意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「妙なる」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

「妙なる」は妙なるかなと称されるように、日本の古語の響きのする言葉です。

歌として、妙なるを使用すれば、音楽としても歌詞としても、古い伝統舞踊のような響きをもたせることができます。

また、妙なるには、それを聴き取る能力も必要になり、妙なるの意味に、同意できるくらいの完成の研ぎ澄ましが必要でしょう。

妙なるという音の数に合わせて、和歌を作ってみるのもたのしいことです。

音の数を合わせる日本の和歌に、たえなるという表現を複合的にあしらうと、その妙なるの意味にも重なるイメージが付加されて、景色だけではなく、音色をも表現する手法となります。

妙なると称されることは、貴重なという意味がありますので、妙である音に音読みだけではなく、訓読みのひらがなの響きをたのしむのも、ことばあそびと言えるでしょう。

妙なる

Meaning-Book
「妙なる」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「妙なる」の意味とは?
  • 「妙なる」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「妙なる」の言葉の使い方
  • 「妙なる」を使った例文と解釈
  • 「妙なる」の英語
  • 「妙なる」の語源
  • 「妙なる」を使った言葉の意味と解釈


「妙なる」の意味とは?

妙なるの意味は、みょうという表現でも賄えます。

妙という表現は、珍しいという意味になり、それが存在しうる不思議さを意味しています。

そして、それを日本の訓読みで妙なると称します。

妙なるという意味では、それが珍しくありがたいという表現で良いのですが、妙なと言ってしまうと、変なの意味にもなり、使用法の留意が必要です。

  • 「妙なる」の読み方

「妙なる」の読み方

妙なるの読み方は、「たえなる」です。

妙なるという表現は古語に等しい言い表しかたになります。

妙なるで、表記されるたえは、女性の名前名詞としても、使用されることが有り、女性の中で少ないという漢字の使い方には、女性の子として、才能の珍しいという内容があります。

つまり、珍しい特技を持っていると称される女子に妙という表現があります。



「妙なる」の類語や言い換え・似た言葉

妙なるの類義語として、めずらしいや、くすしいがあります。

くすしいは奇跡の奇と書きますが、これも、奇っ怪なという意味ではなく本来は、珍しくありがたいという意味です。

現代語の響きでは、妙なるも妙なひととして使用されることがありますが、本来は、数少ないという良い意味での使用法が本来でしょう。

「妙なる」の言葉の使い方

妙なるの言葉の使用法は、妙なるという音の響きで、歌詞として使用する方法があります。

言葉として、古語は音楽へのフィーリング性能が高いので、妙なるかなとすれば、宗教色の強い音楽イメージに最適になります。

他には、妙なるという意味を用いて、妙なる宝という複合的な意味で使用するとイメージが良く伝わります。



「妙なる」を使った例文と解釈

妙なるの例文では、妙なると称される実体が、どのようなものであるかで、印象が変わってきます。

妙なる宝飾品であれば、女性の持つつましやかなもののイメージです。

反対に妙なる響きがすぐに終わったとすれば、音楽の繊細なイメージになります。

そして、妙なるかなと響きの音を合わせれば、短歌として優秀な作品になるでしょう。

  • 「妙なる」の例文1
  • 「妙なる」の例文2
  • 「妙なる」の例文3

「妙なる」の例文1

「妙なる商品と言われて開けてみると、中には手作りの小物でした」

妙なる商品と言われると、少々商材としては、変なイメージがしますが、古語を現代風として扱うと、内容の商品も和的なもののイメージがします。

つまり、キャッチコピーとして相応しいくらいの内容の商品であれば、それは伝統美を司るものに値します。

妙なるという響きではめったにないというものですので、工業製品には向かないでしょう。

「妙なる」の例文2

「音楽の妙なる調べを耳に聞き入れた」

音楽の妙なるというのは、音として一番イマジネーションしやすい言葉による表記法です。

妙なるという数少ない音の響きには、不思議なそして貴重なものが漂っています。

つまり、妙なるというその過ぎ去っていくものを追いかけるような音楽の鑑賞法というわけです。

妙なる音楽とすれば、古楽器を使用しためずらしい音質がその対象でしょう。

「妙なる」の例文3

「言霊の導きたる糸妙なるかな」

短歌のような響きにしても、妙なるは本来古語に等しいものですので、使用価値が高まります。

妙なるかなでは、字余りになる音数ですが、あえて字余りを使用するたぐいでは、かなをつけると優秀です。

他には、妙なりと、と文脈断定形で切ったとしても、音の響きが優秀になります。

妙で、たえだえとと表現すれば、断つというイメージが損なわれて、良い音のイメージになります。

「妙なる」の英語

妙なる meaning in english

妙なるの英語は“ exquisite”です。

「妙なる」の語源

妙なるの語源は、妙ということばで経の古い書物があります。

抄という表記で古語の類にはなりますが、妙というものもつくりの漢字の単位としては、同系列でしょう。

ですので、古語伝来の中でも、日本独自のものというより、その訓読みを当て字として、たえなると訓読み化したのが、妙の日本語ひらがなです。

音の性質よって、大陸伝来の漢字には音読みが通常と読まれるものがあります。

「妙なる」を使った言葉の意味と解釈

妙なるを使用した言葉では、妙なるを使用した言葉では、妙なるをその音の妙によって、判別するという手法で、音楽に対する表現方法として、使用するのが一般的です。

そして、妙なるものとすれば、音楽を奏でるような、美術作品としても評論に使用できます。

妙なるにかなや、妙にとおもうとすれば、複合使用法として、和歌のしらべになるでしょう。

  • 「妙なるしらべ」

「妙なるしらべ」

妙なるしらべを聞き至る 稀な音にはそぞろなりと

妙なるという意味には、それを表現する独特のイマジネーションがあります。

数少ない貴重なという意味が付加されますので、一瞬聞いただけで、それが流れていくのを惜しむくらいだとする、妙なるしらべの使い方が可能です。

妙なるしらべとすれば、和琴の調べなどが、ありますし、古音楽であれば、古楽器の調べに妙なると称することができます。

icon まとめ

妙なるしらべには、古い音楽性能のはなしがあります。

そして、その和歌に対照するものとして、和歌を詠うという場面では、妙なる音色という意味で、朗読にも響きの表現を要求されるでしょう。

つまり、妙なるというしらべには、言葉で編む詩の意味が含まれるのです。

日本語の美しいしらべに関しては、古来の日本語の音声と同色の音楽がありますので、古い動揺にもそれらの音色とセットの歌詞があるものです。

その歌詞の響きを音声で詠う際に、日本の古文学の歌詞にも、妙なるしらべがあるのです。

かるたあそびというものがありますが、古来の歌をしらべとして扱うものには、たしかに耳で聴き取るという確かな能力が求められます。

そして、歌を味わう際にも、妙なるしらべとして、それを味わう意味があるのです。

干渉として、そして評論として妙なるという表現を使用するのには、たしかにものを評価する表現者の力量が必要です。

その妙なるものはなにかと質問されれば、それを具体的に言葉で表現することを覚えるのも、文学や芸術を味わう技術と呼べるでしょう。

妙なる表現を身につけることにより、くすしい人物になれることもありますし、それが、ただ単にめずらしいで終わらない響きを残すことにもなります。

数少ないという貴重な意味を添える妙なるという表現には、日本の訓読みのうつくしい意味合いがあるのです。