意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「竹を割ったような性格」とは?意味・読み方・類語【使い方や例文】

「竹を割ったような性格」という言葉の意味や類語を紹介します。

さらに「竹を割ったような性格」の使い方や、「竹を割ったような性格」を使った例文を紹介していきます。

Meaning-Book
「竹を割ったような性格」とは?意味・読み方・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「竹を割ったような性格」の意味とは?
  • 「竹を割ったような性格」の具体例
  • 「竹を割ったような性格」の言葉の使い方
  • 「竹を割ったような性格」を使った例文
  • 「竹を割ったような性格」のメリット


「竹を割ったような性格」の意味とは?

「竹を割ったような性格」という言葉を聞いた事があるでしょうか。

もしかしたら、そのような性格の人の顔が、浮かんでいる人もいるかもしれません。

一方で、「竹を割ったような性格」とは、どのような性格なのか、まるで見当がつかない人もいるかもしれません。

そこで「竹を割ったような性格」という言葉の読み方と意味を紹介します。

この言葉の意味を知ると、「あの人がそうだ」と気付く事ができるかもしれません。

  • 「竹を割ったような性格」の読み方
  • 「竹を割ったような性格」の意味

「竹を割ったような性格」の読み方

「竹を割ったような性格」は、「たけをわったようなせいかく」と読みます。

「竹を割ったような」「たけをわったような」「性格」「せいかく」と読む事ができます。

難しい漢字は使われていませんので、読み間違えないように気を付けましょう。

「竹を割ったような性格」の意味

「竹を割ったような性格」の、「竹を割ったよう」には、どのような意味があるでしょうか。

竹を斧などで割った経験がある人なら、竹が一直線に割れる事を知っていると思います。

そのため、「竹を割ったよう」には、「気性がさっぱりしている様子」という意味があります。

「竹を割ったような性格」も同様で、気性がさっぱりしている性格の人、素直な人、企みなどができないタイプの人の事を指します。



「竹を割ったような性格」の具体例

「竹を割ったような性格」の意味が分かったところで、具体的にどのような人を指すのか、共通する特徴を見て行きましょう。

  • 「裏の顔がない」
  • 「こだわらない」
  • 「決断力がある」
  • 「素直な人」

「裏の顔がない」

「竹を割ったような性格」の持ち主は、「裏の顔がない」という特徴があります。

例えばAさんには○だと言って、Bさんには×だと言うような事がありません。

そのため、会話の内容をそのままの意味で受け止める事ができます。

表面上仲良くしてくれるけど、裏ではどう思っているか分からないというような事が無い人です。

「こだわらない」

会社や学校生活を送っていると、誰かと衝突してしまう事もあるでしょう。

一度喧嘩をしたら、一生口をきいてくれないような人や、根に持ってずっと嫌味を言うタイプの人もいます。

しかし「竹を割ったような性格」の人は、喧嘩をしてもすぐにその事を忘れてしまいます。

こだわりがないため、すぐに関係性を結び直す事ができます。

「決断力がある」

「竹を割ったような性格」の人は、こだわりがなく、分かりやすい性格の持ち主です。

深く考えすぎて行動できなくなるような事がないため、「決断力」があります。

「やりたい」と思ったら、すぐに行動に移す事ができます。

「素直な人」

「竹を割ったような性格」の人は、「素直な人」でもあります。

誰かのアドバイスを聞いた時も、良いと思ったらすぐに受け入れる事ができます。

そのため自分の長所を伸ばす事ができます。

まさに竹のようにぐんぐんと成長できる性格の持ち主です。

「竹を割ったような性格」の言葉の使い方

「竹を割ったような性格」には、竹を割ったようにさっぱりとした、さわやかな性格という意味があります。

また先述したように、「竹を割ったような性格」の人には、具体的な特徴があります。

そこで、このような特徴を持った人を見かけた時に、「竹を割ったような性格」という言葉を使ってみましょう。

職場の同僚にさっぱりした、爽やかな性格の人がいたら、「あの人は『竹を割ったような性格』の持ち主です」と言う事ができます。

取引先にそのようなタイプの人がいたら、「Aさんは『竹を割ったような性格』だから、安心して話ができるよ」と同僚に伝える事ができます。

このように、「竹を割ったような性格」の人と出会った時や、誰かに伝えたい時に、「竹を割ったような性格」という言葉を使ってみましょう。



「竹を割ったような性格」を使った例文

「竹を割ったような性格」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における、「竹を割ったような性格」という言葉を使った文章を紹介します。

  • 例文1
  • 例文2

例文1

ビジネスシーンにおける「竹を割ったような性格」を使った例文を紹介します。

「後輩が一人前になってきたので、Aさんの担当を任せる事にした。Aさんは『竹を割ったような性格』だから、若手でも安心して担当を任せられる」

仕事相手によって、扱いが難しい性格の人がいます。

この例文に登場するAさんのように、「竹を割ったような性格」の持ち主なら、誰でも安心して担当する事ができるでしょう。

例文2

恋愛的な場面における「竹を割ったような性格」を使った例文を紹介します。

「友達に『竹を割ったような性格』の男性がいると言われた。付き合いやすそうなので、紹介してもらう事にした」

付き合いやすい「竹を割ったような性格」の人は、恋愛相手としても魅力的です。

付き合った後、余計な気を回さずに済むでしょう。

「竹を割ったような性格」のメリット

最後に「竹を割ったような性格」のメリットを紹介します。

もしあなたが「竹を割ったような性格」になったら、どのようないい事が起こるでしょうか。

  • 「信頼を得やすい」
  • 「付き合いやすいので人脈が広い」
  • 「アクティブなので考えを実現しやすい」

「信頼を得やすい」

「竹を割ったような性格」の人は、裏表がないので信用できます。

そのため、周囲の人から信頼を得やすいでしょう。

「付き合いやすいので人脈が広い」

「竹を割ったような性格」の持ち主は、素直で明るく、裏の顔が無いため、とても付き合いやすいでしょう。

また友達や知り合いに紹介しやすいというメリットもあります。

そのためどんどん人脈が広くなり、仕事や結婚に好影響があるでしょう。

「アクティブなので考えを実現しやすい」

「竹を割ったような性格」の人は、ぐずぐず悩んだりしません。

決断力があり、アクティブなので、考えを実現しやすいという特徴があります。

大きな夢や、そこに至るまでの小さな夢を次々と叶える事ができる、素敵な人生を送る事ができるかもしれません。

icon まとめ

「竹を割ったような性格」という言葉の意味や使い方を見てきました。

みんなから好かれやすく、仕事も一緒にしたいと思われやすい「竹を割ったような性格」の人は貴重な存在です。

もしあなたが「竹を割ったような性格」の持ち主なら、そのままグイグイと天に向かって伸びて行きましょう。