意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「目白押し」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

「目白押し」とは、「大人数が込み合って並んでいること」「物事・行事が短期間に集中してあること」です。

「目白押し」「意味・類語・言い換え・使い方・例文・英語・語源・対義語・言葉」などについて、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「目白押し」の意味・読み方・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「目白押し」の意味とは?
  • 「目白押し」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「目白押し」の言葉の使い方
  • 「目白押し」を使った例文
  • 「目白押し」の英語
  • 「目白押し」の語源
  • 「目白押し」の対義語
  • 「目白押し」を使った言葉と意味を解釈


「目白押し」の意味とは?

「目白押し」の意味は、「大人数が込み合って並んでいること・多くのものが隙間なく並ぶこと」「物事・行事(イベント)が短期間に集中して予定されていること」などになります。

「目白押し」とは、大勢の人たちが狭いスペース(一箇所)に集まって込み合っている状態のことを意味しています。

大人数の人々が押し合いへし合いして並んでいるような様子のことを指示して、「目白押し」と言っているのです。

「目白押し」のもう一つの意味として、主にポジティブな物事や行事(イベント)が次から次にたくさん予定されているという意味合いがあります。

「楽しみな物事・行事(イベント)が短期間に集中して予定されている状況」を指して、「目白押し」という言葉が使われることは多いのです。

「アメリカの人気ドラマが目白押し」とか「楽しみな観光旅行の企画が目白押し」とかいった文章で、「イベントが盛り沢山という意味の目白押し」が使われています。

  • 「目白押し」の読み方

「目白押し」の読み方

「目白押し」の読み方は、「めじろおし」になります。



「目白押し」の類語や言い換え・似た言葉

「目白押し」の類語や言い換え・似た言葉には、どのようなものがあるのでしょうか?「目白押し」の類語・言い換え・似た言葉について、分かりやすく解説していきます。

  • 「すし詰め」【すしづめ】
  • 「ぎゅうぎゅう詰め」【ぎゅうぎゅうづめ】
  • 「イベント盛り沢山」【いべんともりだくさん】
  • 「予定が詰まっている」【よていがつまっている】

「すし詰め」【すしづめ】

「目白押し」の類語・言い換えとして、「すし詰め」があります。

「すし詰め」とは、「人や物が一ヶ所に隙間もないくらいにたくさん集まっていること」を意味しています。

「すし詰め」「鮨(すし)」を折り箱に詰める時に、隙間なく寿司をびっしり並べることに由来している言葉ですが、大勢の人が隙間なく並ぶ「目白押し」と似た意味を持っています。

「目白押し」の類語として「すし詰め」を指摘することができます。

「ぎゅうぎゅう詰め」【ぎゅうぎゅうづめ】

「目白押し」の類語・似た言葉として、「ぎゅうぎゅう詰め」があります。

「ぎゅうぎゅう詰め」という言葉の意味は、「大勢の人々が押し合うようにしながら狭いスペースに入っていること」を意味します。

「目白押し」には「大人数が混み合って並んでいること」の意味があり、「ぎゅうぎゅう詰め」と似たような状況を想定することができます。

そのため、「目白押し」に似た言葉として、「ぎゅうぎゅう詰め」を上げることができるのです。

「イベント盛り沢山」【いべんともりだくさん】

「目白押し」の類語・似た言葉として、「イベント盛り沢山」があります。

「目白押し」には、「楽しみな物事・イベントが次から次にたくさん予定されていること」の意味があります。

その意味の「目白押し」に似た言葉として、「イベント盛り沢山」を上げることができるでしょう。

これから先の近い未来に、たくさん楽しみにしているイベントが予定されている状態を指して「目白押し」ということができます。

「目白押し」という言葉は、「イベント盛り沢山」という言葉で言い換えることができるのです。

「予定が詰まっている」【よていがつまっている】

「目白押し」の類語・言い換えとして、「予定が詰まっている」があります。

「目白押し」という言葉は、「楽しみな物事・作品発売・イベント(ライブ)などが短期間に集中して予定されているような状況」を意味しています。

その意味の「目白押し」をより簡単な言葉で言い換えると、「予定が詰まっている(=楽しみにしているイベントの予定が詰まっている)」ということになります。

予定・計画がたくさん詰まっているような状態にある時に、「目白押し」という言葉を使うことができるのです。

「目白押し」の言葉の使い方

「目白押し」の言葉の使い方は、一つの場所・空間に大勢の人たちがぎゅうぎゅうに集まっている状況、大勢の人たちが押し合いへし合いして並んでいる状況を指して使うというものです。

「目白押し」という言葉は、いわゆる「すし詰め・ぎゅうぎゅう詰めの状態」に対しても使うことができますが、ただ大勢の人が押し合っているというだけではなく、何らかの目的があって並んでいるようなニュアンスがあります。

「目白押し」という言葉のもう一つの使い方として、「楽しみな物事・作品発売・行事(イベント)などが短期間に集中して予定されているような状況」に対して使うことができます。

例えば、「話題作が目白押し」「人気商品が目白押し」といった文章で、「目白押し」という言葉を使用します。



「目白押し」を使った例文

「目白押し」を使った例文には、どのようなものがあるのでしょうか?「目白押し」を使った例文について紹介していきます。

  • 「目白押し」の例文1
  • 「目白押し」の例文2
  • 「目白押し」の例文3

「目白押し」の例文1

東京で人気のチーズケーキのチェーン店がオープンしたことで、今日は朝早くから大勢のお客さんたちが目白押しに並んでいた。

「目白押し」の例文2

今年の上半期はとてもエキサイティングな面白い映画の公開が多かったが、年末に向けても全米で大ヒットになった期待作が目白押しである。

「目白押し」の例文3

平成最後の一年を謳歌するため、今年は友達と一緒にライブや旅行の予定・計画をたくさん詰めているので、年が明けるまで楽しいイベントが目白押しになっている。

「目白押し」の英語

「目白押し」の英語は、“jostling”“milling about”“being jammed(crammed) together”“crush”などになります。

「目白押しの群衆」は、“a jostling crowd”“a milling people”になります。

「目白押しに並ぶ」という日本語は、英語で以下のように表現できます。

“Many people stand close side by side.”

「ビッグイベントが目白押しです」は、英語で以下になります。

“Big events are packed(crowded, crammed).”

「目白押し」の語源

「目白押し」の語源は、大勢の個体が寄り集まって並ぶ小鳥のメジロ(目白)の習性が由来になっています。

メジロは秋から冬にかけて、大群を作って木の枝や電線などに止まる習性があり、昔からそのメジロが寄り集まって並んで止まる様子を「メジロの押し合い(目白の押し合い)」と呼んでいたのです。

「目白の押し合い」から転じて「目白押し」という言葉が生まれたと考えられています。

複数の子供が集まって横一列に並び、お互いに押し合って押し出す遊びとして「目白押し」と呼ばれる遊びもあります。

「目白押し」の対義語

「目白押し」の対義語は、「閑散・過疎」「ガラガラ・スカスカ」「予定が入っていない」などになります。

「大勢の人(多くのもの)が集まって並んでいる」という意味がある「目白押し」の対義語として、「閑散(人がいなくてひっそりと静まり返っていること)」「過疎(人口が減ってまばらであること)」を上げることができます。

人や物の数が少ないという意味の対義語として、「ガラガラ・スカスカ」もあります。

「目白押し」「短期間に物事・イベントの予定がたくさん詰まっていること」を意味するので、その対義語として「予定が入っていない」を上げることができます。

「目白押し」を使った言葉と意味を解釈

「目白押し」を使った言葉とその意味を分かりやすく解釈していきます。

  • 「話題作が目白押し」
  • 「目白押しに並ぶ」
  • 「目玉商品(人気商品)が目白押し」

「話題作が目白押し」

「話題作が目白押し」という言葉は、「映画・漫画・小説などの話題作がこれから次々にたくさん公開(発売)される予定になっていること」を意味しています。

「目白押し」には「楽しみな物事・行事のイベントが短期間に集中してあること」の意味があるので、「話題作が目白押し」という言葉は「話題になっている人気作品が短期間に集中して出てくること」を意味しているのです。

「目白押しに並ぶ」

「目白押しに並ぶ」という言葉は、「大勢の人々(たくさんの物)が隙間なく集まって並んでいる」という意味になります。

小鳥の目白が木の枝に隙間なくびっしり止まっているという「目白押しの語源・原義」に近いニュアンスで使われているのが、「目白押しに並ぶ」という言葉なのです。

「目玉商品(人気商品)が目白押し」

「目玉商品(人気商品)が目白押し」という言葉は、小売店・量販店のセールなどでよく使われる言葉ですが、「お得な人気のある商品を隙間がないほどにたくさん並べている(お買い得な人気商品をたくさん並べているから今買わないと損ですよ)」という意味合いになります。

「目玉商品(人気商品)が目白押し」という言葉は、セールストークの定型句のようになっていて、セールの時に「お買い得・割安・人気の商品がたくさん並んでいます」という意味になっています。

icon まとめ

「目白押し」という言葉について徹底的に解説しましたが、目白押しには「大人数が込み合って並んでいること」「物・商品が隙間なく並んでいること」「物事・行事のイベントが短期間に集中してあること」などの意味があります。

目白押しの類語・言い換え・似た言葉としては、「すし詰め」「ぎゅうぎゅう詰め」「イベントが盛り沢山」「予定が詰まっている」などがあります。

「目白押し」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。