意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「天地無用」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

天地無用の意味は、物流の専門用語というだけでなく、荷物を発送する時点で、ダンボール箱に貼るかどうするかという、顧客としての依頼を伝達する場面でもあります。

天地無用のシールは、それを運ぶ担当員が目視で確認して、そのように行うことが常識とされています。

また、無用という言葉には、その響きから用いずという意味があり、何を何のために用いずのことであるのか、具体的な内容を知っておくことが肝心です。

天地無用

Meaning-Book
「天地無用」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「天地無用」の意味とは?
  • 「天地無用」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「天地無用」の言葉の使い方
  • 「天地無用」を使った例文と解釈
  • 「天地無用」の語源
  • 「天地無用」と心配無用の違い
  • 「無用」を使った言葉と解釈


「天地無用」の意味とは?

天地無用の意味は、天地を逆さまにしないようにというイメージです。

これは、物流で使用する箱などに書いてあり、天地無用とすれば、その箱を傾けたり、逆さまにして置かないようにとの指示書きになります。

無用という言い方は現代では、関係ないと捉えられがちですが、実際は、他に用いることを禁じるという意味で、箱の天面と地面の向きを間違えないようにと言う物流の鉄則になります。

  • 「天地無用」の読み方

「天地無用」の読み方

天地無用はてんちむようと読みます。

天地無用では、その天面を指して、上の面となり、その地面を指して、地面となります。

通常物流では地面の底に当たる面は見えませんので、天面に天地無用と張り紙をするか、シールを張るようになっています。

また、箱の上部に天という漢字を書くだけでも、物流担当への指示書きとして明示することは可能です。



「天地無用」の類語や言い換え・似た言葉

天地無用の言い換えでは、置き方に注意や、天面を上に向けることという指示内容があります。

天地無用では、その物流担当が目視で確認して、気をつけて運んでいくという内容になり、目視でその注意をいちいち確認することが重要と言われます。

その他天面に積載禁止というものもあり、天面に載せる荷重物に弱い場合は、天面を一番天面にするようにとの積載の方法指示があります。

「天地無用」の言葉の使い方

天地無用の言葉の使い方は、表記として物流で運搬する箱に書いておく方法が主流ですが、口頭で担当動詞が伝え合うときに、天地無用だからという指示を交わします。

これによって、横向きに箱を置いてはならないという意味になり、トラックの中に入れる際にも、考えて配送設置をおこなう事になります。



「天地無用」を使った例文と解釈

天地無用を使用した例としては、天地無用を伝達し合う環境的な状況もあります。

つまり、箱の上の天地無用の印を確認して、自分でそれを認識する場合があり、また、人づてに気をつけてくださいという指示内容の際に口頭にする場合があります。

また、なにか物損が起こった際に、必ず天地無用にという表記がされていた場合には、物流担当の責任問題となることもあり、なおざりにできない問題であると言えます。

  • 「天地無用」の例文1
  • 「天地無用」の例文2
  • 「天地無用」の例文3

「天地無用」の例文1

「天地無用の表示を確認したので、その指示内容に従いました」

天地無用という表示は、最近ではシール貼りになっていて、発送者がそれを頼むと、担当が張り紙をするようになっています。

その指示内容は目立つ表示になっているので、留意していないと見落とす可能性はあります。

ですので、一つのパターンとして、仕事を認識する必要があります。

同じ物流では、同じタイプのシールになっているので、条件反射として天面を上にします。

「天地無用」の例文2

「天地無用ですと言われたので、その支持のとおりに天面を上に向けました」

天地無用ですという指示のとおりに、次のターンの作業者がそのように行うのは当然と言えます。

ただし、ここには得意顧客の対応であるケースが有り、または、天地無用の表示とセットで、精密とある場合には、殊更に天地無用を守らなくてはなりません。

特に注意する内容の物流品に関しては、必ずという意で、天地無用という言葉を、注意書きに加えて言葉で伝達します。

「天地無用」の例文3

「天地無用の指示書きを無視した事として、問題が起こりそうになりました」

問題が起こる前に、注意書きのとおりに作業すれば問題はないのですが、天地無用と書かれているシールが見えなかった、若しくは、注意して作業していなかったという業務怠慢の恐れがあります。

これは、意識的に仕事内容を把握し行動に移す努力を怠ってはならないという意味です。

天地無用という指示書は発送元から来ていますので、金額を払ったのであれば、それに従応するのは当然であると言えます。

「天地無用」の語源

天地無用の語源としては、天地という意味から、宗教用語のひとつではなかったかと言われる雰囲気はあります。

つまり、天と地は逆さまになることはないという大前提をうたったもので、天の理は覆されることはないという意や、まっすぐに天を目指して直立不動とする武術の意味も関与されます。

天地無用を物流として使用するのは、旧来の伝統武道にも通じる言い方があります。

「天地無用」と心配無用の違い

天地無用と心配無用の言葉の違いはあります。

無用という表現は、用いずという意になり、天地無用では、天地を違うことを用いずが正確な表現です。

そして、心配無用では、心配をこころに用いることを能わずという表現になります。

ですので、無用のニュアンスが異なっています。

天地無用では、直立不動のイメージで考えると効果的です。

「無用」を使った言葉と解釈

無用を使用した表現では、無用を心配ご無用とする場合に、ノープロブレムの意味が良く伝わります。

そして、無用の長物では、役にたたないことを示唆しています。

また、無用であることを用いる用途がないとして、廃棄するときの文面もあるのです。

無用という表現は用いずになりますが、それを誰が発信しているかに依って響きが異なってきます。

  • 再確認の無用
  • 心配無用の再確認
  • 無用とされないための遵守は有用

再確認の無用

無用という表示に、何についての無用であるかを質問します。

無用という表示があったとしても、それが何についても無用か疑問が残ります。

ここをなおざりにせずに、上司に指示を仰ぎます。

それによって、どこにその物品を配置したら良いのかを確認し、適正な処置をすることが可能になります。

無用であるというのは、その目的格と指示代名詞が何であるかが重要です。

心配無用の再確認

心配無用といわれたが、心配になって再度確認しました。

心配無用といわれたので、それを鵜呑みにせず、再度確認するということは、仕事内容として重要なスキルです。

つまり、いくら完璧にやったとしても、その自信が過剰な反応として処理されることは、上司からの確認で常識とされています。

心配無用というのは細密に確認した結果最終的な判定を上司が出すものですので、生半可な作業では承認は得られません。

無用とされないための遵守は有用

無用の長物として認識されるよりも、天地無用の指示を守る方に徹します。

無用の長物という表現があります。

これは、長いものにまかれろという慣用句や、長ければなんでもいいという一般の評価とは違っているものです。

つまり、パターンでの認識より、個別の重要度を、その都度認識するほうが、細かい作業としてもミスのないことが継続できます。

そしてより重要度の高い仕事を運んでいくには、その細かさに神経を集中して行う作業が必要です。

icon まとめ

無用という響きは、天地無用の物流用語として、定着しています。

そして、その箱物にシールを貼るか否かという時点や、その物流を手渡ししていく時点での、表示物への認識は、意識的に継続しなくてはなりません。

その継続を怠った結果、重要物が破損することはあり得ます。

結果判定としては、無用という表示に対し、普段からなおざりな対応をしていることが明らかになり、その不遜に対する責め苦は厳しいものとなります。