意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「遺憾なく発揮」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

「遺憾なく発揮」はどういった時に使うのでしょうか?

早速、「遺憾なく発揮」ついて紹介していきたいと思います。

遺憾なく発揮

Meaning-Book
「遺憾なく発揮」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「遺憾なく発揮」の意味とは?
  • 「遺憾なく発揮」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「遺憾なく発揮」の言葉の使い方
  • 「遺憾なく発揮」を使った例文と解釈
  • 「遺憾なく発揮」の英語
  • 「遺憾なく発揮」を分解して解釈
  • 「遺憾」を使った言葉と意味を解釈


「遺憾なく発揮」の意味とは?

「遺憾なく発揮」の意味は、遺憾という言葉を正確に理解する必要があります。

遺憾というのは、残る感懐としての、感動の場合では無い方です。

これは、遺憾とするというたいへん憂慮する事態で賛成に意を投じられないという状況の言葉です。

遺憾なくというのは、その後の感情にそれが悪くなかった、申し分なかったことを前提とする表現になります。

  • 「遺憾なく発揮」の読み方

「遺憾なく発揮」の読み方

遺憾なく発揮は「いかんなくはっき」と読みます。

遺憾なく発揮では、力を出し切ったという言葉の意味になります。



「遺憾なく発揮」の類語や言い換え・似た言葉

遺憾なく発揮の類語は、「実力100%発揮」「パワー全開」といった「全力」という言葉が類語だと考えられます。

「遺憾なく発揮」の言葉の使い方

遺憾なく発揮のことばは、遺憾なくという用語を良い意味で使用する方法です。

通常プレスなどで、遺憾だとすれば、それは、同意できない、憂慮する事態をどのようにするつもりだというかなり陰険な表現になります。

ですが、遺憾なくではそれと対象的に反対批評のないという意になるのです

「遺憾なく発揮」を使った例文と解釈

遺憾なく発揮では、その使用性において、痛快なというイメージがあります。

これは、達者にしごとをこなしたという、いつもどおりのプレーの意味が込められます。

そして、遺憾なく発揮する内容は、オンステージであったり、勝負の場面であったり、その仕事のスキルへの評価でもあるのです。



  • 「遺憾なく発揮」の例文1
  • 「遺憾なく発揮」の例文2
  • 「遺憾なく発揮」の例文3

「遺憾なく発揮」の例文1

「遺憾なく発揮することは、多くの人の好評に繋がりました」

遺憾なく発揮することは、あえてアグレッシブさを控えた態度かもしれません。

仕事を着々とこなすような態度には、自身すら伺えるほどという表現も適当です。

つまり、仕事してすべてパーフェクトを出していくという作業には、コンスタントな評価が付くものです。

「遺憾なく発揮」の例文2

「遺憾ないその演技には、醜悪なムードは一切ありませんでした」

遺憾ない演技というのは、その編集者としても、監督としても、申し分ないという程度のプレーを言います。

このような仕事としてプレーをたくましくする演技者は、観客の雰囲気としても清涼な響きのするものです。

そして、そのプレーの公正さが相まって、識者からは遺憾ないと表現されます。

「遺憾なく発揮」の例文3

「名勝負と言われた両者は、遺憾なく双方の実力を出し切りました」

名勝負と言われるというのは、その闘いが不正無く、公正甚大であったと言うべきものです。

そして、遺憾なくという審判からの評価により、また審判からの正式で公平なジャッジにより、両者の活動の魂は燃えてくるのです。

つまり、審判の力量として公正を目指すことを宣言すれば、おのずと双方のプレーは評価がつくようになります。

「遺憾なく発揮」の英語

遺憾なく発揮 meaning in english

遺憾なく発揮の英語は、“full swing”です。

「遺憾なく発揮」を分解して解釈

遺憾なく発揮ということばは、悪いところのないプレーでしたという構成になります。

つまり、問題ないを遺憾なくという言葉として使用します。

発揮では、実力を発揮するの事になりますので、その評価をあえて、アンチテーゼとして表現します。

これは、称賛をあたえるのではなく、まずまずであったという権限からの評価として伝わります。

  • 「遺憾」
  • 「発揮」

「遺憾」

遺憾は、よくエゴイスティックな場面の応酬として、遺憾だとする表現があります。

これは徒党を組むようなケースで、権力争いや、利権争いの現場で、公に先行プレスされたりします。

ただし、このような、特攻的な表現は怒りを煽るだけではなく、怪しまれる人物という評価や、好ましからぬ表現の連発として、計略家の異名をとることもあるので、留意が必要です。

「発揮」

発揮という表現は、発するに指揮のきを合わせた熟語です。

これは、指揮権を遺憾なく発揮して、指導を発していたとする指導者の優勢を表現する言葉でしょう。

つまり、発揮するのは、発揮させるくらいの監督や指導の存在があるのです。

指導を受ける方としても、それを純に受け取って、プレーを燃焼させるような、心からの闘争心が必要になります。

「遺憾」を使った言葉と意味を解釈

遺憾を使用した言葉では、その使用法が、慎ましやかでなくてはならない意味があります。

遺憾ですという表現を丁寧に言ったとしても、立場に優位性があれば、その発言は結構な重さとなります。

そして、上位だけではなく、取引先の上位から言われると、下位は立ち行かなくなるのが必須となります。

  • 遺憾の意
  • 遺憾の熟慮

遺憾の意

遺憾を表すのには、厳かに表現すべきです。

遺憾を表すというのは、静かにそれを表現すると最も効果が高くなります。

たとえば、トップに付く人が、大きな金額を動かしているのがささやかれていると、その質問事項にさえ極めての注意事項が参照されます。

これは、危険度のたかいもので、もし嫌われたらという内容は、遺憾とされます。

遺憾の熟慮

遺憾という言葉には、知性的な響きがしますので、暴力的に多用するのは頻度を超えています。

遺憾という言葉には、知性の結晶からの発言として理解されるべきです。

あいての暴力を誘っているかのような発言には、演出として最低というレッテルを発せられます。

特に、争論の現場で、それを傍聴している人たちは、当人たちを見下しているのが普通になります。

他人の争いにこそ、遺憾の意表が必要になります。

icon まとめ

遺憾なくというのは、あえてマイナスではないという表現で、肯定的に評価をするという表現です。