意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「思い出」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「思い出」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「思い出」という言葉を使った例文や、「思い出」の類語を紹介して行きます。

思い出

Meaning-Book
「思い出」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「思い出」とは?
  • 「思い出」を使った例文や短文など
  • 「思い出」の類語や類義語・言い換え


「思い出」とは?

「思い出」という言葉を知っているでしょうか。

「夏の思い出」を思い出している人も、いるかもしれません。

一方で、「思い出」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「思い出」という言葉の意味を紹介します。

  • 「思い出」の読み方
  • 「思い出」の意味

「思い出」の読み方

「思い出」「おもいで」と読みます。

特に難しい言葉が使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「思い出」「おもいで」と読みましょう。

「思い出」の意味

「思い出」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「思い出」には、「前にあった出来事や、体験を心に浮かべること」という意味があります。

「夏の思い出」には、夏の時期にあった出来事や、夏にした体験を心に浮かべることという意味があります。

このように、「思い出」という言葉には、「前にあった出来事や、体験を心に浮かべること」という意味があります。



「思い出」を使った例文や短文など

「思い出」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「思い出」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「思い出」を使った例文1
  • 「思い出」を使った例文2

「思い出」を使った例文1

「学生時代の『思い出』は、どれも楽しいものばかりだ」

この例文は、学生時代に起こった出来事や体験を思い出して、どれも楽しい「思い出」だと感じている文章になります。

このように学生時代の「思い出」は、思い出すだけで、楽しい気持ちになれる、貴重な財産と言えるでしょう。

「思い出」を使った例文2

「『思い出』にばかり浸っていないで、今に注目する」

この例文は、過去に起こった出来事や体験にばかり浸っていないで、今に目を向ける必要がある、という意味があります。

過去はどうすることもできず、変えられるのは今だけのためです。

「思い出」の類語や類義語・言い換え

次に「思い出」の類語や類似表現を紹介します。

「思い出」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「記憶」【きおく】
  • 「メモリー」

「記憶」【きおく】

「記憶」には、「物事を忘れずに覚えて置くこと」という意味があります。

また「覚えて置いた物事」という意味もあります。

「記憶がよみがえる」「記憶にない」などという使い方をします。

「メモリー」

「メモリー」には「記憶や思い出」という意味があります。

また「コンピューター本体の、情報を記憶しておく場所」「メモリー」と言います。



icon まとめ

「思い出」という言葉について見てきました。

前にあった出来事や、体験を心に浮かべる時、「思い出」という言葉を使ってみましょう。