意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「とち狂う」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

とち狂うという状態があります。

自分は大丈夫と思っていても、客観的に自己認識をすれば、多少なりとも人それぞれに、とち狂う部分があったりします。

とち狂う

Meaning-Book
「とち狂う」の意味・読み方・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「とち狂う」の意味とは?
  • 「とち狂う」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「とち狂う」の言葉の使い方
  • 「とち狂う」を使った例文や短文・解釈
  • 「とち狂う」の英語
  • 「とち狂う」の「とち」の意味
  • 「とち狂う」の狂い方
  • 「とち狂う」の正常性


「とち狂う」の意味とは?

とち狂うの意は、間違った判断をするの内容です。

間違った判断をするというのは、本人が正気でないイメージをもつと解りやすいでしょう。

正気でない状態というのは、なにかアルコールで錯乱している様子なのか、怒り心頭で理性を失った状態だと思われます。

理性を失った状態で、その作用が他者から判断しづらい状態を、とち狂った状態にあると表現します。

  • 「とち狂う」の読み方

「とち狂う」の読み方

とち狂うの読み方はとちくるうになります。

とち狂うでは、その狂っている様子が異様だとして、その表現方式があり、とち狂う状態が、異常だとする見解が一般的なイメージになります。

このイメージングは、酒によって、自意識を失っているような状態であり、まさかその状態で仕事をしていないかと危ぶむようなシーンになります。



「とち狂う」の類語や言い換え・似た言葉

とち狂うの類語として、怒り狂ったや、履き違えたという用語があります。

これらは、土地狂った人への表現でもありますので、何を履き違えたのか、とち狂いおってとなるような表現です。

とち狂うの意味に関しては、とちったとする間違ったという表現も方方でありますので、その造語用言とすべきです。

「とち狂う」の言葉の使い方

とち狂うの言葉の使用法は、とち狂う状態を表現する正常な精神の持ち主からが妥当になります。

つまり、とち狂った状態を揶揄したり、冷ややかな目線でそれを嘲笑するようなシーンが最適になります。

その使用法では、とち狂うまでの状態にだれが放置していたのかとするような、経過的な観察も面白いでしょう。

つまり、とち狂うまでは、正常だったはずとするのが、内容する表現としては、文学的になります。



「とち狂う」を使った例文や短文・解釈

とち狂うの言葉は、その用法が、嘲りのようなものにならない方が、よりコミカルに描けます。

つまり、とち狂う状態が滑稽であると、半ば距離をおいて考察している様相が趣を呈します。

識者が真眼を保有していて、その皆が気づかないような当人を、とち狂った状態であると、示唆するのが、有識者の力量になります。

そして、そのとち狂った状態から、さらに悪化して、公衆にそれが露呈する瞬間は、確かに新聞沙汰になるはなしなのです。

  • 例文1
  • 例文2
  • 例文3

例文1

とち狂う状態を、表現するのであれば、一種異様な惨状でした。

とち狂っているその劇場は、いわば賛嘆の域を超えていましたというような、実際は良い表現となるような様を、とち狂うと逆に表現するとおもしろいものです。

他には、とち狂ったように勉強していたら、大学入学を通過してしまいましたとする、いわば、逆の褒め言葉としても流用できるでしょう。

例文2

トチ狂っていると評価したのは、最初の発言ですが、時期に具体化していきました。

トチ狂っている状態を、先見の明にて表現するのは、有る種、誰も気づいていないか、それを表現するのは誰しも控えていた事項になります。

これは、ただ愚言を乱用して、誹謗中傷しているのとは違います。

つまり、正常でない不正に対して、トチ狂ったことをしている当人は、いずれという表現に抑えておくようなタイプのはなしです。

結果は、先見の通りだと言うことです。

例文3

とち狂うよりは、正常に清涼飲料水を飲むほうがましです。

とち狂うより、正常な精神の状態を好むという世界はあります。

これは、アルコールを控えお茶で済ますようなもので、なれるとそれが結構な世界になります。

これらの、とち狂う状態というのは、酒のせいであるとも言えますが、実際本人の本性の中に荒れくれるなにかがあるのです。

それが放出しての事態、容態なのですが、それを控えるのは、本人の意志力になるでしょう。

「とち狂う」の英語

とち狂う meaning in english

とち狂うの英語は、“go crazy”です。

「とち狂う」の「とち」の意味

とち狂うのとちの意味は、果実を意味している古い用語もありますが、現代のスラングで使用できるような、とちると考えても問題はないです。

とちるでは、寝坊するという用語で、芸能の世界で古来よりある言葉になり、演劇の舞台に出遅れることを指します。

つまり、とちってしまえば、その後の仕事は一切なくなるという、厳しい芸能世界の用語です。

「とち狂う」の狂い方

とち狂った状態にもさまざまあります。

例えば、饒舌な人が、笑いをかもし出している場合、その笑わかせるという、話術にトチ狂った雰囲気があるとするのも、興味深い話です。

または、トチ狂ったように、買い占めた土地はあぶく銭になったという、金銭欲を戒める話でも良いでしょう。

そして、とち狂った状態が、半狂乱で、まともな恋愛に思えなかったとする、悲恋を諭す用語でもいいかもしれません。

「とち狂う」の正常性

とち狂うことを、指して、悪に対して、とち狂うように立ち向かったとする用法もあります。

つまり、犯罪一味に対して、猛然と立ち向かった様相が、どちらが暴力犯なのか、わからない位に打ちのめした様相の話です。

ただし、正義の方は、それを知っていますので、止めるように注意したところの話です。

見た目はどちらもとち狂っていますが、正義のほうからすれば、ちゃんとした言い訳があったりするものになります。

icon まとめ

とち狂うという状態は、避けたいものですが、一般生活においても、そのような状態は、見聞きする事があります。

子育て中の子供の癇癪に、さらに癇癪で返したとするお母さんは、はたから見ればとち狂っていたとする見方があります。

また、とち狂う状態に次第に信奉していくような、杯金主義の魔力もあるのです。

ですので、とち狂う世間の様相を、いわば斜めに見て、正常な生活を行わなくてはなりません。