意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「あぶく銭」の意味・類語【使い方や例文】

あぶく銭の様相はたしかに愚かしいものになります。

ただし、忠告してくれたひとを思い出す時、当人は以前の状態とは違っています。

あぶくにならない生き方をしましょう。

あぶく銭

Meaning-Book
「あぶく銭」の意味・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「あぶく銭」の意味とは?
  • 「あぶく銭」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「あぶく銭」の言葉の使い方
  • 「あぶく銭」を使った例文と解釈
  • 「あぶく銭」の英語
  • 「あぶく銭」の使い道
  • 「あぶく銭」の関連語と意味を解釈
  • 「あぶく銭」の作法
  • 「あぶく銭」のリターン


「あぶく銭」の意味とは?

あぶく銭の意味は、あぶくのように泡になって消える金銭の類を言います。

これは、あぶく銭として有名なマクロとしてのバブル崩壊経済という呼称があり、また金銭のすぐなくなってしまいそうなさまを、あぶく銭と称します。

あぶく銭のミクロな形では、ギャンブルに吸い込まれていく無意味なお金を指します。

  • 「あぶく銭」の語源

「あぶく銭」の語源

あぶく銭の語源は、水の泡が大きく膨らんで、ぱっちんと弾けてなくなっていく様相を言います。

これは、あぶく銭として、金なんかに望みをかけてもしょうがないよという、教訓を促すことばですので、その泡銭でないようなお金の使いみちを呼びかけるものでもあります。

それは、あぶく銭の禁門とその有効利用としての生活の資質に分かれるところになります。



「あぶく銭」の類語や言い換え・似た言葉

あぶく銭の類語はバブルマネーになります。

バブルが膨れ上がるという様相を浅いひとたちは見ますが、実はすぐさま消えて無くなるのが落ちです。

この様相を泡に群がる害虫とでも称する事が可能になります。

そして、あぶくのように消えて無くなるのです。

堅実な生活は日々をまともに生きることです。

「あぶく銭」の言葉の使い方

あぶく銭の言葉の使用法では、そのあぶく銭としての失敗を語るものが有り、盛者必衰を意味しています。

そして、あぶく銭の警句を発しているというものも文節として確かになります。

また、あぶく銭にどうせなるよと警告するのに、それを疑って高ぶり結果として、指導したとおりのあぶく銭の破綻になるといういつもの堕ちがあります。



「あぶく銭」を使った例文と解釈

あぶく銭を使用した例文では、あぶく銭だったと禍根するタイプとしてのそれがあります。

そして、悔恨しないようにとのはなしより、自分の欲望に突き進んだ結果としての破綻のリアルストーリーがいつもあります。

また、指導や警告を聞かずに、上がると信じてやったことが身の破滅になるという愚かさの状況があります。

  • 例文1
  • 例文2
  • 例文3

例文1

まともに働いて堅実な生活をしたいと望んでも、あぶく銭を経験したあとでは無理難題です。

まともに働いている生活を基本の生活と言います。

そして、あぶく銭によって失敗した後では、その正常な生活を望んでも、それは戻ってこないのです。

これは、世界的に歴史的に繰り返されている人間の醜態になります。

そして、あぶく銭を求めたその間違った観点が原因で、さまざまな悪の要因が絡んでくるのです。

例文2

薦めを聞いていればよかったのだが、欲望に駆られた結果あぶく銭になりました。

人のすすめは真面目に働きなさいというものです。

ただし、欲望にかられるというのは、自身で制御できなくなったあぶく銭の妄想なのです。

その妄想を狂信として、よくひとは失敗します。

なまじっかよく注意してくれる人のほうが、実は叱責を愛情としているのだけれどもです。

例文3

盲信した結果、その投資金額はあぶく銭になりました。

何かの噂や間違った情報を元にして、ひとはあぶく銭を費やします。

結果として、その全額があぶくとして消えていきます。

海の藻屑となるそのような事態は、人間の禍根となる幻想だったのです。

そして、堅実な生活をしているひとは、簡単そうな偽りの情報には耳を傾けません。

堅実な情報は堅実な労働をしている人に入ってくるのです。

「あぶく銭」の英語

あぶく銭 meaning in english

あぶく銭の英語は“easy money”になります。

「あぶく銭」の使い道

あぶく銭の言葉としての使用法は、あぶく銭を扱うことは大変危険だとするのが正統であり正解な表現になります。

世の中では、まことしやかな嘘やでっち上げの情報が紛れ込んでいます。

ですので、真の投資の使い方は、ちゃんとした人たちが扱っているのです。

自分自身を賢いと自惚れるようなひとたちが大損をあぶく銭で行っています。

「あぶく銭」の関連語と意味を解釈

あぶく銭の関連語として、大失態とする言葉が必要です。

他には、案の定という他から見た知見もあります。

そして、正統であるならあぶく銭を使用せずに、はたらいたお金でちゃんとした見返りの有る投資をやっています。

ただし、金持ちになるというのは、世間一般では通らないいいかたなので、謙遜に普通に暮らしいているのが一番なのは当然になります。

  • 「あぶく銭の責任」
  • 「あぶく銭は寿命を縮める」

「あぶく銭の責任」

あぶく銭が大失態を起こしたのは、言うまでもなく当人の責任になります。

あぶく銭がなぜそうなったかは、当人の責任によります。

これは、誘惑にかられてなにかに取り憑かれたように盲信し、その結果身が果てるのです。

これは自業自得としかいいようがありません。

世間の誘惑にかられるようでは、成功までの一歩すら絶対に踏めないのです。

「あぶく銭は寿命を縮める」

謙遜に生きている側からすれば、あぶく銭の使いみちは寿命までの日数を早めることだと知っています。

あぶく銭は寿命を縮めるというはなしがあります。

たとえば農家さんでは薄利多売でも一生懸命に働いて、身を養っていきます。

ただし、都会にはありえもしない妄信と迷信が広がり、盲目になったひとたちが堕ちていく世界がその様相となります。

「あぶく銭」の作法

あぶく銭を謳い上げた商材は多くありますが、実際は悪徳商法絡みの詐欺事件になります。

合法で言うなら公営ギャンブルというものがありますが、実際限度を越えて行うのには大変危険な要素が絡んでいます。

そして、あぶく銭を回避するのであれば、遊び方としても限度をわきまえ、謙遜に自活していく能力をつけてからにしましょう。

「あぶく銭」のリターン

あぶく銭系のあそびかたはあります。

ですが、まれに当たったとして、その迷信に駆られるようであれば、決して堅実な生活には手が届きません。

労働することでしか人は富を蓄えられないのですから、その労働に対する正統な要求をみずからこなしているという、社会人としての自身が必要なのです。

そのセルフコンフィデンスはあぶく銭からのリターンにはありません。

結局自暴自棄がそのリターンとなります。

icon まとめ

あぶく銭は意味がないとして、まったく扱わないようにするのが一般でのまともなひとたちの意見になります。

そして、そのような粗暴性や、雑言と暴力の温床になるあぶくの世界は、まっとうな白い光の輝く世界とは違い、滅相な様相となります。

この太陽の下に立派に生活していくという観念は非常に重要で、それができないから更に暗黒にはまり込むのは、確かに寿命を縮めます。

ただし、堅実な人の人助けとしての投資は、功を奏することがあるのです。