意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「礼節」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

「礼節」の意味や類語を紹介します。

さらに「礼節」の使い方や、「礼節」を使った例文を紹介して行きます。

礼節

Meaning-Book
「礼節」の意味・読み方・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「礼節」の意味とは?
  • 「礼節」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「礼節」の言葉の使い方
  • 「礼節」を使った例文
  • 「礼節」を使った言葉


「礼節」の意味とは?

「礼節」という言葉を知っているでしょうか。

もしかしたら知らないという人の方が多いかもしれません。

「礼節」という文字から、何となく言葉の意味を探る事はできても、ハッキリとした意味が分からないという人が、大半かもしれません。

また学生や若い皆さんは、「礼節」という言葉を目にした事もないかもしれません。

しかし社会人にとって、「礼節」はとても大切な要素になります。

早い段階で「礼節」の意味や大切さを知って欲しいと思います。

そこで、大人ならぜひ知っておきたい、「礼節」の読み方と意味を紹介します。

  • 「礼節」の読み方
  • 「礼節」の意味

「礼節」の読み方

「礼節」「れいせつ」と読みます。

特に難しい漢字は使われていませんので、読み間違える事が少ないと思います。

「礼節」の意味

「礼節」には、どのような意味があるでしょうか。

「礼節」には、「きちんとした礼儀作法や節度のある態度」という意味があります。

つまり「礼節」「礼」「きちんとした礼儀作法」の事で、「礼節」「節」には、「節度のある態度」という意味があります。

「礼節」には、相手を敬った態度を取り、必要な動作を身につけている事、だらしない態度を取らない事など、様々な教えが含まれています。

「礼節」をマスターするためには、まず礼儀作法や敬語を知らなければなりませんし、目上の人に対する考え方も学ぶ必要がありそうです。

このように「礼節」には、「きちんとした礼儀作法や節度のある態度」という意味があります。



「礼節」の類語や言い換え・似た言葉

「礼節」の類語や、言い換えられる似た意味の言葉を紹介します。

「礼節」と横並びになるような、似た言葉には、どんな言葉があるでしょうか。

  • 「礼儀」
  • 「行儀」
  • 「エチケット」

「礼儀」

「礼儀」には、相手に敬意を表すために必要な動作や作法という意味があります。

単純に敬意を表するだけでなく、そのための動作や作法を守るのが、「礼儀」の良い所です。

例えば目上の人と挨拶する時は、敬意を表するために、お辞儀をしたり敬語を使って挨拶をします。

また、時節などを書き記した手紙やメールを送るのも、「礼儀」のひとつと言えるでしょう。

若い時は、「礼儀」は邪魔で必要のないものと感じる人が多いかもしれませんが、覚えてしまうと決まりがついて行きるのが楽になります。

苦手意識を感じずに、早い時期から「礼儀作法」をマスターすると、仕事がしやすく穏やかな生活を送りやすくなるでしょう。

「行儀」

「行儀」「ぎょうぎ」と読みます。

「行儀」については、子供の頃に良く親から聞いた言葉かもしれません。

「行儀」には、礼儀にかなう立ち振る舞いという意味があります。

「行儀作法」という言葉があり、子供の頃は、「お行儀よくしなさい」と言われた経験があると思います。

例えば法事の時に、お墓の前での立ち振る舞いがあります。

お葬式に参加する時にふさわしい、立ち振る舞いがあります。

このような「行儀」はなるべく早く覚えてしまった方が、大人になってから楽でしょう。

「エチケット」

「エチケット」という言葉も「礼節」に似ている言葉です。

「エチケット」には、社交上の常識的な礼儀作法という意味があります。

「礼儀作法」と日本語で言う時よりも、ややライトな礼儀作法を指しています。

例えば人前でげっぷをしないというのは、礼儀作法と言うよりも「エチケット」になるでしょう。

女性の前で下品な話をしないというのも「エチケット」のひとつと言えそうです。

紳士的な振る舞いをするために、また大勢の人が集まる場所で恥をかかないために「エチケット」を守る事が大切になりそうです。

「礼節」の言葉の使い方

「礼節」という言葉を、どのような場面で、どう使えばいいでしょうか。

「礼節」には、「きちんとした礼儀作法や節度のある態度」という意味があります。

そのため、そのような態度を取っている人や、取る必要のある場面に遭遇した時に、「礼節」という言葉を使ってみましょう。

例えば目上の人と話をする時は、誰でもきちんとした礼儀作法や節度のある態度を取ろうとします。

このような時に、「礼節を大切にして、目上の人と会う」などと、「礼節」という言葉を使う事ができます。

また上司に対してため口で話している新人社員を見たら、「礼節を重んじろ」と説教をするかもしれません。

「礼節」という言葉は、実際に礼儀作法を大切にする場面、またはそれができていない人に注意を促す時などに使ってみましょう。



「礼節」を使った例文

「礼節」を使った例文を紹介して行きます。

様々な場面における、「礼節」を使った例文を見る事で、この言葉の使い方のコツを覚えて行きましょう。

  • 例文1
  • 例文2

例文1

ビジネスシーンにおける、「礼節」を使った文章を紹介します。

「わが社の社風は、『礼節』に重きを置いている節がある。

そのため、他の会社よりも、メールの文面が丁寧だと、取引先から評判だ」
「まだ20代の若手社員なのに、『礼節』をわきまえた素晴らしい青年だ。

将来の幹部候補生になるだろう」
「大切な取引先との忘年会だ。

無礼講と言われても、しっかり『礼節』をわきまえる事がたいせつだ」
という感じです。

仕事をしている時は、どんなに仲が良くても「礼節」を忘れてはいけないという、暗黙のルールがあります。

「礼節」を無視した瞬間に、取引先から相手をされなくなるケースもあります。

例文2

日常的な場面における、「礼節」を使った例文を紹介します。

「あのクリーニング屋さんの主人は、『礼節』を尊ぶので、挨拶をするだけで気分がいい」「私の近所のコンビニの店員は、今時珍しく『礼節』を重んじた接客をする」などです。

接客業の人が、「礼節」を重んじてくれると、お客さんは気分が良いでしょう。

「礼節」を使った言葉

最後に「礼節」を使った言葉を紹介します。

定型句のように使われている言葉や、ことわざを紹介します。

良く使う言葉ですので、覚えておくと便利でしょう。

  • 「礼節を重んじる」
  • 「衣食足りて礼節を知る」

「礼節を重んじる」

「礼節を重んじる」という言葉は、定型句のように良く使われる言葉です。

日常生活よりも「礼節を重んじる」場所があります。

例えば結婚式やお葬式などの法事の場では、「礼節を重んじる」のが当たり前になります。

また歌舞伎の世界など、日本の伝統芸能の世界でも、一般的な家庭に比べて「礼節を重んじる」のが普通になっています。

一般家庭で気楽に生きてきた人が、「礼節を重んじる」家庭に嫁ぐ時などは、カルチャーショックが大きく、大変な目にあう事もありそうです。

「衣食足りて礼節を知る」

「衣食足りて礼節を知る」という言葉があります。

比較的有名なことわざですので、知っている人も多いかもしれません 「衣食足りて礼節を知る」には、食べ物や着る物が満足にあって、初めて礼儀作用や、節度を持った行動を取る事ができるという意味があります。

実際に日々の食べ物に困っている人が、礼儀作法を第一に考えて行動する事などできません。

まずは腹いっぱいにする事を考えるでしょう。

つまり「礼節」を重んじるには、ある程度、経済的余裕や心の余裕が必要だという意味があります。

icon まとめ

「礼節」の意味や使い方を見てきました。

若いうちに「礼節」を尊ぶ生活を身につけると、それだけで周囲のライバルを一歩リードする事ができるでしょう。

素敵な仕事、素敵な異性と出会える可能性も高くなりそうです。