意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「耳に入れる」の意味・読み方・言い換え【使い方や例文】

耳に入れる内容は、重要情報とされます。

ですので、情報漏えいの内容に留意しなくてはなりません。

信頼のおける人物は少ないのです。

ですから、耳に入れる前の査定が必要です。

耳に入れる

Meaning-Book
「耳に入れる」の意味・読み方・言い換え【使い方や例文】>


目次

  • 「耳に入れる」の意味とは?
  • 「耳に入れる」の読み方
  • 「耳に入れる」の言い換え
  • 「耳に入れる」を使った例文や短文・解釈
  • 「耳に入れる」の英語
  • 「耳に入れる」の敬語


「耳に入れる」の意味とは?

耳に入れるの意は、重要な話を、抜き打ちで差し入れる事になります。

これは、重要な意味を含めた言葉を、そっとささやくものです。

つまり、お耳に入れたい話があるのですがと持ち寄れば、それは、重要情報となり、電話連絡より、秘密事項の内容となります。

それは、側近といえども、腹心の無い事が良識とされ、上司にとって利益となりますという話が良いでしょう。



「耳に入れる」の読み方

耳に入れるの読み方は「みみにいれる」になります。

耳に入れるでは、その重要情報がどう展開されるのか、事前に予測事項を立てて計略しておくことが重要になり、その波及効果についても、超信頼を置くことの出来る、有能な上司でなくてはなりません。

会社組織では、同族経営や同族管理というのは、禁止されていますが、ある種の良い営業の話であれば、上司を立てる意味において、部下が親戚であるほうが良いでしょう。

「耳に入れる」の言い換え

耳に入れるの言い換えとして、上司を敬う意味であれば良いのです。

そしてそれが不正経理に値することでなければ、まことに良好となります。

これは、不正を取締り、悪を処断する際に、耳打ちする事として優秀です。

これは、一挙に行動を掲げる社の理念に照らし合わせても、良好とされるたぐいの話でなくてはなりません。

耳打ちするというのは、会社組織を軌道に載せましょうという、上司への提言なのです。



「耳に入れる」を使った例文や短文・解釈

耳に入れるを使用した例文では、耳に入れる情報が拡散しないクラスの、信頼のおける上司を探すことから始めなくてはなりません。

部下である内は、慣れてくると、会社組織の人柄の選定ができますので、馬鹿な者には一切不明とするのが良識になります。

つまり、解る人だけで、会社組織内部の営業を執り行いましょうという、良い意味での談合です。

そして、その話に賄賂なし、コンプライアンス違反なしであれば、すぐに上の方まで話は通じます。

  • 例文1
  • 例文2
  • 例文3

例文1

お耳に入れる話は、黙秘されますか。

お耳に入れる話の前に、相手の確認が必要です。

しっかりと目を見て、この人は不正を働かないか、診断し、判断してください。

ただし、その情報が拡散しないように、耳に入れる情報はあえて真実を隠すのです。

これは、そのキーワードで回らない様にするための、得策です。

これで、両者の間で、暗黙知が広がります。

悪を処断するには、そうやって徒党を組むのです。

例文2

耳に入れる情報は特級なので、機密事項に値します。

耳に入れる情報は特級なので、機密事項になるというのは常識になります。

そして、その裏打ち合わせというのは、その都度どれくらい公表すべきか、ミーティングのサイドで連絡が入ります。

悪質な敵方を、一網打尽にするには、こうやって相手の不意を打たなくてはなりません。

ただし、直な表現は控え、一挙に前へ出る戦術にすれば、敵方をはぐって、本陣に入り込めます。

例文3

耳に入れる情報は、莫大な利益をもたらすでしょう。

耳に入れる情報として、やはり金額が絡むのは、拡散による弊害を懸念するところになります。

ですので、隠されていることが拡散しても良いように、れっきとして、法令遵守を心がけましょう。

敵方は、その悪意が法律違反なのを知っています。

ですので、その情報戦が公開されるときには、法律を味方につければ良いのです。

「耳に入れる」の英語

耳に入れる meaning in english

耳に入れるの英語としては、“tell him“です。

「耳に入れる」の敬語

耳に入れるの敬語は、お耳にはさみたい事があるのですがと続けます。

そして、法律を違反している者共を一掃する良い手段があるのです。

ご迷惑はおかけしませんとするのが良識とされ、良い判断項目の一つになります。

その際、耳打ちの内容が犯罪であれば、必ず露呈します。

ですので、正当に会社組織を営業できる人員のみで構成するものを、お耳にはさみたい内容がありますとします。

icon まとめ

耳に入れるという情報は、黙秘事項になります。

そして、それが共益と慣れば一番いいのです。

判断すべき内容は、それが窃盗ではなく、会社の共同利益に繋がる事です。

そして、法令違反の輩を一網打尽にするために、事前に耳に入れる事項で、共同で対処します。