意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「たをやめ」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

「たをやめ」(手弱女)という表現は、高貴な女性に宛てられた言葉になります。

そして、そのような完全無欠の女性がいるのかという話には、古来より議論も盛んなので、普通はいないという表現で満足するのです。

たをやめ

Meaning-Book
「たをやめ」の意味・読み方・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「たをやめ」の意味とは?
  • 「たをやめ」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「たをやめ」の言葉の使い方
  • 「たをやめ」を使った例文と解釈
  • 「たをやめ」の英語
  • 「たをやめ」の漢字
  • 「たをやめ」の対義語
  • 「たをやめ」の語源
  • 「たをやめ」に対する禁令


「たをやめ」の意味とは?

たをやめの意味は、壮麗な女子というイメージです。

壮麗な女子というのは、気品としても、気立てとしても、女性らしさというテーマでは最高峰の域に属する女性の事を言います。

これは、男性であればその男らしさがテーマであるように、女性であれば、女性の風格を含めた女性らしさというテーマを表しています。



「たをやめ」の類語や言い換え・似た言葉

たをやめの類語としては、しとやかさという言葉があり、また麗美なという趣があります。

それは、艶やかさや浅はかさとは対極の言葉になり、言葉の作法としても、そして、気品としても高貴なイメージがあります。

つまり、たをやめでは、その女性らしさが輝いてるというイメージを指します。

たをやめの気品は、気質豊かな意味で、艶やかな化粧とは違います。

たをやめの気品というのは、化粧であでつらったという意味ではなく、性格として品位に富んでいるという意味です。

これは、男をだまし取るような女性の性格ではなく、品位として機知に富み、ウィットの利いた女性とも言えるでしょう。

つまり粗野な女性ではないという事です。

たをやめな人を娶りたいと想うのは、優しい女性をほしいと想う男性の心です。

たをやめな人を娶るというのは、男性のきもちがあります。

ですが、それ相応の女性が相対するのが世間一般ですので、その気持があったとしても、女性からも品行を伺われたとして、相応に良い判断がされなくてはなりません。

つまり、女性から品位の査定を男性は受けるのです。

たをやめを目指すのであれば、人生勉強と品格を身につけるべきです。

たをやめを目指す場合は、女性が自ら努力して身につけなければならない品格があります。

この品格というのは女性としての知性のことですし、あらゆる状況に対応できる品性でもあります。

これらの要件を身につけるには、学識だけでは足らないので、人格の成長を及ぼされるような人生経験を踏まえていることが前提となります。

「たをやめ」の言葉の使い方

たをやめの言葉の使用法は、たをやめという女性を見下すような下劣な等級を加えてはならないのです。

これは、品行が不正なタイプの女性とされる条件では、決してたをやめの言葉を使ってはなりません。

下劣な女性が艶やかさをまとうときには、胡散臭さが伴うのです。

ですから、たをやめは本来の意味として使用し、その表現に真っ当である女性に評価します。



「たをやめ」を使った例文と解釈

たをやめを使用した例文では、たをやかな女性という形容もあり、たをやめを名詞の表現として代用します。

つまり、こういった女性はたをやめである、またはたをやめ系の女性だとするときは、それが、欲得の対象であってはならないのです。

つまり、たをやめの女性は男性を禁門とする雰囲気がありますので、よく注意してください。

  • 例文1
  • 例文2
  • 例文3

例文1

たをやめの女性は、稀にしかいません たをやめの女性がどのくらいいるかについては、よく議論されるかもしれません。

しかし、それは男性本位の考え方になり、実際は男性の方はどうなのかと、女性から質問にされます。

つまり、たをやめの女性を論じられるのは、その位の男性からの評価ができる時になります。

例文2

たをやめの言葉は、気品に満ちています。

たをやめの言葉は、気難しさやまどろっこしさがありません。

つまり率直でウィットに富むというのが、気品ある女性の言葉です。

これをマスターするには、やはりその享受を受け続ける勉強家としての努力が必要でしょう。

立派な女性になるというのは、付け焼き刃のテクニックではありません。

例文3

男性を封じる覇気がなくては、たをやめはその位置を確立できません。

たをやめという人は、その存在からして、威力があります。

ですので、普通の男性では太刀打ちができない事を常識とします。

そして、そういったたをやめの女性の権威に対して、服従するのが、一般的でしょう。

ここでは、男性がたをやめの力量を察知できないことが問題とされますが、それもそのはずです。

「たをやめ」の英語

たをやめ meaning in english

たをやめの英語は、“ elegance”という英語が該当します。

「たをやめ」の漢字

たをやめの漢字は、宛字として、田を止めるという意味にも伝えられる側面があります。

おそらくこれは宛字ですので、たをやかな女性という意味で、めは女を意味します。

田を止めるという意味であるなら、田畑作業から、優秀な男性に嫁いだという意味にも伝えられるでしょう。

「たをやめ」の対義語

たをやめの対義語は、「ますらを(益荒男)」です。

「たをやめ」の語源

たをやめの語源は、たをやかな女性という古式の言葉になり、たをやかさをまとったという内容で、その女のめを付けています。

つまり、立派な女性という意味で、たをやめ人という表現があり、人格としても男性の品位に勝るとも劣らないという意味です。

「たをやめ」に対する禁令

たをやめな女性というのは、それが気品に満ちていて、ロイヤルな風立ちさえあります。

ですので、一般で囁かれるような、愚劣な言葉の対象にはなりえません。

これらの、たをやかさを身に着けた女性には、一般の感覚では表現を差し控えられるべき人になるので、みだりにそのたをやかさを口にしたり、たをやか人の話を繰り返してはならないのです。

これは、愚劣な民衆には、その発言にそれを評価できる資質がないというもので、人格者であるなら、勝手にたをやかさを表現するなと言う怒りさえ滲んでくるのです。

icon まとめ

たをやかさという言葉や、たをやめという表現に関しては、やはり目標の女性という意味が強く込められます。

しかし、これは一般男性からの表現であり、世の中にはそんな女性はほとんど存在していないというのが真理になります。

また、男性からすれば、たをやめを獲得できるにはそれだけの資質が必要です。

資質とは、男性の気品やその厳格さが重要とされます。

また、体力的にも充分に世で戦っていけるという強さも必要です。

そして、そういった男性がたをやかな女性を獲得します。

その男性からの評価がたをやかな女性であるとする意味ですので、一般からすれば他の人の女性を論じるとは何事かという話も発展します。