意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「立ち行かない」とは?意味・類語・英語【使い方や例文】

「立ち行かない」とは、「仕事・商売・暮らしが成り立たないこと」「経済的な生活が苦しいこと」です。

「立ち行かない」「意味・読み方・英語と解釈・使い方・例文と解釈・対義語・類語や類義表現」などについて、詳しく説明していきます。

立ち行かない

Meaning-Book
「立ち行かない」とは?意味・類語・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「立ち行かない」の意味とは?
  • 「立ち行かない」の読み方
  • 「立ち行かない」の英語(解釈)
  • 「立ち行かない」の使い方
  • 「立ち行かない」を使った例文・短文(解釈)
  • 「立ち行かない」の対義語
  • 「立ち行かない」の類語や類義表現


「立ち行かない」の意味とは?

「立ち行かない」の意味は、「仕事・商売・暮らしが成り立たないこと」「経済的な生活が苦しいこと」になります。

「立ち行かない」という言葉を文法的に解釈すると、カ行五段活用の動詞「立ち行く」の未然形の「立ち行か」に、打消しの助動詞である「ない」が付いた言葉として理解することができます。

「立ち行く」という言葉は、「仕事・商売が成り立っていて暮らしが維持できること」「何とか経済的に困窮せずにやっていける状況があること」を意味しています。

「立ち行かない」の言葉はその「立ち行くの意味の否定・反対」になるので、「仕事・商売が成り立たずに暮らしを保てないこと」「経済的に困窮して今の暮らしを続けていけないこと」を示唆しているのです。



「立ち行かない」の読み方

「立ち行かない」の読み方は、「たちいかない」になります。

「立ち行かない」の英語(解釈)

立ち行かない meaning in english

「立ち行かない」の英語とその意味の解釈は、以下のようになります。

“can't keep up”(「維持する・保持する」“keep up”を否定することで、「維持できない・立ち行かない」を意味しています。)

“We can't keep up the work of a tailor, because fast fashion is in vogue. ”(ファストファッションの流行によって、私たち洋服屋(テイラー)の仕事は立ち行かない。)

“can't pay”(「支払うことができない」の意味から、「立ち行かない」を意味しています。)

“He can't pay his living expenses. ”(彼の経済生活は立ち行かない、彼は自分の生活費すら支払えない。)



「立ち行かない」の使い方

「立ち行かない」の使い方は、「仕事・商売(ビジネス)が上手くいっていない状況」「経済的な暮らしが成り立たなくなってきている状況」で使うという使い方になります。

「立ち行かない」の言葉は、仕事・商売が思い通りにいかずに経済的な暮らしが厳しくなっていることを示唆している言葉なのです。

例えば、「お父さんがある事件で懲戒免職されることになり、家族の暮らしが立ち行かなくなりました」「政府の規制強化によって我が社の現在のビジネスが立ち行かなくなる危険性が出てきています」などの文章において、「立ち行かない」の言葉を正しく使用することができるのです。

「立ち行かない」を使った例文・短文(解釈)

「立ち行かない」を使った例文・短文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 例文1
  • 例文2
  • 例文3

例文1

「その母親は小さな子供を抱えて、一生懸命にパートを掛け持ちして働いていましたが、暮らしが立ち行かないようでした」

この「立ち行かない」を使った例文は、「小さな子供を抱えた母親が、一生懸命にパートを掛け持ちして働いていても、暮らしが楽にならず経済的にとても厳しいこと」を意味しています。

「立ち行かない」は、「経済的な暮らしの厳しさ」を示唆する言葉なのです。

例文2

「大規模な郊外型のショッピングモールが進出してきたために、昔ながらの商店街・個人商店は商売が立ち行かなくなりました」

この「立ち行かない」を使った例文は、「大規模な郊外型のショッピングモールが進出してきたことで、昔ながらの商店街や個人商店の商売(ビジネスモデル)が成り立たなくなったこと」を意味しています。

規模の経済やサービス水準の競争原理によって、廃業に追い込まれる個人事業主が増えたのです。

例文3

「周辺の競争激化で飲食店の経営が立ち行かなくなったため、夫は再びサラリーマンに戻ることを決意して、再就職活動の面接を受け続けています」

この「立ち行かない」を使った例文は、「周辺の競争激化で飲食店の個人経営が上手くいかなくなり、暮らしを支えるだけの収入が得られなくなったこと」を意味しています。

その結果、夫は再就職活動をせざるを得なくなったのです。

「立ち行かない」の対義語

「立ち行かない」の対義語として、「立ち行く」「仕事(商売)が上手くいく」「暮らしを続けていける」を上げることができます。

「立ち行かない」のもっとも直接的な対義語は「立ち行く」になりますが、「立ち行く」の言葉の意味は「商売・仕事・暮らしが成り立っていくこと」です。

「立ち行く」には、「時間が過ぎていくこと」の意味もあります。

「立ち行かない」の対義語の意味合いがあるものとして、「仕事(商売)が上手くいく」「暮らしを続けていける」という言葉も指摘できます。

「立ち行かない」「仕事(商売)が上手くいかないこと」「暮らしが苦しいこと」を意味する言葉なので、それに対する反対の意味を持っているのです。

「立ち行かない」の類語や類義表現

「立ち行かない」の類語や類義表現には、どのようなものがあるのでしょうか?「立ち行かない」の類語・類義表現について、分かりやすく解説していきます。

  • 「仕事(商売)が上手くいかない・収入が得られない」
  • 「今の暮らしを維持できない・生活が苦しい(経済生活が成り立たない)」

「仕事(商売)が上手くいかない・収入が得られない」

「立ち行かない」の類語・類義表現として、「仕事(商売)が上手くいかない・収入が得られない」があります。

「立ち行かない」というのは、仕事や商売(ビジネス)が思い通りに行かずに、経済的に厳しい状況になっていることを意味しています。

また「立ち行かない」というのは、仕事や商売が上手くいっていないため、まともな収入が得られなくなっていることを示唆します。

そのことから、「立ち行かない」の類語として「仕事(商売)が上手くいかない・収入が得られない」を上げられます。

「今の暮らしを維持できない・生活が苦しい(経済生活が成り立たない)」

「立ち行かない」の類語・類義表現として、「今の暮らしを維持できない・生活が苦しい(経済生活が成り立たない)」があります。

「立ち行かない」というのは、仕事が上手くいかずに今の暮らしの水準を保てないことを意味しています。

あるいは、経済生活が成り立たずに生活が苦しいことを示しています。

それらの意味から、「立ち行かない」の類義表現として、「今の暮らしを維持できない・生活が苦しい(経済生活が成り立たない)」を指摘することができます。

icon まとめ

「立ち行かない」という言葉について徹底的に解説しましたが、立ち行かないには「仕事・商売・暮らしが成り立たないこと」「経済的な生活が苦しいこと」などの意味があります。

立ち行かないの類語・類義表現としては、「仕事(商売)が上手くいかない・収入が得られない」「今の暮らしを維持していくことができない・生活が苦しくて成り立たない」などがあります。

「立ち行かない」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。