意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「阿諛追従」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

阿諛追従は現代ではあまり聞かれません。

そして、人は打算的に生きるもので、計略を計っては失敗を繰り返しているのです。

阿諛追従は意識的な愛情の服従になります。

阿諛追従

Meaning-Book
「阿諛追従」の意味・読み方・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「阿諛追従」の意味とは?
  • 「阿諛追従」の読み方
  • 「阿諛追従」を分解して解釈
  • 「阿諛追従」の使い方
  • 「阿諛追従」を使った例文や短文・解釈
  • 「阿諛追従」の英語
  • 「阿諛追従」の類語や類義語


「阿諛追従」の意味とは?

阿諛追従の意は、従いゆく様をいいます。

これは、阿諛という難しい単語を使用しますが、その追従の様を言い表す古風なことばです。

追従は、ついじゅうとも読みますが、ここではついしょうとなります。

阿諛追従は、その従属性と、追って仕えていく様をいいますので、その先に絶対に信じられうる存在が有ることを示しています。



「阿諛追従」の読み方

阿諛追従の読み方は、あゆついしょうとされます。

阿諛追従では、その従いゆくさまの、優秀さを奨励しています。

また、夫に従いゆく妻の様を例証とする為もあり、その位の夫の優秀さを物語るものでもあるでしょう。

また、上官に従うという部下の姿を言い表すものでもあります。

「阿諛追従」を分解して解釈

阿諛追従を分解して解釈を行えば、そのあという響きにも阿諛という音声にも、特色の有る世界観となっています。

阿諛追従では一音にてその唖然となるような、言語のたくましさがあり、追従では、ついしょうとされますので、ただの従属関連ではない意識になります。

  • 「阿諛」
  • 「追従」

「阿諛」

阿諛という漢字には古学の響きがあります。

阿諛という音声には、媚びへつらうの、良い意味での内容があり、媚びることの、良い漢字としての阿諛という内容です。

つまり、あでつらうや、表面的なという意味を廃して、ただ、従いゆくという純な心の作用を示すことばとして優秀でしょう。

「追従」

追従という音声には、ついじゅうするという、従属に徹する様があります。

この追従をついしょうと読む言い方には、古くからの学問としての主従関連のことばが残るものです。

現代では、追従するという内容に慣れていない側面がありますが、実際上下関連では、この追従という内容にもっと触れて仕事の意味を理解しなくてはなりません。



「阿諛追従」の使い方

阿諛追従の使い方は、その従属するという姿に何のてらいも無い事が要件になります。

つまり、阿諛追従における従う姿に、何の曇もない世界観が必要です。

これは、全くの腹心なしと呼べる状況で、そのくらい無垢であって、従属し、追従う意味が重要事項とされます。

封建的な響きのする用法が良いでしょう。

「阿諛追従」を使った例文や短文・解釈

阿諛追従を使用した例文では、阿諛追従の内容に即した状況設定が必要になります。

会社組織で全くの腹心のない状態で、従属するというのは、上層部でも結構な上の方のはなしです。

ですので、その従属するという概念を、追従するとして、自信をもって仕えていくという作業に徹する程度が必要になります。

  • 「阿諛追従」の例文1
  • 「阿諛追従」の例文2
  • 「阿諛追従」の例文3

「阿諛追従」の例文1

阿諛追従における従属は、好ましい社会組織員を構成します。

阿諛追従というのは、まったくの従属する姿になります。

これは、ただ命令を聞いているだけのロボットではありません。

自分の意志を通じて、従いゆくという様に、その真のはたらきがあるのです。

阿諛追従を媚びへつらいとするのであれば、社会は陳腐化するでしょう。

「阿諛追従」の例文2

阿諛追従は、その従属性に於いて全くの腹心はありません。

阿諛追従はその従属という観点から、まったくの腹黒さはない模様を指します。

へつらうという点では、現代はあまり良い響きを持とうとはしません。

ですが、より古来に属した社会関連では、その絶対服従の楽な雰囲気として、阿諛追従とされるのです。

「阿諛追従」の例文3

阿諛追従を奨励することは、絶対権限への服従を意味します。

阿諛追従を奨励することは、それが絶対権限への服従を意味することになります。

そして、それに従うという事に、何の思惑的・作為性の無さというのが、一番の事とされます。

つまり、従いゆくという姿に、その愛情の向かう先に、阿諛追従という姿で仕えるのです。

「阿諛追従」の英語

阿諛追従 meaning in english

阿諛追従の英語は、“excessive flattery”です。

「阿諛追従」の類語や類義語

阿諛追従の類語として、完全服従という意味や、上官への愛情表現という意味にも例えられます。

それは、腹心有りで従う様子を演出するのとは違います。

これは、金の為に上司を利用するという手法ではないのです。

つまり、完璧に私は従いゆきますという内容を表現するのに阿諛追従が優れているのです。

  • 「服従」
  • 「従属」
  • 「愛情」

「服従」

服従する事は、阿諛追従の仕事の側面です。

服従するというのは、一般的にしにくいというのが、世間のさまでしょう。

ですが、阿諛追従ではその服従する方としての資質も問われるのです。

これを、艶やかさにかまけてと捉えるのには、語弊があります。

その様相・雰囲気としても、服従の意に於いて失礼のない装飾にしなくてはなりません。

「従属」

従属する様子に、腹心はありません。

従属する様子というのは、とても優れているものになります。

これは、完全服従として無機的な様相になるというのではありません。

従属するという事には、仕えるという本源があるのです。

つまり、その姿位には愛情としての阿諛追従があります。

「愛情」

愛情の表現を上へ向けるのは、阿諛追従の姿になります。

愛情の表現を表するのに、その阿諛追従の姿があります。

ただ褒めるという事に関しても、人は打算的になりがちなのです。

つまり、リターンを期待してという世界があります。

それは、阿諛追従とはいいません。

つまり、そのリターンに関して無垢潔白に純正に対応しなくてはならないのです。

icon まとめ

阿諛追従では、その無垢潔白さが評価されます。

その点での壮麗な様相を阿諛追従の姿とされます。