意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「娶る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「娶る」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「娶る」という言い回しについて詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「娶る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「娶る」とは?
  • 「娶る」の表現の使い方
  • 「娶る」を使った例文と意味を解釈
  • 「娶る」の類語や類義語


「娶る」とは?

「娶る」というのは妻として迎える、という意味になります。

「妻を娶る」という表現で使われることが多く、様々な文学でも使われている表現です。

妻として迎えるという意味であり、夫として迎えるという意味はありません。

「嫁ぐ」という表現の反対語として認められており、男性から見た表現になります。

男性が女性を妻として迎えることを指しており、女性が男性の家に入るときに使われる表現です。

  • 「娶る」の読み方

「娶る」の読み方

「娶る」という表現は「めとる」と読みます。

文学などでよく使われる表現ですのでぜひ覚えておきましょう。



「娶る」の表現の使い方

「娶る」という表現は男性が女性を妻として迎えるときに使われる表現です。

「女性を取る」という漢字になることからもわかりやすいですね。

結婚は男性から見て「妻を娶る」ということになり、「娶」という漢字は「娶る」意外に使われません。

女性が男性を「娶る」という言い方はしませんので気をつけましょう。

「娶る」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「娶る」を使った例文1
  • 「娶る」を使った例文2

「娶る」を使った例文1

「結婚には興味がないのですが、両親から妻を娶るように言われています」

最近は独身主義の人が増えていると言われています。

しかし、男性の中には家族が跡継ぎを望んでいるなどということもあるかもしれませんね。

確かに、男女平等の社会になったとは言え、やはり男性が家を継ぐべき、男の子が生まれなければいけない、などという考え方は珍しくありません。

その結果、男性の場合は両親から結婚するようにしつこく説得されることもあるかもしれませんね。

「娶る」を使った例文2

「彼は隣町から妻を娶りました」

男性が結婚相手を探すときは、様々な方法を使うのではないでしょうか。

最近は婚活などという言葉もあり、結婚相談所などで女性を探すこともあるかもしれませんね。

あるいは街コンなどに参加し、地元で女性を探すという人もいるかもしれません。

男性の結婚適齢期は30代と言われていますが、もしも婚活を始めるならば20代から婚活を始めた方が良いとも言われています。



「娶る」の類語や類義語

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「嫁入り」【よめいり】
  • 「結婚」【けっこん】

「嫁入り」【よめいり】

「嫁入り」というのは女性が結婚して夫のもとに行く、嫁となって夫の家に行く、あるいはその儀式を指す表現です。

未婚の女性のことを「嫁入り前の娘」などとも言いますね。

「結婚」【けっこん】

「結婚」というのは夫婦となることを指しています。

特に男女の間で夫婦関係を生じさせる法律行為を指しており、婚姻届を出すことによって成立します。

icon まとめ

「娶る」という表現は男性から見た表現ですので、女性が使う事は滅多にないかもしれませんね。

使い方には注意が必要な表現だといえます。