意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「あざとい」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「あざとい」という表現を知っているでしょうか。

恋愛でも使われる言い回しですね。

ここでは「あざとい」という表現について詳しく紹介していきます。

あざとい

Meaning-Book
「あざとい」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「あざとい」とは?
  • 「あざとい」の表現の使い方
  • 「あざとい」を使った例文と意味を解釈
  • 「あざとい」の類語や類義語


「あざとい」とは?

「あざとい」というのは思慮が浅く小利口である、押しが強くてやり方が露骨であり、抜け目がない、という意味になります。

マイナスの意味合いで使われることが多い表現ですね。

思慮が浅い、というのは物事に対して短絡的な考え方しかできないという意味であり、小利口というのはその場その場でうまく立ち回るけれど大局を見失ってしまう人を指しています。

つまり、「あざとい」というのは短絡的でその場の事しか考えていない、あるいは抜け目がない、という意味になります。



「あざとい」の表現の使い方

「あざとい」という表現は恋愛において女性に使われることが多い表現だといえます。

例えば、好きな人ができた時はいろいろなアプローチをしますよね。

そんな時、気になる男性にあからさまなアプローチをする、年齢に合わないような露骨なアプローチをする、などという女性に対して使われることがあります。

「あざとい」女性は男性にマイナスな印象を与えるとも言われていますので、アプローチの仕方には注意が必要だと言えるでしょう。

「あざとい」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「あざとい」を使った例文1
  • 「あざとい」を使った例文2

「あざとい」を使った例文1

「彼女は美人だけれどあざといから、気をつけたほうがいいよ」

美人はあらゆる人の注目を浴びますよね。

もしも恋人が欲しいと思うならば、それだけで美人は得だと思えるかもしれません。

しかしその一方でもしもその人が美人でもあざとい性格であれば、男性から敬遠される可能性があるでしょう。

もしも露骨に寄ってくる、などということであれば、男性からは距離を置かれてしまう可能性があります。

「あざとい」を使った例文2

「あざといと思われるような言動は避けた方が無難です」

どうしてもあざといと思われてしまうような言動は極力避けた方が良いといえます。

それは恋愛のみならず、職場においても同様ですし、人間関係においても同じです。

露骨である、短絡的である、などというイメージを持たれてしまうと人間関係の構築がうまくいかなくなる可能性もありますよね。



「あざとい」の類語や類義語

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「立ち回りのうまい」【たちまわりのうまい】
  • 「ずるがしこい」

「立ち回りのうまい」【たちまわりのうまい】

「立ち回りのうまい」というのは実際の感情とは異なる振る舞いを取ることにたけている、という意味になります。

芝居がうまいという事ですね。

「ずるがしこい」

「ずるがしこい」というのは悪いところによく知恵が回る、悪知恵が働く、という意味になります。

とにかく人を利用するのが得意だとも言われています。

icon まとめ

「あざとい」という表現は特に恋愛で使われる傾向がありますので、よく覚えておきましょう。

あざといと思われてしまうような言動は避けたいものです。