意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「立て込んでいる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「立て込んでいる」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「立て込んでいる」という言葉の理解を深めていきましょう。

Meaning-Book
「立て込んでいる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「立て込んでいる」とは?
  • 「立て込んでいる」の表現の使い方
  • 「立て込んでいる」を使った例文と意味を解釈
  • 「立て込んでいる」の類語や類義語


「立て込んでいる」とは?

「立て込んでいる」とは用事が一度に沢山重なるという意味で使います。



「立て込んでいる」の表現の使い方

「立て込んでいる」とは用事が一度に沢山重なっている時、何かと込み合っている時に使います。

例えば予定を聞かれた時などに「今、立て込んでいるから無理です」と言ったり、すごく忙しいということを「最近、立て込んでいる」と言い表すことができます。

「立て込んでいる」を使った例文と意味を解釈

それでは「立て込んでいる」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「立て込んでいる」を使った例文1
  • 「立て込んでいる」を使った例文2

「立て込んでいる」を使った例文1

「年末なので、仕事が立て込んでいる」

「立て込んでいる」とは一時に用事が沢山重なっているという意味です。

例文では年末なので、仕事が沢山増えている、重なっているということを言い表しているのです。

「立て込んでいる」を使った例文2

「今、ちょっと立て込んでいるので後から連絡します」

「今、ちょっと立て込んでいる」とは仕事などでもよく使う言い回しです。

これは「今、忙しい」「今、バタバタしている」といった意味です。

「忙しい」とはっきり言えばまるで相手が「暇」と言わんばかりですから「立て込んでいる」と言い換えた方がいいでしょう。



「立て込んでいる」の類語や類義語

言葉の意味が理解できましたところで、「立て込んでいる」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「バタバタしている」【ばたばたしている】
  • 「予定が重なっている」【よていがかさなっている】
  • 「繁忙」【はんぼう】

「バタバタしている」【ばたばたしている】

「バタバタしている」とは忙しくしている、落ち着かない様子を表す言葉です。

「ちょっと、今日は朝からバタバタしている」「今バタバタしているから、後でね」「母はいつもバタバタしている」などと使います。

「予定が重なっている」【よていがかさなっている】

「立て込んでいる」とは簡単に言い換えるならば「予定や用事が重なっている」という言葉が当てはまります。

相手から「今日は予定が重なっている」と言われればそれは「今日は忙しいから無理です」という意味合いになるのです。

しかし「忙しいから無理」などとはっきり断りの言葉を言うのは相手に対して失礼とも思えますので遠まわしな言い方「予定が重なっている」を使います。

日本人、日本語ならではの思いやりの表現です。

「繁忙」【はんぼう】

「繁忙」とは用事が多く忙しいことを言います。

「繁忙を極める」「繁忙期に入っているのでしばらく大変だ」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「立て込んでいる」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。