意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「憂い」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

「憂い」の意味や類語を紹介します。

さらに「憂い」の使い方や、「憂い」を使った例文を紹介します。

Meaning-Book
「憂い」の意味・読み方・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「憂い」の意味とは?
  • 「憂い」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「憂い」の言葉の使い方
  • 「憂い」を使った例文
  • 「憂い」を使った言葉と意味を解釈


「憂い」の意味とは?

みなさんは「憂い」という言葉を知っているでしょうか。

小説などを読む習慣がある人なら、「憂い」という言葉の意味を知っていると思います。

一方で、あまり活字を見る習慣が無い人は、「憂い」という言葉にぴんとこないかもしれません。

しかし、「憂い」という言葉には、人が生きて行く上で感じる、大切な感情が含まれています。

言葉の意味を知る事で、心の中の様子が、今まで以上に分かるようになるかもしれません。

そこで「憂い」の読み方と意味を紹介します。

  • 「憂い」の読み方
  • 「憂い」の意味

「憂い」の読み方

「憂い」「うれい」と読みます。

「ゆうい」などと読み間違えないように気を付けましょう。

「憂い」の意味

「憂い」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「憂い」には、「心配」という意味があります。

例えば「憂いを抱く」というフレーズがありますが、「心配をする」という意味になります。

「心配」という言葉を頻繁に使う機会がある人は、ぜひ「憂い」という言葉を知り、状況に応じて使い分けて欲しいと思います。



「憂い」の類語や言い換え・似た言葉

「憂い」の類語や、言い換えができるような似た意味の言葉を紹介します。

どのような言葉と、「憂い」という言葉は似ているのかを知ると、「憂い」の意味がより深く理解できると思います。

  • 「気にする」
  • 「心痛」
  • 「気苦労」
  • 「案じる」

「気にする」

「気にする」という言葉は、「憂い」に似た意味を持つ言葉です。

「気にする」は、「心に掛けて、心配する」という意味があります。

例えば「人の視線を気にする」という場合は、人が自分をどう見ているのかが気になり、さらに心配しているという意味になります。

みなさんの中にも、何でも「気にする」タイプの人がいるかもしれません。

「心痛」

「心痛」は心が痛いと書きます。

「心痛」の意味は、気の毒に思って心を痛める事を言います。

例えば、「子供の安否が気になり、『心痛』のあまり、病に伏せる」という文書があります。

親は子供が元気にしていても心配なくらいですから、安否が気になる状況では、病に伏せてしまうくらい心を痛めるかもしれません。

「憂い」を常に持っている人の中には、「心痛」まで発展するケースがあるかもしれません。

「気苦労」

「気苦労」と言う言い回しも、良く使われます。

「気苦労」には、「気兼ねや、心配、気持ちの上での負担」などの意味があります。

「気苦労が絶えない」という言葉は、頻繁に使用される定型句です。

何かと「憂い」を持ってしまうタイプの人は、気にしない人なら何とも思わないようなシーンでも心配し、結果的に「気苦労」が絶えません。

少し気持ちをリラックスし、雑な感じで物事に接すると、「気苦労」が減るかもしれません。

「案じる」

「案じる」「憂い」と似た意味を持つ言葉です。

「案じる」には、「気に掛けて心配する」という意味があります。

「彼女の身の上を『案じる』」などという言い回しをします。

気に掛けるだけでなく心配をするのですから、遠くで暮らす事になる、危険なエリアで暮らす事になるなど、心配する要素がどこかにあるのかもしれません。

また気にしやすい性格の人や、「憂い」やすいタイプの人は、「案じる」機会が多くなりそうです。

「憂い」の言葉の使い方

「憂い」という言葉をどのような場面で使えばいいでしょうか。

「憂い」には「心配」という意味がありますから、誰かを心配したり、誰かが心配している様子に気が付いた時に使ってみましょう。

また単純に「心配」という言葉を使う場面で、「憂い」に言い換えるのもおすすめです。

ボキャブラリーが豊富になり、知的な印象を与える事ができそうです。

例えば、「大学受験を控えた弟の事が心配だ」という場合は、「心配」「憂い」という言葉に交換して、微調整をして文章にしてみましょう。

「大学受験を控えた弟を『憂う』」という文章にする事ができます。

また「明日は雨の心配がある」という文章は、「明日は雨の『憂い』がある」とそのまま言い換える事ができます。

このように「憂い」「心配」と交換できることを知ると、ルールが分かりやすくなると思います。



「憂い」を使った例文

続いて「憂い」を使った例文を紹介します。

様々な場面における、「憂い」を使った例文を見る事で、「憂い」の使い方のコツを知りましょう。

  • 例文1
  • 例文2

例文1

ビジネスシーンにおける、「憂い」を使った例文を紹介します。

「本当に、このプロジェクトが成功するのだろうか。資料を見るほど『憂い』を抱いてしまう。絶対に失敗は許されないからなおさらだ」

ビジネスシーンでは、所属する会社や部署の将来を左右するような計画に参加する機会があります。

そのような大きなプロジェクトは、成功させるために慎重な準備が必要になります。

そのため何度資料を見ても、誰かの説明を聞いても心配は尽きません。

そのような気持ちを「憂い」という言葉で的確に表現する事ができます。

例文2

日常的な場面における、「憂い」を使った例文を紹介します。

「両親が『憂い』を帯びた表情をしている。妹が大学進学のために上京するのだが、危なっかしくて心配なのだろう。せめてしっかりものの弟が上京するなら別なのだが」

上記の例文のように「憂い」には、「憂いを帯びた」という定型句のような使い方があります。

「心配な」という意味の言葉です。

子供が東京で一人暮らしをするとなると、都会になじめるか、悪い友達ができないか、病気にならないかなど、たくさんの「心配ポイント」があります。

ましてや女の子だと、暴漢に狙われないか、悪い男に引っかからないかなど、さらに心配なポイントが増えてしまいます。

まさに「憂い」という言葉を使うのにピッタリの状況と言えるでしょう。

「憂い」を使った言葉と意味を解釈

最後に「憂い」を使った言葉と、その意味を解釈していきます。

「憂い」を使った定型句と言えるような言葉を知ると、会話をする時や、文章に「憂い」を入れる時に便利です。

  • 「憂いなし」
  • 「憂いごと」

「憂いなし」

「憂いなし」という言い回しは、定型句のように良く使うフレーズです。

「憂いなし」には「心配ない」という意味があります。

そこで「心配ない」という言葉の代わりに、「憂いなし」という言葉を使ってみましょう。

「大丈夫、彼は元気で健康だから、今度の海外旅行に『憂いなし』だ」というような使い方をします。

「心配がない」という事を、誰かに伝えたい時に便利です。

「憂いごと」

「憂いごと」という言い回しも良く使います。

「憂いごと」「心配事」という意味ですから、使い方も簡単に理解する事ができるはずです。

「胸の中にある『憂いごと』がきれいになくなる日がきますように」とか、「あなたの『憂いごと』は、妄想に過ぎない」などという文章を作る事ができます。

「心配事」でも意味が通じますが、「憂いごと」の方が、より美しい文章になるかもしれません。

icon まとめ

「憂い」という言葉の意味や使い方を見てきました。

「憂い」「心配」と置き換える事ができますので、使い方のルールが簡単です。

これからボキャブラリーを増やしていきたい人にも、おすすめの言葉と言えます。

また「憂い」という感情を知ると、心の痛みが分かるようになるかもしれません。

心を豊かにする意味でも、「憂い」という言葉を知る事に意味があるかもしれません。