意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「奏功」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

奏功(そうこう)という言葉は、それほど馴染みがないかもしれません。

漢字を見ても非常にイメージしづらい言葉となっているのですが、最近では、話題の人についてこの言葉を使うことが多くなっています。

そこで奏功という言葉はどのような意味があるのでしょうか。

具体的にみていきましょう。

奏功

Meaning-Book
「奏功」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「奏功」の意味とは?
  • 「奏功」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「奏功」の言葉の使い方
  • 「奏功」を使った例文と解釈
  • 「奏功」の対義語
  • 「奏功」の英語
  • 「奏功」と成功の違い
  • 「奏功」を使った言葉と解釈


「奏功」の意味とは?

「奏功」(そうこう)の意味ですが、功績を天子に奏上する意味があります。

つまり、何かにおいて、おこなったことがうまくいって成果が上がることといった意味合いがあります。

つまり、行ったことの成果が出て、そしてそれが評価されることなどを示しています。

功績が出ることだったり、成績が出ることを意味していることが多いですので、そういった意味の文章で使われることになります。

  • 「奏功」の読み方

「奏功」の読み方

奏功の読み方ですが、そのまま「そうこう」と音読みで読むことになります。

簡単な読み家ですが、奏功という言葉を知らなければ、漢字等もイメージしにくいです。

なのでこの言葉を知っておくようにしましょう。



「奏功」の類語や言い換え・似た言葉

奏功は功績が出る、成果が上がるといった意味合いがあります。

このため、類語も似たような意味合いがあります。

奏功は功績を出すという意味合いがありますので、なにか物事に対して、成果をあげる意味の類語になります。

  • 「成就」
  • 「小成」
  • 「成功」

「成就」

成就は奏功と似た類語となります。

意味としては物事が結びつき成功をおさめるさまを示しています。

従って、奏功とは似た意味合いがあります。

しかし、成就の場合、恋愛成就などで使われますので功績というよりも願いや望みが叶うという意味合いが強くなります。

「小成」

小成とは同じように奏功と使われ、成果が出て成功を収めるという意味があります。

結果が出るという意味もあります。

このため、同じような類語として使えます。

しかし、小成は、奏功とは違い、功績などはそれほど意味しないので、その点で場面に合わせて使い分ける必要があります。

「成功」

奏功はしばし「成功」とも似ている類語として使われることが多いです。

成功は、同じように、物事が成就したり、物事が結果が出ること、失敗せずに成果が現れることなどを示しています。

しかし、奏功と異なるのは、功績として、讃えられるかどうかという違いがあり、成功は、小さなものから、大きなものまであり、功績にならなくても、自分だけに使う場合もありますので、この点で違います。

「奏功」の言葉の使い方

奏功の言葉の使い方ですが、さまざまな使い方がありますので、知っておきましょう。

まず、行動が良い結果となるという意味合いで使われることになりますので、悪い行動から良い行動をしたら、奏功したという使い方で使うことになります。

よって、人の行動に使うことになります。



「奏功」を使った例文と解釈

奏功を使った例文にはどういったものがあるのでしょうか。

奏功は、行動が成果をあげたという意味がありますので、その例文となります。

人の行動に使うことになりますが、間違って使わないようにしっかりと例文を覚えておきましょう。

  • 「奏功」の例文1
  • 「奏功」の例文2
  • 「奏功」の例文3

「奏功」の例文1

「悪い行動を良い行動と入れ替えたら、奏功した」

このように、自分の行動を良い行動にしたことによって、奏功したという形で使うことが出来ます。

自分の行動は悪い行動だったら結果が出ないが良いことをすれば結果が出るという意味で使うことになります。

「奏功」の例文2

「こちらの勝負手が結果的に奏功した」

こちらは、よく将棋の時にも使われる言葉ですが、勝負手が結果的に勝利に繋がり、功績に繋がったという時に使うことになります。

従って、勝負時に使われるような例文となります。

この使い方も一般的であり、時に最近はニュースでも使われることが増えていますので、覚えておくようにしましょう。

「奏功」の例文3

「粘りが奏功した」

これは、勝負への姿勢だったり、努力の姿勢の結果奏功したという意味になります。

粘りが奏功した、努力が奏功した、など、行動の結果が功績になったという意味になります。

つまり頑張りなどをここでは最初に付け加えることになります。

「奏功」の対義語

奏功の対義語にはどういったものがあるのでしょうか。

奏功の対義語ですが、奏功しない、失敗するという意味合いがあると思いますが、このしっかりとした奏功の対義語というのは存在しないことになります。

反対語の意味を考えるなら、奏功しない、というのが対義語としてふさわしいと言えるでしょう。

また、失敗というのは対義語に近いですが、これは成功の反対語になりますので、少々意味合いが異なります。

「奏功」の英語

奏功 meaning in english

奏功の英語に関しては、“Successful”という言葉が使われることが殆どです。

また、走行するという場合には、英文として、“besuccessful. ”という風に使われることが多いので、覚えておくようにしましょう。

これは成し遂げるという意味合いもありますので、いろんなシーンで実は使える英文となります。

「奏功」と成功の違い

奏功と成功はまったく同じような意味に思われますし、類語でもありますが、違いはいくつかあります。

まず、どちらも「ものごとがうまくいく」という様を示しているので、そのことを知っておきましょう。

しかし、細かい意味が異なってきます。

成功はすべてのことがうまくいくという意味合いがありますが、奏功の場合、手段、作戦などが上手く働くことによって、成功を収めたという意味があります。

なので、少々ニュアンスが異なりますので、使い分けることが大切です。

「奏功」を使った言葉と解釈

奏功を使った言葉、そして解釈にはどういったものがあるのでしょうか。

奏功は、いろんなところで使われますが、その他にもこれを使った言葉があります。

言葉の意味などをそれぞれ知っておきましょう。

  • 「奏功率」
  • 「奏功事例」
  • 「奏功する」

「奏功率」

奏功率は、奏功を使った言葉になります。

どのような意味があるのかというと、奏功率(治療評価)という意味があります。

これは、治療効果があらわれた、又はあらわれる割合をいいます。

主に、薬による治療や放射線療法の治療の効果を示す指標の一つとして使われています。

主に医療用語であり、普段は余り使うことはありません。

日常会話でも使うことはないと言えるでしょう。

主にメディカルで使うことになります。

しかし、死亡率を表す言葉ではないので、気をつけましょう。

「奏功事例」

奏功事例は、これは、大きな事柄にならずに済んだという事例になります。

成功した事例、上手くいった事例といった意味合いで使われることになります。

奏功事例として、わまざまな例が挙げられることになりますので、例を示したい時に使うことになります。

「奏功する」

一般的な使い方であり、物事が「成功する」という意味合いを示しています。

工作が奏功する、作戦が奏功するという意味合いで使われることになります。

奏功だけで使うということはあまりなく、「奏功する」という形で使われることが多くなっています。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

奏功という言葉にはさまざまな使われ方があります。

また、同じような意味合いの言葉である、成功という言葉とは意味が少々異なります。

このイントネーションの違いを理解しておきましょう。

ニュースなどでもよく使われる言葉ですので、覚えておくとさまざまなシーンで役立ちそうです。

読み方や意味などを含めて、頭に入れておくようにしましょう。