意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「助け合い」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

「助け合い」の意味や類語を紹介します。

さらに「助け合い」の使い方や、「助け合い」を使った例文を紹介して行きます。

助け合い

Meaning-Book
「助け合い」の意味・読み方・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「助け合い」の意味とは?
  • 「助け合い」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「助け合い」の言葉の使い方
  • 「助け合い」を使った例文
  • 「助け合い」を使った言葉と意味を解釈


「助け合い」の意味とは?

「助け合い」という言葉を知っているでしょうか。

年末になると耳にする「歳末助け合い運動」という言葉を通じて、「助け合い」という言葉を知っているという人もいるかもしれません。

一方で、「助け合い」という言葉を、今回初めて知ったという人もいるでしょう。

しかし「助け合い」という言葉の意味は知らなくても、「助け合い」そのものは、みなさんの周辺で普通に起きている事です。

そこで「助け合い」という言葉の読み方と、意味を紹介します。

  • 「助け合い」の読み方
  • 「助け合い」の意味

「助け合い」の読み方

「助け合い」「たすけあい」と読みます。

特に難しい漢字は使われていませんので、読み間違える事もないでしょう。

これを機会に「助け合い」「たすけあい」と読む事を、確かめておきましょう。

「助け合い」の意味

「助け合い」には、どのような意味があるでしょうか。

「助け合い」には「助け合う事」という意味があります。

また「助け合う」という言葉には、お互いが力を貸し合うという意味があります。

例えば昔の日本家屋では、定期的に茅葺屋根をふき替える必要がありました。

そこで誰かが屋根をふき替える時は、力を貸し合って作業します。

一人では難しいふき替えも、村中で協力すればすぐに終わります。

このように、お互いが力を貸し合う事を「助け合い」と呼びます。

みんながばらばらに行動するよりも、お互いが助け合った方が豊かな暮らしができるため、日本には「助け合い」の風習があります。



「助け合い」の類語や言い換え・似た言葉

「助け合い」の類語や、言い換えられる似た意味の言葉を紹介します。

「助け合い」という言葉と言い換えらえる言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「困った時はお互い様」
  • 「ギブアンドテイク」
  • 「手と手を取り合う」

「困った時はお互い様」

「困った時はお互い様」という言葉があります。

先ほどの藁ぶき屋根の例のように、困った時に助け合うのは当然だという意味があります。

また藁ぶき屋根をふく順番が定期的に回ってくるように、みんなが順番に困った事態に陥るのだから、気にせずに頼りにしていいのだというメッセージも込められています。

村社会のように、小さなコミュニティで協力し合うのが当たり前だった時代は、このような言葉に存在感がありました。

しかし、現在のように核家族化が進んだ世の中では、「困った時はお互い様」という言葉がしっくりこないと感じる人もいるでしょう。

「ギブアンドテイク」

「ギブアンドテイク」というカタカナ語も、「助け合い」に似た意味を持つ言葉です。

「ギブアンドテイク」には、「相手に利益を与えて、自分も相手から利益を得る事」という意味があります。

まさに「助け合い」の精神を、分かりやすい言葉にした言葉ではないでしょうか。

「助け合い」「困った時はお互い様」という言葉は、どちらかといえば「善意」によるものというイメージがありますが、「ギブアンドテイク」はもっと実利的でドライな印象があります。

「手と手を取り合う」

「手と手を取り合う」という言い回しもあります。

「手と手を取り合う」には、「協力する」「助け合う」という意味があり、「助け合い」と似た意味を持つ言葉です。

夫婦や共同体のメンバーなどは、「手と手を取り合い」、困った時を支え合う必要があるかもしれません。

「助け合い」の言葉の使い方

「助け合い」という言葉は、どのような場面で使えばいいでしょうか。

「助け合い」には、「助け合う事」「お互いが力を貸し合う事」という意味があります。

そのような場面が訪れた時に、「助け合い」という言葉を使ってみましょう。

ビジネスシーンでは、大変な仕事を誰かが任された時、同じ部内の社員同士で力を貸し合う必要が出るかもしれません。

次に自分に大変な仕事を任された時に、力を貸してもらうためにも、進んで協力する必要がありそうです。

プライベートでも、大掃除の時などは、「助け合い」の必要が出ます。

重いものを男性が力を合わせて運んだり、車を運転できる人は掃除道具を買い出しに行く、繊細な作業ができる女性が、洗剤を使い分けながらひどい汚れを落とすなど、役割分担をする事が「助け合い」につながるケースもあります。

このように力を貸し合う必要がある時に「助け合い」という言葉を使ってみましょう。



「助け合い」を使った例文

「助け合い」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における、「助け合い」という言葉を使った文章を見る事で、「助け合い」と言う言葉の使い方が、より鮮明になるかもしれません。

  • 例文1
  • 例文2

例文1

ビジネスシーンにおける、「助け合い」を使った例文を紹介します。 「A君は、納期が迫っているのに、一向に仕事が終わらない事に焦っていた。すると帰ったはずの同僚が、差し入れを手に職場に戻ってきた。『手伝うよ』と言ってくれた彼らとともに、朝まで仕事をして無事に納期に間に合わせる事ができた。A君はこの時『助け合い』の大切さを知った」

終わらないと思えるような量の仕事でも、職場のみんなで協力すれば終わらせる事ができます。

またひとりで孤独に作業するより、大勢で作業した方が精神的にも楽です。

こうして「助け合い」の大切さを知り、次回誰かが困っている時に、率先して力を貸す事ができるようになります。

この例文は「助け合い」の大切さが分かりやすく表現されています。

例文2

日常的な場面における、「助け合い」を使った例文を紹介します。

「重い荷物を持っている高齢者が、階段の前で茫然としていた。私は『助け合い』の心を発揮して、荷物を代わりに持ち階段を上った。後ろを振り向くと、若い女性が高齢者の手を持ち、サポートをしながら階段を上っているのが見えた」

誰もが年を取り、重い荷物を持つのが大変になり、階段を上るに苦労するようになります。

その事が分かっていれば、率先して高齢者に力を貸す事ができるはずです。

この例文の中に登場する人たちは、「助け合い」という言葉の意味を理解した人たちです。

「助け合い」を使った言葉と意味を解釈

最後に「助け合い」を使った言葉を紹介し、その意味を解釈して行きます。

定型句化された良く使うフレーズを知る事で、「助け合い」という言葉をより使いやすくなるでしょう。

  • 「助け合いの心」
  • 「助け合いの精神」

「助け合いの心」

「助け合いの心」という言葉があります。

学校や会社の朝礼などで、耳にする言葉かもしれません。

「助け合いの心」には「お互いを支え合う心を持つ事」という意味があり、その大切さを説く時に使う言葉です。

心に余裕がある時は、「助け合いの心」を持つ事は当たり前と感じられますが、余裕がない時はそのように思う事ができません。

あえて「助け合いの心」と口に出してアピールするのは、大切でありながら忘れやすい心がけだからかもしれません。

「助け合いの精神」

「助け合いの精神」も定型句のように、良く使う言葉です。

「助け合いの心」と同じ意味で、よりフォーマルな印象にした言葉です。

社内報などに活字として掲載する時などに、「助け合いの精神」というフレーズを使う事があります。

icon まとめ

「助け合い」という言葉の意味や使い方を見てきました。

「助け合い」は簡単な言葉だけで作られた、分かりやすい言葉ですが、大切なメッセージが込められています。

みなさんも余裕がある時は、「助け合い」の精神を発揮して、困っている人に力を貸してあげましょう。