意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「憂いを断つ」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

「憂いを断つ」とは、心配事(気がかりなこと)や不安の原因を断ち切るということです。

「憂いを断つ」「意味・類語・言い換え・使い方・例文と解釈・英語・後顧の憂いの意味」などについて、詳しく説明していきます。

憂いを断つ

Meaning-Book
「憂いを断つ」の意味・読み方・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「憂いを断つ」の意味とは?
  • 「憂いを断つ」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「憂いを断つ」の言葉の使い方
  • 「憂いを断つ」を使った例文や短文(解釈)
  • 「憂いを断つ」の英語
  • 「憂いを断つ」を分解して解釈
  • 「後顧の憂い」の意味


「憂いを断つ」の意味とは?

「憂いを断つ」の意味は、「心配事(気がかりなこと)を無くすこと」「不安の原因を断ち切ること」「憂鬱で晴れない気分を改善すること」になります。

「憂いを断つ」とは、これから先に予測される悪い事態・出来事に対する心配や不安、気がかりを断ち切ることを意味しています。

将来の悪い事態や嫌な出来事に対する心配・不安を断ち切ることで、陰鬱・陰気な気分を晴れやかなものにすることができます。

「憂いを断つ」という言葉には、「陰鬱・陰気な気分(悲哀・嘆きの気分)を無くすこと」「辛気臭い気分(陰鬱な雰囲気)を改善すること」といった意味合いもあります。

「憂いを断つ」は、「心配・不安・気がかり・陰鬱やその原因」を無くして意志や気分を改善することなのです。

  • 「憂いを断つ」の読み方

「憂いを断つ」の読み方

「憂いを断つ」の読み方は、「うれいをたつ」になります。



「憂いを断つ」の類語や言い換え・似た言葉

「憂いを断つ」の類語や言い換え・似た言葉には、どのようなものがあるのでしょうか?「憂いを断つ」の類語・言い換え・似た言葉について、分かりやすく解説していきます。

  • 「心配事を無くす・気がかりな事を無くす」
  • 「不安の原因を断ち切る」
  • 「陰気(陰鬱)の原因を無くす」

「心配事を無くす・気がかりな事を無くす」

「憂いを断つ」の類語・言い換えとして、「心配事を無くす・気がかりな事を無くす」があります。

「憂いを断つ」とは、これから先に起こりそうな不幸や悪いことを心配している心理状態を抜け出すことを意味しています。

「心配事・気がかりな事」に振り回されないすっきりした心理状態になることが、「憂いを断つ」ということなのです。

そのことから、「憂いを断つ」の類語として「心配事を無くす・気がかりな事を無くす」を指摘することができます。

「不安の原因を断ち切る」

「憂いを断つ」の類語・似た言葉として、「不安の原因を断ち切る」があります。

「憂いを断つ」とは、不安になっている心理状態の根本にある原因を無くすこと(忘れること)であり、不安を無くして晴れやかな気持ちになることです。

そのことから、「憂いを断つ」に似た言葉として、「不安の原因を断ち切る」を上げることができます。

「陰気(陰鬱)の原因を無くす」

「憂いを断つ」の類語・言い換えとして、「陰気(陰鬱)の原因を無くす」があります。

「憂いを断つ」とは、心配事や気がかりな事の原因を断ち切ること(忘れること)によって、陰気な気分(陰鬱な気分)を改善することも意味しています。

その意味から、「憂いを断つ」の言い換えとして、「陰気(陰鬱)の原因を無くす」を上げることができるのです。

「陰気さ・陰鬱な気分」を改善してすっきりした心理状態で物事に向かうというニュアンスが、「憂いを断つ」という言葉にはあります。

「憂いを断つ」の言葉の使い方

「憂いを断つ」の言葉の使い方は、現在や将来(過去)に対して何らかの不安・心配などがあって、その不安や心配を様々な手段で無くそうとする時に使うというものです。

「憂いを断つ」という言葉は、「過去の苦悩・現在の心配・将来の不安」の原因となっているものを断ち切ったり忘れたりすることで、自分自身の心理状態をポジティブなものへと改善する時に使用することができます。

例えば、「能力不足の憂いを断つためには必死に努力するしかない」などの文章で使うことができます。



「憂いを断つ」を使った例文や短文(解釈)

「憂いを断つ」を使った例文・短文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 例文1
  • 例文2
  • 例文3

例文1

将来に対する憂いを断つことができずに、私は現状維持で同じ地点に留まっていた。

この例文における「憂いを断つ」は、「将来に起こるかもしれない不幸なことや嫌な出来事に関する心配事を断ち切る」という意味合いで使われています。

将来の憂いを断つことができれば、現状から一歩、前進することができるのです。

例文2

過去の憂いを断って未来へと突き進むために必要なものは、ただ勇気と決断力だけである。

この例文における「憂いを断つ」は、「過去の傷つき(トラウマ)や不幸に対する執着を断ち切る」という意味合いで使われています。

過去の不幸や嫌なことにまつわる憂いを断つために必要なものとして、「勇気+決断力」を上げているのです。

例文3

彼女との恋愛関係にまつわる憂いを断つことさえできれば、私は自分のやるべき仕事に集中できる。

この例文における「憂いを断つ」は、「彼女との恋愛関係に関連する悩み事(不安な事)を断ち切る」という意味合いで使われています。

彼女との恋愛関係が順調にいっていなくて、これから先の彼女との関係について悩んでばかりいるので、自分がやるべき仕事に専念することができずにいるのです。

この例文は、彼女との恋愛についての憂いを断つことさえできれば、自分が本来やるべき仕事・職務(責務)に再び集中することができるということを意味しています。

「憂いを断つ」の英語

憂いを断つ meaning in english

「憂いを断つ」の英語は直接的に、“sever the sorrow”“get rid of worry”“eliminate anxiety”“relieve(remove) the anxiety”などになります。

“I relieved(removed) the anxiety. ”(私は憂いを断った。)

“It is very important to eliminate the worry(anxiety, fear, sorrow). ”(憂いを断つことは、とても重要なことです。)

「憂いを断つ」の関連語である「後顧の憂い」を英語で表現すると、“family cares”“solicitous about one's home”になります。

以下の英文はいずれも、「私には後顧の憂いがあります」という意味になります。

“I have family cares. ”

“I am solicitous about my home. ”

「憂いを断つ」を分解して解釈

「憂いを断つ」という言葉を「憂い」「断つ」に分解して、その意味を分かりやすく解釈していきます。

  • 「憂い」
  • 「断つ」

「憂い」

「憂い」というのは、「現時点から予測される悪い事態や不幸な出来事に対する不安・心配・気がかり」のことを意味しています。

「憂い」という漢字は、「憂鬱(ゆううつ)・憂愁(ゆうしゅう)」などに使われているように、基本的に「気分が晴れないこと・不安や心配、落ち込みがあること」を意味しています。

「憂い」という言葉の意味は、「予測(想像)できる悪い出来事に対する不安・心配・気がかり・気遣い」ということになります。

「断つ」

「断つ」という言葉の意味は、「断ち切ること・切り離すこと」「続いていた関わり(縁)を無くすこと・関係を終わらせること」「終わらせること・尽きさせること」「道(回路)をつながらなくすること」になります。

「憂いを断つ」という言葉は、「予測・想像できる悪い出来事に対する不安や心配、気がかりを無くすこと」「憂うこと(心配すること)をやめること」を意味しているのです。

「後顧の憂い」の意味

「後顧の憂い(こうこのうれい)」の意味は、「後に残っている気がかり・気遣い」「後々にまで続く心配・不安」「後日の心配事」になります。

「後顧の憂い」「後顧」という言葉は、「後から顧みること・後になって振り返ってみること」を意味しています。

「後顧の憂い」というのは、「後(後日)になって振り返ってみて心配なこと・不安なこと」を意味しているのです。

現在の時点で完全に問題(不安)の原因を解決しきっていなくて、不安なことや気がかりなことがまだ残っている時に「後顧の憂い」という言葉を使います。

icon まとめ

「憂いを断つ」という言葉について徹底的に解説しましたが、憂いを断つには「心配事を無くすこと」「不安の原因を断ち切ること」「陰鬱・陰気な気分を改善すること」などの意味があります。

「憂いを断つ」の類語・言い換え・似た言葉としては「心配事を無くす・気がかりな事を無くす」「不安の原因を断ち切る」「陰気(陰鬱)の原因を無くす」などがあります。

「憂いを断つ」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。