意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「見切り発車」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

見切り発車というのは、いけない事としての認識が定着されなくてはなりません。

知識的に不足している者が、軽い判断で若しくは勝手な判断でそれを行うことは、大変危険とされます。

見切り発車

Meaning-Book
「見切り発車」の意味・読み方・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「見切り発車」の意味とは?
  • 「見切り発車」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「見切り発車」の言葉の使い方
  • 「見切り発車」を使った例文と解釈
  • 「見切り発車」の英語
  • 「見切り発車」の語源や由来
  • 仕事における「見切り発車」のメリット
  • 仕事における「見切り発車」のデメリット
  • 「見切り発車」の留意点
  • 「見切り発車」の市民用語


「見切り発車」の意味とは?

見切り発車の意味は、先じて確認を取らずに、一気に加速する仕組みをいいます。

これは、信号待ちなどで、青に変わる直前にアクセルを踏む行為を指しています。

危険度は高く、赤の止まれを無視した行為として、禁じられていますが、通常常用語で見切り発車というのは、見切り発進と同じ使用法になり、アポイントなしでコンタクトを取るなど、業務用語としても使用されます。

  • 「見切り発車」の読み方

「見切り発車」の読み方

見切り発車はみきりはっしゃと読みます。

見切り発車では、全確認を怠った状態として、発車のスピードを早めてしまう行為に成り、通例使用するような、見きったという完全なという内容ではありません。

つまり、注意不足や散漫状態を意味しています。

ですので、通例見切り発車では失敗する可能性は大となります。



「見切り発車」の類語や言い換え・似た言葉

見切り発車の類義として、見切り発進というものがあります。

どちらも、完全な確認を怠った状態として、優れているとは言えません。

そして、見切り発車では、注意不足発車や、違法的な発進とも捉えられる事があるので、注意が必要になります。

本人が見切ったといったのであれば、それは本人の自信過剰からくる、失敗行為になります。

「見切り発車」の言葉の使い方

見切り発車の言葉の使用法は、見切り発車をすることは失敗行為であることを、戒める目的で使用するタイプが有り、また、その見切り発車の失敗を揶揄する嘲笑の意味も、込める事も可能です。

そして、見切り発車における対策として、確認を入念に行いましょうとの指導要領を書くことが先決です。



「見切り発車」を使った例文と解釈

見切り発車というのは、あまり好ましくないとするのが常用です。

ただし、一般感覚においては、この確認不注意の意味で、よく多用される恐れがあり、もちろん自動車運転においては厳禁とされます。

そして、見切り発車の結果事故に遭遇することもあります。

一般常用語としての見切り発車においても、それは該当しますので、組織内では留意して指導する必要があるでしょう。

  • 「見切り発車」の例文1
  • 「見切り発車」の例文2
  • 「見切り発車」の例文3

「見切り発車」の例文1

見切り発車を、止まらなければならない状態で行ってしまった結果、事故に遭遇しました。

見切り発車を行ってはならないという原則があるのに、それを無視する行為で、自身が危険な身に遭遇します。

これは、確認不注意や、法的違反と言われます。

その違反に対して、自身での過度な思い込みが、失敗の原因とされるのです。

「見切り発車」の例文2

見切り発車を行った結果、アポイントをなぜ取らなかったのかと、上司から叱られました。

見切り発車を行った結果として、業務での取引がうまくはたらかなくなる事はあります。

これは、マニュアルにて先方にはアポイントを先に必ずとってから、仕事にかかることとあれば、それを遵守しなくてはなりません。

つまり、マニュアル違反で、失敗が連続するのです。

「見切り発車」の例文3

見切り発車が失敗の原因ですと、安全確認を遵守する指導が毎日行われています。

見切り発車が失敗の原因とされるのは、そのデータ解析からも、当然と言われます。

その際管理クラスからは、指導として、確認遵守事項の説明があるはずです。

これらを無視している結果は、会社組織に多大な損害を及ぼす事になり、大変危険と言えます。

この危険意識や危機管理システムがしっかりとされていない事で、業務成績はガタ落ちとなります。

「見切り発車」の英語

見切り発車 meaning in english

見切り発車の英語は、“starting a train before all the passengers are on board”です。

「見切り発車」の語源や由来

見切り発車は常用語で、確認不足による勝手な判断と言われる場面はあります。

ですが、性格には、道路法規を守らない状態の自動車への警句として使用されたのが始まりです。

この運転する状況は、他の日常生活や会社内での仕事に例えられる事があり、この為に、見切り発車・見切り発進は、一つの揶揄されるべき表現として定着はしています。

仕事における「見切り発車」のメリット

仕事における見切り発車というものがあります。

これは、マニュアルに違反していなければ、OKとされる話もありますが、おそらくプロフェッショナルとしての仕事感に依る方面が大きいです。

それは、プロとしての判断で、この状況をくぐり抜けるために、見切り発車を行って、窮地を奪回するという局面があるからです。

つまり、管理職が営業に出ているケースではあるかもしれません。

仕事における「見切り発車」のデメリット

仕事における見切り発車というのは、デメリットが多く存在しています。

これらの失敗行為というのは、実際ほとんど確認を取らずに、向こう見ずで盲目な状態におけるミスと言われます。

ですので、良く熟慮して、業務マニュアルの通りに仕事を進めなくてはなりません。

そのデメリットは本人による失敗になりますし、会社組織での業務成績悪化に繋がります。

「見切り発車」の留意点

確認事項を怠っている状況では、その人員がその確認項目をすべて行うと同時に、その確認事項の重要性について理解度があるかの上からの確認が必要になります。

つまり、危機管理として、その危険意識が対策として、常識のレベルで認識されているかを、全従業員に詰問したり、チェックを取らなくてはならないのです。

このチェックは、チェック項目にレ点で済まされるものではありません。

その簡単なアンケートでは、従業員の意識は変わらないからになります。

管理職の簡単な手段として、簡単な確認を取るだけでは、危険意識は伝わっていません。

「見切り発車」の市民用語

スラングとしても使用されそうな、見切り発車ですが、ともすると大変危険な状況を招くことがらとして、周知されなくてはなりません。

これは、見切り発車をしそうな人間の快楽性や、誘引性を示しています。

つまり、簡単に犯罪クラスに手を染めてしまうことなど、あってはならないのですが、突発的な感情に左右されて、実質失敗ではなく、加害者となる事もあり得ます。

よく自己判断として、認識しつつ、安全発車・安全発進を行ってください。

icon まとめ

見切り発車というのは、交通用語が元なのですが、失敗を誘発する事態を戒める言葉として、業務用語にもなっています。

この過失に固執する限りにおいては、どんな仕事でも失敗の連続でしょう。

つまり、知識的にも確認事項においても、未熟とされ、社会では爪弾きにされます。

この失敗を避けるためには、自身の業務への再認識が必要です。

どれだけの重要性を会社組織でのマニュアルに則されているかを、良く認識してください。