってきます。

たとえハイブリッドではなかったとしても、燃費の数値を重視する人はたくさんいる事でしょう。

「勝っている」の例文4

「昨日はリラックスしようと思っていたのに、やはり仕事に対する意欲が勝ってしまった」

誰しも休息は必要です。

仕事やストレスになるような日々のトラブルを忘れ、ゆっくりして自分をいたわる時間が大切なのです。

しかし、どれだけリラックスしようと思っていたとしても、仕事をしようとする意欲が勝ってしまったという経験を持つ人もいるかもしれませんね。

結局自分をいたわるどころか最終的に自分を苦しめてしまったという人もいるでしょう。

適度に仕事をすることは大切ですが、体をいたわるということも忘れてはいけません。

icon まとめ

「勝っている」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。