意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「すべからく」の意味・類語・対義語【使い方や例文】

就職して社会人になると、学生時代ではあまり使うことがなかった用語を、会話の中で使うことが頻繁に出てくると思います。

学生の時にかなり言葉の勉強をした人でも、ビジネス業界に身を置いてから、それまで実際に触れることがなかった言葉を実際に聞いてみたり、自ら使うこともあります。

その中で、1度は耳にしたことがあるのが「すべからく」という言葉かもしれまません。

この言葉の意味を感覚的に理解しているつもりでも、正確に分かって説明することができるでしょうか?

しかし、この「すべからく」このという言葉は、結構誤った使い方をしてしまう言葉でもあるのです。

すべからく

Meaning-Book
「すべからく」の意味・類語・対義語【使い方や例文】>


目次

  • 「すべからく」の意味とは?
  • 「すべからく」の類語
  • 「すべからく」の言葉の使い方
  • 「すべからく」を使った例文・短文(解釈)
  • 「すべからく」の英語
  • 「すべからく」の誤用
  • 「すべからく」の誤用の理由
  • 「すべからく」は「すべき」や「すべし」と使う


「すべからく」の意味とは?

「今日起こった業務は、すべからく報告するべきだ」

「取引先の打ち合わせで課題になったことは、すべからく相談する必要がある」

社会人になると、このように「すべからく」という言葉を見聞きする場面が増えてきます。

この「すべからく」という表現は、「当然なすべきこととして」「本来ならば」「是非ともやらなければならない」「当然の」といった意味があります。



「すべからく」の類語

「当然なすべきこととして」という意味を持つ「すべからく」は、他に次のような言葉で置き換えることができます。

後の項目で説明しますが、「すべからく」は誤用しやすい表現でもあるので、 似たような意味を持つ類義語で言い換えることで、その誤用を防止することもできるので、チェックしておきたいポイントです。

  • 「当然」
  • 「是非(ぜひ)」
  • 「必ず」

「当然」

「当然」とは、「述べようとする事柄が誰が考えてもそうであるはずだ」ということを表現したい時に使う語句です。

簡単に言うと、「当たり前」ということになるのですが、この言葉に置き換えることで、「すべからく」の誤りを発見することが可能です。

「是非(ぜひ)」

「是非」には、2つの意味があり、1つには、「良い(=是)ことと悪い(=非)こと」「道理のありなし」という意味で「是非もない」=「しかたがない」という表現で使われることがあります。

いわば、「良し悪しを判断したり、批評する」という意味合いがあります。

しかし、「すべからく」の同義語としては、「どうあっても」「心を込めて」という2つ目の意味で解釈することができるのです。

「どんなことがあっても、しっかり乗り越えて行こうとする姿勢」「強く願う様子」のことです。

ここでは、「自分の心にある意気込み」や、「相手に対する強い願い」を表現して、文章を強調するための「副詞」としての役割も持っています。

「必ず」

「必ず」「すべからく」の類義語の1つで、「例外など1つも起こらずに」「間違いなく」「確かに」という意味があります。

「すべからく」の言葉の使い方

「すべからく」の使い方においては、語尾に「べし」と合わせて使う場合が多くなります。



「すべからく」を使った例文・短文(解釈)

では、ここで「すべからく」を使った例文を見ていくことで、どのような場面で使われるかを理解していきましょう。

  • 「すべからく」の例文1
  • 「すべからく」の例文2
  • 「すべからく」の例文3

「すべからく」の例文1

「上司への報告は、デイリーにすべからく行う必要がある」

仕事をしていると、些細なことでも上司に報告する義務があります。

いわゆる業務日報というものですが、この時の内容は、「上司に必ず、毎日、報告しなければならない」ということになります。

「すべからく」の例文2

「この問題はすべからく解決すべし」

この特に「すべからく〜すべし」という形態を取っていますが、意味としては「この問題は是非とも解決するべきだ」ということになります。

ビジネスを円滑に進めていくためには、色々な問題・課題をキチンと確実に1つ1つ解決していくことが大切です。

したがって、このようなことが社会人、ビジネスマンとしては、当然の考え・行動になります。

「すべからく」の例文3

「企業の人材育成では、すべからく研修制度を導入するべきだ」

この例文の意味は、「企業の人材育成では、絶対に研修制度を導入する必要がある」 ということになりますが、企業に置いて、人材育成も企業発展のためには必要不可欠なことです。

また、入社数年経過しても、ステップ毎のフォローアップ研修、昇進・昇格研修にも重点を置いている企業が増えていることが、人材を貴重な戦力として企業が認識している証拠でもあります。

「すべからく」の英語

すべからく meaning in english

「すべからく」の英語は、“essential”という語句が当てはまりますが、状況や文章の内容によっても異なってくる場合があります。

一般的には、“essential”(必須の)のパターンで、“It is essential to do”を先頭に持ってきて文章を作るケースです。

その他にも、“should do”“ought to do”「すべからく」に近い意味合いがあります。

「すべからく」の誤用

では、「すべからく」が誤用することについて見ていきますは、は、「すべからく」「全て」という意味で)誤った理解をしているケースが増えています。

「学生はすべからく勉学に励むべき」という例文だと、「当然、是非、勉学に励むべき」と正しく解釈するのではなく、「全て勉学に励むべき」と誤った理解をしてしまう人が少なくないのです。

「すべからく」の誤用の理由

では、どうして「すべからく」「全て」という意味で誤って使ってしまうのでしょうか?

それは「すべからく」「すべ」「全て」と思い込んでしまうことがあります。

また、最近は、口語的表現で「すべからく〜べし」という元来の使い方がされなくなってきたことも理由の1つに挙げられます。

しかも、「当然〜すべきだ」という意味で使われている文章を、「全て」にしても文章として意味が通じることもあるので、この点からも間違った使い方になると考えられます。

「すべからく」は、前述のようなことから、誤りやすい言葉の1つでもありますが、間違わないコツをマスターすることで、スムーズに正しく用いることができます。

「すべからく」は「すべき」や「すべし」と使う

「すべからく」で始まった文の末尾は「べし」「すべき」といった言葉が続くことが多い形態になりますが、「すべからく」は元々、漢文の訓読に由来しています。

「当然のこととして〜すべきだ」という意味になり、漢字では「須く」と書きます。

この「すべからく」は、「当然のこととして、何かをすべきである」「しかるべく、何かをする必要がある」といったようなニュアンスの文章で使われることが多い表現です。

そのために文章の最後部分に「すべき」「すべし」あるいは、文章の流れによっては「必要である」という言葉を置く文章構成にすることもあり得るのです。

特にビジネスシーンでは、課題定義やプレゼンテーション、仕事の振り返りのシーンなどでも、「すべきだ」「すべし」というキーワ-ドがよく登場してくるので、自然に理解することができるかもしれません。

icon まとめ

「すべからく」を使うと、「当然」「全て」の両方の意味で受け取られる可能性があり、いらぬ混乱を生じる場合があります。

全ての人に確実に伝えたい場合は、類義語に置き換えることで、誤用を防ぐようにしましょう。

正しい意味を理解して、しっかりと相手に伝わる表現を心がけることもビジネスコミュニーションの重要な役割でもあるからです、 最近は、インターネットの普及とともに、情報の伝達が速くなってきましたので、できるだけ平素で分かりやすい言葉で、相手に伝えることも重要なポイントとなっています。

したがって、誤りやすい、誤解されやすい表現は、正確に伝えることができるか、代用できる言葉があるかと考えて使うことです。