意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「立て込んでいる」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

立て込んでいる状況は、主体の表現ですが、ある意味不可抗力によって、大変な状況になっていると示唆できます。

ですので、立て込んでいる状況が、よろしくないのであれば、早急に改善する手法が必要です。

立て込んでいる

Meaning-Book
「立て込んでいる」の意味・読み方・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「立て込んでいる」の意味とは?
  • 「立て込んでいる」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「立て込んでいる」の言葉の使い方
  • 「立て込んでいる」を使った例文と解釈
  • 「立て込んでいる」の英語
  • 「立て込んでいる」と「取り込んでいる」の違い
  • 「立て込んでいる」をビジネスでの使い方・別の言い回し
  • 「立て込んでいる」と「忙しい」の違い
  • 「立て込んでいる」の内部事情


「立て込んでいる」の意味とは?

立て込んでいるの意味は、立地状況が人員で、部屋内にいっぱいになっている様相がイメージされます。

立て込んでいる状況では、うまく動作できない室内の状況や、例えるのであれば、ビルディングが乱立して、身動きがとれない自動車状況としても、認識されやすいです。

立て込んでいるのは、縦横無尽に動きをとれない段階として、失策ともとれる状態になります。

  • 「立て込んでいる」の読み方

「立て込んでいる」の読み方

立て込んでいるはたてこんでいると読みます。

これは、建設現場などで杭打ちが縦横に張り巡らされている場合に、足の踏み場がないとしても、捉えられます。

ですので、立て込んでいる状況では、室内に親戚がいっぱい入りすぎて、身動きが取れないとも理解されます。

通常では、仕事の世界で、お客さんが一杯で立て込んでいると表現すると良いでしょう。



「立て込んでいる」の類語や言い換え・似た言葉

立て込んでいるの類義として、立ち往生しているという表現があります。

これは、忙しいという意より、内部の通路に人が殺到しているという内容です。

他には、立て込んでいると表現して、親戚が集まっているので、お客は控えたいとする意に、取り込んでいるという行源があります。

また、立て込んでいるという意味を雨に替えて、雨が立て込んでいるとするなら、雨が屋根を叩いているという意味になるでしょう。

「立て込んでいる」の言葉の使い方

立て込んでいるの言葉の使い方は、人であれば、人の雑踏の様子が伺えます。

これを物に代入すると、物品が倉庫に立て込んでいるとなります。

つまり、納期前のごった返した様相の表現になります。

それから、立て込んでいるに詩情を込めるならば、家畜が立て込んでいて、売りに行かなくてはならないともなり、文学的な表現になります。



「立て込んでいる」を使った例文と解釈

立て込んでいるの表現は、その人の雑踏が、迷惑なのか、他の来客が入れない状態で申し訳ないという意であるかにわかれます。

そして、ものが立て込んでいて、足の踏む場もないとすれば、それが、倉庫内であるのか、それとも散らかっている様相なのかによって、趣向が変わってきます。

そして、文学なら、立て込んでいるとする人情を扱うことも可能です。

  • 例文1
  • 例文2
  • 例文3

例文1

立て込んでいるので、次のお客様は失礼します。

立て込んでいるというのは、店舗にとってありがたいことになります。

客商売として繁盛しているのは、古来より福を意味します。

そして、次の顧客に対して、なんと説明すればよいのかでは、お客のせいではなく、店舗に立て込んだ状態があるからですと、申し訳を立てることが説明となるでしょう。

例文2

ものが溢れているのは、立て込んでいる様相を片付けないからです。

物が整理のついていない状態で、散乱していれば、それは見た目にも、集客の点でも不得手となります。

ですので、立て込んでいる状態は、来客の為に、整理するべきに成り、それを怠れば、客に対して失礼となります。

立て込んでいる状態より、整理整頓された状況の方が、お客はすっきり陳列を見ることが可能です。

例文3

立て込んでいる季節には、一人になって読書をしたいものです。

立て込んでいる季節には、と続けるのはどこか季語をイメージします。

この立て込んでいるという忙しい季節に、文学への用法が込められています。

他には、立て込んでいる引っ越し間際に、親戚は手伝うべきですという表現も可能でしょう。

「立て込んでいる」の英語

立て込んでいる meaning in english

立て込んでいるの英語は、“to be busy”“ to be crowded”です。

「立て込んでいる」と「取り込んでいる」の違い

立て込んでいるは、取り込んでいるという意味とは違っています。

取り込んでいるというのは、忙しさを取り込んでいるとして、主体側の責任が入る意が含まれます。

立て込んでいるでは、主体となる側が、否応なしにそうなっているイメージがするでしょう。

そして、取り込んでいるでは、カメラに内蔵したデータをPCに取り込んでいるという、現代の表現があります。

「立て込んでいる」をビジネスでの使い方・別の言い回し

立て込んでいるをビジネスで使用するのであれば、立て込み中ですので、電話を中断してもよろしいでしょうかという表現で良いでしょう。

また、立て込んでいる環境なので、またあとで向かいますという、先方をあえて不良としない表現も融通に富んでいます。

そして、立て込んでますから、後で当方から連絡を差し上げますという、内部事情のクリアの問題から片付けるという、ビジネスでの取引を延期する方法があります。

「立て込んでいる」と「忙しい」の違い

立て込んでいると忙しいの違いは、忙しいでは、本人の主観や感情が入った表現になります。

そして、忙しいという言葉では何も発生しません。

ですので、立て込んでいるという表現の奥に隠された、こちらで調整が必要なので、という内部事情を取り繕う響きが達者となるのです。

「立て込んでいる」の内部事情

立て込んでいると先方に説明して、こちら側でする事は、その立て込んでいる状況の原因と対策そして改善実施ができなくてはなりません。

これは、立て込んでいるだけで、取引先を遠方に押しやってしまうと、やはり失礼な対応になる事があるので、必ず連絡して、日取りの良い時に、お越しくださいとしなくてはなりません。

これは、立て込んでいるのが、親戚同士の争いなのか、資金繰りに奔走している状態なのか、また、整理整頓ができていなくて、お客に物品を見せることができないのか等あります。

icon まとめ

立て込んでいる状況は、忙しいよりもスキルの高い表現になります。

ですが、立て込んでいる時に得意客を失えば、店舗での損失が計上されます。

ですので、立て込んでいる不慮の出来事には常に対策を設けて、いつでも商談OKとするような、前準備が必要になります。

客席が満杯であるなら、持ち帰り用の物を置いておくことで、その対策になります。

これは、もうけたい店舗という意ではなく、立て込んでいる当方から、お客へ失礼のないようにという意表になります。