意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「活路を見出す」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

小説や映画などで「活路を見出す」という言葉が使われていることがありますが、一体どの様な意味があるのでしょうか。

類語や例文なども併せて詳しく紹介します。

Meaning-Book
「活路を見出す」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「活路を見出す」とは?
  • 「活路を見出す」の表現の使い方
  • 「活路を見出す」を使った例文と意味を解釈
  • 「活路を見出す」の類語や類義語


「活路を見出す」とは?

「活路を見出す」の概要について紹介します。

  • 「活路を見出す」の読み方
  • 「活路を見出す」の意味
  • 「活路を見出す」を分解して解釈

「活路を見出す」の読み方

「活路を見出す」「かつろをみいだす」と読みます。

「見出す」「みだす」「みいだす」の2つの読み方がありますが、違いは後程紹介します。

「活路を見出す」の意味

「活路を見出す」の意味は「困難な状況を切り抜ける方法を発見すること」です。

非常に困った状態に陥り、何とかして解決したいと一生懸命方法を探っているうちに、乗り越える手段を見つけ出すことを言います。

ただ発見しただけではなく、それにより状況が改善されたことまで表しています。

「活路を見出す」を分解して解釈

「活路を見出す」「活路+を(助詞)+見出す」で成り立っています。

「活路」とは、囲碁から来ている言葉で、「石が生きる道」という意味から「苦しい状況から生き延びる方法」「生活する手段」という意味として使われています。

「見出す」「隠されていたものを発見すること」という意味です。

「見出す」「みだす」と読むと、「何かを見る行為を始めること」という意味です。

「みいだす」の場合は「見る」の未然形「み」+「いだす」という言葉になります。

「いだす」「出る」という意味があり、「出だす」「でだす」ではなく「いだす」と読みます。

非常にややこしいのですが、「活路を見出す」の場合は「みいだす」と読むのが正しくなります。



「活路を見出す」の表現の使い方

「活路を見出す」の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • 本当に苦しかった時に使う

文法的な使い方

「活路を見出す」は動詞としてそのまま文末に使えます。

また、副詞として「活路を見出し~する」と使うこともあります。

本当に苦しかった時に使う

「活路を見出す」はもうダメかと思った時に、何らかの方法を見つけてピンチを切り抜けることを言います。

単にその時に思いついた方法で成功したことには使われません。

「活路を見出す」を使った例文と意味を解釈

「活路を見出す」を使った例文と解釈を紹介します。

  • 「活路を見出す」を使った例文1
  • 「活路を見出す」を使った例文2

「活路を見出す」を使った例文1

「廃村になりそうな時に外国人観光客に人気が出て活路を見出した」

過疎化が進んで廃村になりそうだった時に、外国人観光客に人気が出て賑わう様になったことを表しています。

「活路を見出す」を使った例文2

「商品ではなくサービスを提供することで活路を見出した」

メーカーとして経営が苦しくなっていた時に、メンテナンスなどのサービスも始めたところ業績が持ち直したことを表しています。



「活路を見出す」の類語や類義語

「活路を見出す」の類語を紹介します。

  • 「突破口を開く」【とっぱこうをひらく】
  • 「血路を開く」【けつろをひらく】

「突破口を開く」【とっぱこうをひらく】

「敵の守りを破る箇所を見付けること」「困難を乗り越えるきっかけを掴むこと」という意味です。

「血路を開く」【けつろをひらく】

「敵の包囲を破って逃げること」「困難を乗り越える方法を見付けること」という意味です。

icon まとめ

「活路を見出す」「困難な状況を切り抜ける方法を発見すること」です。

諦めかけていた問題を解決できた時に使ってみましょう。