意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「注意喚起」の意味・読み方・類語・英語【使い方や例文】

「注意喚起」という言葉。

皆さんも恐らく日常で目にすることがあると思います。

今回はこの言葉の意味について、改めてじっくりとひも解いてみたいと思います。

Meaning-Book
「注意喚起」の意味・読み方・類語・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「注意喚起」の意味とは?
  • 「注意喚起」の読み方
  • 「注意喚起」の使い方
  • 「注意喚起」を使った例文
  • 「注意喚起」の英語と解釈
  • 「注意喚起」の類語や類義表現


「注意喚起」の意味とは?

何らかの対象(個人やグループなど)に対して、特定の何かに対しての注意を促したりまたは呼びかけること。

特に注意して気を付けなければいけない点について意識をさせるよう促すこと。



「注意喚起」の読み方

漢字4文字のこの並びで「ちゅういかんき」と読みます。

「注意喚起」の使い方

普段何気なく目にする機会が多い言葉ではありますが、実際に文字に起こして使用したり、ましてや自分で口に出して使うということは意外と少ない言葉なのではないでしょうか。

ここではそんな「注意喚起」の使い方についてご紹介します。

「注意喚起」という言葉自体は名詞にあたるため、このまま使うとすると文章の中で名詞としての意味を持たせ使うことになります。

この場合、「注意喚起」だけで使う場合ももちろんありますが、「注意喚起のポスター」「注意喚起の看板」といったように、「注意喚起の〇〇」「注意喚起」の後に何か名詞をくっつけて使う場合が多いです。

しかし実際文字や言葉にして使う場合には、名詞としての使い方よりも、後ろに「する」をつけて「注意喚起する」という動詞としての使い方をすることが多いようです。

具体的に例文で見てみましょう。



「注意喚起」を使った例文

ここでは実際に例文を見ながら具体的な使い方について確認していきましょう。

  • 例文1
  • 例文2
  • 例文3

例文1

「この施設の注意喚起はすごく目立つので誰でもすぐ目に入る」

この例文は「注意喚起」という言葉をそのまま単体で「名詞」として使った例です。

町や公共施設等のいたるところで注意喚起の張り紙やパネルを目にすると思いますが、それらを「注意喚起」という名詞単体で表し、文中で使用しています。

例文2

「今作っているのは、文化祭のお客様向けの注意喚起のポスターだよ」

この例文は先ほどと同じように「注意喚起」という言葉を名詞として使っていますが、例文1と違う点として「注意喚起のポスター」というように「注意喚起」の後ろに別の単語をくっつけたかたちで名詞として使用しています。

日常で見かける注意喚起を少し思い出していただければわかるかと思いますが、電光掲示板や張り紙など、注意喚起というものは他の物質と合わさって存在しているものが多いのです。

そのため、名詞として使われる場合にも「注意喚起」単体ではなく「注意喚起の〇〇」というかたちで使われることが多いようです。

例文3

「この近辺で不審者が目撃されたので、全校生徒に注意喚起する必要がある」

この例文は先ほどご紹介したように「注意喚起」という言葉に「する」をつけて、動詞としての意味合いを持たせ文中で使用した例です。

実際に「注意喚起」という言葉を使う場合には、自分が「注意喚起する」立場に立って動詞として使うことが多いようです。

「注意喚起」の英語と解釈

「注意喚起」を英語で表すと「heads up」という表現になります。

この他にも「reminder」「call for attention」「alert」という表現もできます。

「heads up」はカジュアルな表現として、「call for attention」「reminder」は公的な表現として使われることが多いようです。

「注意喚起」の類語や類義表現

ここでは「注意喚起」の別の言い回しや似たような意味を表す言葉について見てみましょう。

  • 「警告」
  • 「警鐘を鳴らす」
  • 「釘をさす」

「警告」

「警告」とは「前もって注意するべきことを告げ知らせること」という意味合いであるため、似たような表現といえるでしょう。

また、後ろに「ことづけ、伝言、電報」といったような意味を持つ「メッセージ」という単語をつけて「警告メッセージ」とする表現も、同じく「注意喚起」の類義表現にあたります。

「警鐘を鳴らす」

「警鐘を鳴らす」とは、「何か物事が良くない方向に向かおうとしていることを知らせる、指摘する」という意味です。

こちらも「注意喚起」の類義表現にあたります。

ただ、この言葉のニュアンスとしては、「注意喚起」よりももう少し深刻な危機や危険を告げる時に使う言葉と言えると思います。

「釘をさす」

「釘をさす」とは「未来においてトラブルや悪い事態が起きないように事前に注意を促すこと」という意味です。

この言葉はもともと、釘を使わずに木造建築などを作っていた日本の伝統的な建築現場において「念のため」ということで釘をさすようになり、そこから生まれた言葉であると言われています。

この表現も「注意喚起」の類義表現にといえます。

icon まとめ

今回は「注意喚起」という言葉について、その意味や具体的な使い方、似たような表現についてまとめました。

普段何気なく目にすることは多い表現ですが、実際に使うとなるとぼんやりとしたあやふやな部分が多い言葉だったのではないでしょうか。

また、似たような表現も多く存在する言葉でもありますので、シチュエーションに合わせてぜひ使い分けてみてください。