意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「娶る」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

娶るという表現は、嫁ぐの反対語として、認識されます。

娶るは男性からのはっきりとした、結婚の表明になります。

そして、娶るという意味には、女性を私は伴侶として認めますという、女性に対する価値としての認識も含まれているのです。

つまり、男性が女性を選ぶ際には、それ相応の自らの判断と、それに伴って、両家での判断を加えた後に、ちゃんとした式典をもって、娶る・娶ったと表明できるのです。

娶るという意味においては、結婚式場が必要なイメージもあります。

ですが、新婦の家庭に結納をしっかりと納めることをしておくことで、結婚の後からの生活もスムーズに行くものです。

娶ることには、いくばくかの金額がかかることはありますが、結局は男性自身の結婚に対する責任感を表すことばとして、優秀でしょう。

娶る

Meaning-Book
「娶る」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「娶る」の意味とは?
  • 「娶る」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「娶る」の言葉の使い方
  • 「娶る」を使った例文と解釈
  • 「娶る」の英語
  • 「娶る」の語源
  • 「娶」を使った言葉の意味と解釈


「娶る」の意味とは?

娶るの意味は、男が女を嫁として迎えることを言います。

これは、嫁ぐの言い方の反対の表現として、有名です。

娶るという段階では、初婚の段階で、妻を家に入れるという意味になり、男が、女の生計を養ったり、家内で、女を家事労働に就かせることを指しています。

娶るという段階では、男からの誘いに応じる形で、婚宴の後に女が男の家に入ることを言います。

  • 「娶る」の読み方

「娶る」の読み方

娶るは「めとる」と読みます。

娶るという漢字の由来は、女を取ると書きます。

ですので、おんなをとるでめとるになります。

娶るという言葉は、誰を指すというよりも、男が婚姻後、生計を同一にする女子を入籍として迎えることを指していますので、娶るということには、女性を支える義務が生じます。



「娶る」の類語や言い換え・似た言葉

娶るの類義語では、嫁を迎えるが、正当な表現です。

他には、嫁と婚姻関係になるという意味も同一でしょう。

これは、娶るという表現が、男からの主体的な同士として作用しています。

反対の嫁ぐのほうは、女子が主語になります。

娶るという動詞は男性から、アプローチの結果として、女子が応じるかたちで行われます。

「娶る」の言葉の使い方

娶るの言葉の使い方は、現代でも応用できます。

これは、男性本位のような表現ですが、男性が主体となって、女性を迎え入れるという表現になり、男性の強さをイメージさせることばです。

反対に嫁ぐという動詞では、女性の謙遜な様子が表現されます。

娶るという意味には、男性の強さと、生計を維持するという主体性が強く表れる表現です。



「娶る」を使った例文と解釈

娶るを使用した例文では、娶るということを期に男性が変わっていくという意味においても、人生の成長過程においては、重要視される出来事となります。

娶る状況に関しても、女性側からの応答の結果として、男性がそれに応じるということもありますので、結果的に娶ることになってしまったという表現も、面白みがあります。

また、娶ることを親から言われてというお見合い結婚の場合でも、親からの承諾と指示で娶ることを決意したという言い方が可能です。

  • 「娶る」の例文1
  • 「娶る」の例文2
  • 「娶る」の例文3

「娶る」の例文1

「妻を娶ることを期に、自分自身の生き方が変わりました」

娶るということは、男性自身の生活の在り方が変わることです。

これは、自分の生計だけではなく、女性のほうの生計も工面するというものです。

ですので、娶るということには、働くという責務と、それからの子育ての面において、重責となる家庭生活が始まります。

これは、娶るという責任に主体をおいた男性の変化として、生きようが変わっていくものなのです。

「娶る」の例文2

「女性からの嫁ぎたい一心で、娶る決意を固めました」

女性からの要請が強くて、男性が折れるケースもあります。

これは、男性に女性が惚れ込んだケースとして、ついに、男のほうとしても、娶る決心をしたという言い方です。

これは、娶るという決意の部分においては、男性のはっきりとした意思表明を必要としますので、それが、女性からしても頼もしいと思われるようになります。

「娶る」の例文3

「娶ることを親からの承認と承り、婚約式を丁寧に行いました」

娶るということを親からの支持があり、決めましたという表現があります。

これは、親が実質仲人をするような場合においての表現です。

そして、その意思決定に関しては、婚約の当人たちの心があるかたちとなり、その承認を親が出して、娶ることを正式に認め合うという意味になります。

「娶る」の英語

娶る meaning in english

娶るの英語としては、“take a wife”がその言葉となります。

テイクの方が獲得するという意味に近いものです。

「娶る」の語源

娶るの語源は、おんなをとるになります。

女をめと呼ぶのは古語になります。

女を取ることを、婚姻関係を結ぶという男性主体からの表現になるのです。

娶るという意味は、男性が女性を選んだ中から、最適な妻として獲得するという意味があり、それは、女性からの嫁ぐという意思決定よりも重要とされます。

つまり、女性の人生の責任の半分を担うという意味になります。

「娶」を使った言葉の意味と解釈

娶るを使用した言葉では、娶るという行為が、だれが主体的に決定したかが、論点にもなります。

この論点では、娶るという決断が、いつ誰に促されてというものが、その後の結婚生活の在り方を決定づける要因として存在します。

つまり、娶るということが、男性自身がそう思ったのか、自分自身の判断の材料はどんなものがあったのかを、結婚当初の初心で再確認していくという結婚生活には有用なのです。

  • 「娶らせる」
  • 「娶られる」

「娶らせる」

娶らせるという言い方は、男性のライバルからの表現の場合と、その女性の両親からの言葉である場合、そして、男性の両親からの場合とわかれます。

男性のライバルからすれば、友人にすきな女性を取らせるという言い方で、娶らせるという捨て台詞にもなります。

両家の両親からすれば、その男性が的確な年齢と力量に達しているのを確認して、娶らせるという許可を出すのです。

「娶られる」

娶られるという方言は、女性からの嫁ぐを、男性の側から見た、受動態として表現する方法です。

もしくは、上位の肩が、女性と婚姻関係を結ぶさまを、尊敬語として娶られるとする場合もあるでしょう。

娶られるという言い方には、女性が受け身としての立場を言う意味になりますが、あまり一般的な言い方ではありません。

そして、娶られるという尊敬の表現に関すれば、式場での司会者の挨拶になることは、うけあいでしょう。

icon まとめ

娶るという表現は、武家の魂のような言い方になります。

これは、一般社会に置いても、正式に女性を取るという表現を可能にしたいところです。

この娶るという言い方には、新婦の家庭にしっかりとした結納金を払った時に、大声で言うことができます。

つまり、両家の相談で、しっかりとした縁談が結ばれて、晴れて結婚だった時に、男性の方から、娶るという公式の発表がなされるのです。

娶るという言い方は、おんなを取ることとして、男性の獲得イメージがありますが、娶ったあとでは、その伴侶を正式に養っていく義務も生まれますし、そのほかの、家庭内の揉め事に関しても、男性から、女性を指導していくという意味も含まれます。