意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「優に超える」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

「優に超える」の意味や類語を紹介します。

さらに「優に超える」という言葉の使い方や例文を紹介して行きます。

Meaning-Book
「優に超える」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「優に超える」の意味とは?
  • 「優に超える」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「優に超える」の言葉の使い方
  • 「優に超える」を使った例文
  • 「優に超える」を使う時の注意点


「優に超える」の意味とは?

みなさんは「優に超える」という言葉を使ったことがあるでしょうか。

比較的、日常的に使われる事が多い言葉ですので、普段から使っているという人も少なくないかもしれません。

ただし知っている事と、きちんとした意味を知っている事は別です。

そこで知っているけれど、正しい意味を説明するのが少し難しい言葉、「優に超える」の読み方や意味を紹介して行きます。

  • 「優に超える」の読み方
  • 「優に超える」の意味

「優に超える」の読み方

「優に超える」「ゆうにこえる」と読みます。

「優」「ゆう」と読みます。

難しい漢字が使われていませんので、読み間違える事が少ない言葉ですが、「ゆう」という音の漢字はたくさんあります。

「雄」「有」「夕」など、数え上げればきりがないくらいあります。

「優に超える」「ゆう」「優」という漢字を使う事を知っておきましょう。

「優に超える」の意味

「優に超える」「優」という漢字を見ると、「優しい」という言葉が浮かぶかもしれません。

もちろん「優」には「優しい」という意味もあるのですが、一方で「優勝」という言葉にも使われる力強い文字でもあります。

「優に超える」の場合の「優」は、「優勝」の方の「優」で、「優る(まさる)」という意味に近くなります。

「優」には「十分にある様子」「数量や程度を超えていて、まだ余裕がある様子」という意味があります。

「超える」という言葉と組み合わせると、「優に超える」「余裕で超える」「楽勝で超えている」「十分に上回っている」という意味になります。



「優に超える」の類語や言い換え・似た言葉

「優に超える」の類語や似た言葉を紹介します。

「優に超える」を他の言葉に言い換える時は、どのような言葉を選べばいいかを知っておくと、ボキャブラリーが増えて文章を書くのが楽しくなるかもしれません。

  • 「軽く上回る」
  • 「十分に上回る」
  • 「楽勝で超える」

「軽く上回る」

「優に超える」を他の言葉にすると、「軽く上回る」という言葉にする事ができます。

例えばサッカー日本代表の試合の観客が「5万人を優に超える」という場合と、「5万人を軽く上回る」という場合は、同じ意味になります。

「軽く上回る」という言葉の方が、簡単な言葉が使われているため、意味が通じやすいかもしれません。

また「上回る」よりも、「軽く上回る」という言い回しにした方が、上回った側の余裕度が強くなります。

例えばA選手の実力は、B選手の実力を「上回る」という場合は、両者の実力が拮抗しているイメージになりますが、A選手の実力は、B選手の実力を「軽く上回る」という文章は、A選手が本気を出さなくても勝てるイメージを与える事ができます。

「十分に上回る」

「十分に上回る」という言葉も、「優に超える」という言葉と言い換えられる言葉です。

「軽く上回る」という言葉ほど、余裕度のある上回り方ではないかもしれませんが、それでも上回っている事は確実だというイメージを与える事ができます。

例えばAさんはオーディションに合格する基準を、「十分に上回る」という場合は、合格への期待を持つ事ができます。

「楽勝で超える」

「楽勝で超える」という言い回しも、「優に超える」という言葉に近いものがあります。

Aというアルバムは、Bというアルバムのレベルを「楽勝で超える」などという使い方をします。

「楽勝」という言葉には、相手に圧倒的な差をつけて勝つという意味や、全く本気を出さなくても勝つ事ができるという意味があります。

「楽勝で超える」という言葉を使うと、比較対象との差が大きい事をアピールする事ができます。

「優に超える」の言葉の使い方

「優に超える」という言葉を、どのような場面で使えばいいでしょうか。

「優に超える」には、「余裕で超える」「十分に上回る」という意味があります。

そのため、この言葉を使う大前提として、「何かと何かを比較している」という条件が必要になります。

比較するものは何でも良く、AさんとBさんの容姿でも、足の速さでもいいですし、今年の夏の平均気温と去年の夏の平均気温でも構いません。

どのようなものを比較した時も、「優に超える」という言葉を使う事は可能です。

また「優に超える」という言葉には、「余裕で」「十分に」超えるという意味が含まれていますので、「比較したものの差が大きい事」が大切になります。

実力の差が同等だったり、やや劣っている場合は「優に超える」という言葉を使う事はできません。



「優に超える」を使った例文

続いて「優に超える」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面に登場する「優に超える」の例文を見て行きましょう。

  • 「優に超える」の例文1
  • 「優に超える」の例文2
  • 「優に超える」の例文3

「優に超える」の例文1

ビジネスシーンで「優に超える」を使った例文を紹介します。

「今年の新人社員の能力は、ここ数年の新人の能力を『優に超えて』いるな。数年後が楽しみになってきた」「私の残業時間は、平均2時間を『優に超えて』います。明らかに働きすぎですので、会社に抗議したいです」「この事業が成功したら、売り上げは10億円を『優に超える』だろう」などです。

「優に超える」という言葉を使うと、言葉にインパクトが出ますので、聞いている人に強い印象を残す事ができます。

「優に超える」の例文2

ニュースなどで耳にする、「優に超える」を使った例文を紹介します。

「今年の夏の暑さは異常です。平均気温は35度を『優に超えて』いるでしょう」「今年、日本に入ってきた外国人観光客の数は、ここ数年の平均人数を『優に超える』勢いがあります。日本が本格的な観光立国になるかもしれません」などです。

ニュース番組でも、事実をインパクトのある言葉でアピールしたい気持ちがあるため、「優に超える」という言葉を使う事が多いでしょう。

「優に超える」の例文3

日常生活における『優に超える」を使った例文を紹介します。

「今日食べたカレーライスは本当に美味しかった。妻が作ったカレーライスを『優に超える』な」「さっきすれ違った女性の美しさは、社内一の美女と言われるAさんの美貌を『優に超える』な。ああいう人が彼女になったら最高だな」などです。

日常生活を送っていても、何かと何かを比較する事は良くある事です。

男性なら食べ物の美味しさや、出会った女性の美しさなどを比較してしまうかもしれません。

「優に超える」を使う時の注意点

「優に超える」という言葉は、誰かを褒める時、自社の製品やサービスをアピールする時などに便利です。

たとえばAさんの美しいルックスを褒める時に、「優に超える」という言葉を使うと、Aさんの美しさが相手に伝わりやすいでしょう。

ただし「優に超える」は、何かと何かを比較して使う言葉です。

「Aさんのルックスは、Bさんを『優に超える』」という場合、Bさんを傷つけたり、怒らせてしまう可能性があります。

自社製品やサービスをアピールする時も、「わが社の○○は、B社の製品の性能を『優に超える』出来です」と言う事ができます。

自社製品の優秀さをアピールするにはもってこいの言葉ですが、B社の製品を貶める事につながる可能性があります。

このように「優に超える」という言葉を使う時は、比較対象に対して失礼にならないように、気を配る事が大切かもしれません。

icon まとめ

「優に超える」という言葉の意味や使い方を見てきました。

誰かと誰かを比較したり、今年の何かと、去年の何かを比較するのは楽しいものです。

様々な場面で使う事ができる「優に超える」を使いこなしましょう。