意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「公平を期す」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

「公平を期す」という表現は、「代表の選抜に関して公平を期す」「公平を期した採点をする」といった文章で使用されていますが、実際にはどのような意味・使い方を持っているのでしょうか?

「公平を期す」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、分かりやすく解説します。

公平を期す

Meaning-Book
「公平を期す」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「公平を期す」とは?
  • 「公平を期す」の表現の使い方
  • 「公平を期す」を使った例文と意味を解釈
  • 「公平を期す」の類語や類義語


「公平を期す」とは?

「公平を期す」という表現は、「すべての人・物を平等に扱うように心がけること、約束すること」を意味しています。

また「公平を期す」というのは、「すべての人・物が平等に扱われることを期待する」「判断・処理などに偏りが生じないように約束すること、努めること」を意味している表現なのです。

「期す」という表現には、「約束する・誓う」「期待する・心がける」といった意味合いがあります。

  • 「公平を期す」の読み方

「公平を期す」の読み方

「公平を期す」の読み方は、「こうへいをきす」になります。



「公平を期す」の表現の使い方

「公平を期す」の表現の使い方は、「すべての人・物を平等に扱うように心がける場合(努める場合)」「すべての人・物を等しく扱うことを期待する時」に使うという使い方になります。

例えば、「大学の入学試験は、出身高校・地域などで不利益がでないように公平を期さなければなりません」といった文章で、この言葉を使用できます。

「公平を期す」を使った例文と意味を解釈

「公平を期す」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「公平を期す」を使った例文1
  • 「公平を期す」を使った例文2

「公平を期す」を使った例文1

「人事評価は公平を期すようにしないと、社員の労働意欲が低下してしまいます」

この「公平を期す」を使った例文は、「すべての社員の人事評価を平等に(ひいきせずに)行うように約束している・心がけている」という意味で、「公平を期す」という表現を使用しています。

「公平を期す」を使った例文2

「このプレゼント企画の抽選は、無作為抽出で当選者を選ぶ方式によって公平を期しています」

この「公平を期す」を使った例文は、「公平を期す」という表現を、「プレゼント企画の抽選で、当選者を選ぶ処理の方法に偏り(不公平)が生じないように約束している・努めている」という意味で使っています。



「公平を期す」の類語や類義語

「公平を期す」の類語・類義語を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「平等に取り扱う」【びょうどうにとりあつかう】
  • 「不公平を無くす」【ふこうへいをなくす】

「平等に取り扱う」【びょうどうにとりあつかう】

「公平を期す」という表現は、「すべての人・物を平等に同じように取り扱うこと、ひいき・差別をしないこと」を意味しています。

その意味合いから、「公平を期す」と類似した意味を持つ類語(シソーラス)として、「平等に取り扱う」を指摘できます。

「不公平を無くす」【ふこうへいをなくす】

「公平を期す」という言葉は、「判断・処理において偏りを無くすこと」「不公平な処遇・扱いを無くすこと」を意味しています。

それらの意味から、「偏りを無くす・不公平を無くす」という表現を、「公平を期す」と良く似た意味を持つ類義語として考えることができます。

icon まとめ

この記事で解説した「公平を期す」の表現には、「すべての人・物を平等に扱うように約束する・期待する」「判断・処遇などに偏りが出ないように心がける」などの意味があります。

「公平を期す」の類語・類義語として、「平等に取り扱う・同じように処遇する」「偏りを無くす・不公平を無くす」などがあります。

「公平を期す」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。