意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「人生の転換期」の意味・読み方【使い方や例文】

「人生の転換期」の読み方や意味を紹介します。

さらに「人生の転換期」の使い方や例文を紹介して行きます。

人生の転換期

Meaning-Book
「人生の転換期」の意味・読み方【使い方や例文】>


目次

  • 「人生の転換期」の意味とは?
  • 「人生の転換期」は後で知る?
  • 「人生の転換期」の言葉の使い方
  • 「人生の転換期」を使った例文と解釈
  • 「人生の転換期」の兆候


「人生の転換期」の意味とは?

「人生の転換期」という言葉を知っているでしょうか。

とても身近な話題として、「人生の転換期」という言葉を意識している人も少なくないでしょう。

生まれてから死ぬまで、一直線の人生を送る人は少ないですから、誰もが「人生の転換期」を意識する事になるはずです。

一方でまだ若く、順調な人生を送っている人は、「人生の転換期」を迎えた事がなく、この言葉の意味も知らないかもしれません。

いずれ迎える「人生の転換期」に備えて、この言葉の読み方と意味を知っておきましょう。

  • 「人生の転換期」の読み方
  • 「人生の転換期」の意味

「人生の転換期」の読み方

「人生の転換期」「じんせいのてんかんき」と読みます。

「人生」「じんせい」で、「転換期」「てんかんき」と読みます。

難しい漢字は使われていませんので、読み間違えも少ないと思いますが、これを機会に「人生の転換期」「じんせいのてんかんき」と読む事を覚えておきましょう。

「人生の転換期」の意味

「人生の転換期」とは、どのような意味がある言葉でしょうか。

「人生」「人の一生」、つまり人が生まれてから死ぬまでの期間という意味があります。

「転換期」には、「物事が移り変わろうとする時期」という意味があります。

そのため、「人生の転換期」には、生まれてから死ぬまでの期間の中で、物事が移り変わろうとする時期という意味があります。

例えば高校受験をして、新しい学校に入学する時期は、これまでの友達とメンバーが一新しますので、人間関係が大きく変わり、「人生の転換期」になる可能性が高いでしょう。

また就活をして社会人デビューをする時も、もちろん「人生の転換期」になるでしょう。

このように、今までの人生模様と大きく違う展開を迎えそうな時期が「人生の転換期」になります。



「人生の転換期」は後で知る?

「人生の転換期」は、「人生が大きく動く時期」を意味します。

例えば高校や大学に進学する時、社会人デビューする時も、「人生の転換期」になるかもしれません。

しかし「人生の転換期」は、その時には気付けない事も多いかもしれません。

後になって「あれが人生の転換期だったのか」と思い返して、「人生の転換期」を特定する事のほうが、はるかに容易です。

「人生の転換期」だとは気付かずに、夢中で勉強をしたり、恋をしたり、仕事をしたりしていて、後になって、「あの時期があったから今の自分がいる」と気付く事があるかもしれません。

このように「人生の転換期」は、「青春」と同じように、その当時は意識する事は難しい期間と言えるかもしれません。

「人生の転換期」の言葉の使い方

「人生の転換期」という言葉は、どのような場面でどのように使えばいいでしょうか。

「人生の転換期」には、人の一生の中で転機だと感じる時期という意味があります。

そのため、あなたが「人生の転換期」を迎えていると感じた時、または誰かが「人生の転換期」を迎えているように見える時に使ってみましょう。

また人生を振り返って、「あの時期が人生の転換期だった」と感じた時も、この言葉を使い、その時期に注目してみましょう。



「人生の転換期」を使った例文と解釈

「人生の転換期」を使った例文を紹介します。

様々な場面における「人生の転換期」を使った例文を見てみると、言葉の意味や使い方を知る事ができるかもしれません。

  • 例文1
  • 例文2

例文1

ビジネスシーンにおける、「人生の転換期」を使った例文を紹介します。

「今振り返ると、会社が倒産して、今の会社に再就職した時期が『人生の転換期』だったのかもしれません」「仕事が無くなって、自分で起業するしかなくなった事が、今の会社の繁栄につながった。

大きなピンチを迎えた事が『人生の転換期』につながるとは面白いものだ」
「会社をクビになって、お酒に溺れているらしいな。

いいか、苦しい今だからこそ『人生の転換期』になるんだ。

あきらめるな!」
などです。

順調な時には、なかなか「人生の転換期」が訪れず、苦しい時期だからこそ、「人生の転換期」が訪れるかもしれません。

例文2

その他の場面における、「人生の転換期」を使った例文を見て行きましょう。

「彼女にフラれて落ち込んで、バックパッカーとして旅に出たのが、私の『人生の転換期』となりました。

現在、旅行会社の社長をしています」
「死んでしまいたいと落ち込んだ時期がありましたが、それが『人生の転換期』だとは、当時は気付きませんでした。

どん底の状態で始めた仕事が自分の天職だと気付き、今の充実した人生があります」
などです。

絶望しそうな時期が、後になって、素晴らしい人生につながる「人生の転換期」だと気付くかもしれません。

「人生の転換期」の兆候

「人生の転換期」はとても大切な時期ですが、後から振り返って分かる事で、その当時は気付けない傾向にあります。

そこで「人生の転換期」の兆候をいくつか紹介します。

「人生の転換期」だと気付いたら、人生を良い方向に向けられるように細心の注意を払いましょう。

  • 「今までのやり方では難しい時」
  • 「習慣を変える必要がある時」
  • 「人間関係が大きく変化する時」
  • 「ピンチを迎えた時」
  • 「やるべき事をやったと感じた時」

「今までのやり方では難しい時」

友達の作り方は、小さな頃から自然に育んできたものだと思います。

しかし高校に進学した途端に、中学校まで容易に作れていた友達が作れなくなってしまう事があります。

また営業職に就いていて、自分なりの方法で営業活動を成功させていた人が、そのやり方ではうまく行かなくなる時期があります。

このような「今までのやり方では難しい」と感じる時は、「人生の転換期」を迎えている可能性があります。

「習慣を変える必要がある時」

例えば、仕事を一生懸命して、その後、会社の仲間と飲み歩き、夜中に帰宅して、それでも元気に会社に行って活躍していた人がいるとします。

しかしある時期から、飲み歩くのがきつくなったり、朝、起きるのが辛くなったりするかもしれません。

このように「習慣を変える必要がある時」が来たら、それは「人生の転換期」を迎えているサインかもしれません。

「人間関係が大きく変化する時」

突然、いちばん仲の良い友達が転校したり、お世話になっている上司が退職したりして、「人間関係が大きく変化する時」があります。

新しい人間関係を構築する必要が出た時は、「人生の転換期」を迎えていると言えるでしょう。

「ピンチを迎えた時」

病気になったり、離婚をしたりすると、これまで通りの生活を送る事ができません。

また会社をクビになったり、勤めていた会社が倒産した場合も同様です。

このような「ピンチを迎えた時」は、「人生の転換期」を迎えていると考えていいでしょう。

「やるべき事をやったと感じた時」

一つの仕事を続けていると、「やるべき事をやった」と感じるタイミングがあります。

このような時は、次のステップに進む、「人生の転換期」が到来した証拠なのかもしれません。

その場にとどまる事を選ぶ事もできますが、転職をしたり、起業するなど、新しいアクションを起こすべきタイミングなのかもしれません。

icon まとめ

「人生の転換期」の意味や使い方を見てきました。

自分の人生を振り返って、「人生の転換期」がいつだったか考えてみるのも楽しいかもしれません。

また、現在苦しい状況にいる人は、今が「人生の転換期」だと思って、前向きに努力を続けてみましょう。

素晴らしい未来が待っているかもしれません。