意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「承継」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

承継という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

こちらの承継は、日常生活でも使いますし、ビジネスやメディア、小説でも使われることが多いです。

この承継という言葉は、人に継いでいくという意味で使われることが多いですが、正しい意味をご存知でしょうか。

使う機会も多いので、正しい意味を知っておくようにしましょう。

承継

Meaning-Book
「承継」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「承継」の意味とは?
  • 「承継」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「承継」の言葉の使い方
  • 「承継」を使った例文と解釈
  • 「承継」の由来や語源
  • 「承継」と「相続」の違い
  • 「承継」を使用した言葉の解釈


「承継」の意味とは?

「承継」とはどのような意味を持っているのでしょうか。

承継は、何かを継ぐという意味で使われることが多いのですが、具体的な意味としては、継承は、「前の代からのものとして精神、身分、仕事、そして事業を受け継ぐ」という意味があります。

従って、精神や仕事、身分など、お金だけではなく、さまざまなものを引き継いでいくという意味があるのです。

継承は、非常に重要な言葉として使われることが多く、受け継ぎたいものを思い、この言葉が使われることが多いです。

  • 「承継」の読み方

「承継」の読み方

承継の読み方ですが、こちらは「しょうけい」と読みます。

読み方は、音読みですので、それほど難しくはありません。

しかし、同じ意味合いである、「継承」と間違えてしまうこともありますので、漢字の並びには気をつけて読むようにしましょう。



「承継」の類語や言い換え・似た言葉

継承の類語にはどういった物があるのでしょか。

言い換えや似た言葉を知っておくことで、シチュエーションやシーンに合わせて使い分けることが出来ます。

また類語でもまったく同じ意味というわけではありませんので、意味をしっかりと覚えておくようにしましょう。

  • 「受け継ぎ」
  • 「伝達」
  • 「跡継ぎ」

「受け継ぎ」

受け継ぎは、承継とほぼ同じように使われる言葉となります。

ものや資産を受け継いだり、場合によってはビジネスや、その他の文化を受け継ぐという意味合いがあります。

従って、承継と同じような類語となります。

しかし、承継は、非常に大きな流れを意味する場合が多く、次世代へ引き継ぐという意味があります。

しかし、受け継ぎは、ビジネスシーンでも新たな後輩に受け継ぐという意味でも使われるので、短期的に使われることが多いので、この違いを把握しておきましょう。

「伝達」

承継と同じ類語として、伝達があります。

伝達は、承継と同様に、誰かに物事を伝えていくという意味があります。

この伝達という言葉を使い、誰かから誰かへ伝えるという意味を伝えます。

承継も誰かへと引き継ぐという意味がありますので、類語です。

しかし、伝達はビジネスシーンでも短期的に使われることが多いので、シーンで使い分ける必要があります。

「跡継ぎ」

承継は未来へと繋いでいくという意味合いがありますので、「跡継ぎ」も類語として使われます。

新たな孫や、その他の子孫へ受け継ぐという意味もあり跡継ぎへ仕事を伝えるという意味合いで同じように使われます。

しかし、この跡継ぎは、基本的には身内や、後を次いでもらうものと、誰かを示す言葉として使われますので、その違いを把握しておきましょう。

「承継」の言葉の使い方

承継の言葉の使い方ですが、今までやってきた仕事、そしてモノ、相続などを次に受け継ぐという意味合いで使われます。

このため、使う際にはこれらを最初に持ってきて使うことが多く、「相続を承継させる」「今までやってきた仕事を孫へと承継させる」という意味で使うことになります。

また、文化や、物事など幅広い意味で承継という言葉を用いることもあります。

また、ビジネスシーンの会話などで、普段から承継を使うことはほとんどなく、大きな流れで使うことがほとんどです。



「承継」を使った例文と解釈

承継を使った例文にはどういった物があるのでしょうか。

その具体例を知っておきましょう。

またその解釈なども知っておくと便利に使うことが出来ます。

間違えないように気をつけましょう。

さまざまな使い方がありますので、頭に入れておきましょう。

  • 「承継」の例文1
  • 「承継」の例文2
  • 「承継」の例文3

「承継」の例文1

「親子の先祖からの仕事を孫が承継する」

これは、先祖からの仕事を、受け継ぐという意味合いで使われる、一般的な承継の使い方となります。

承継の使い方は、受け継ぐという意味合い、孫へ伝えていくという意味合いで使われますので、これが最も多い使い方の例と言えるでしょう。

この場合は、親子の仕事を孫へと伝えるという使い方で、仕事を伝えるという意味になります。

「承継」の例文2

「相続を承継するために手続きをする」

これは、人が人へと仕事を承継するというだけではなく、相続など、資産を継ぐ場合にも、この言葉は使われることになります。

相続や資産についてもこの承継を使うことが出来ますので、言葉にする際には例文を参考にしましょう。

「承継」の例文3

「このことはぜひ子孫へと承継していきたい」

承継という言葉についてですが、このように、仕事やその他の財産だけではなく、何か精神や身分、そして文化なども受け継ぐという意味で使われます。

このため、子孫や未来の人々へ、文化や精神的なことを受け継がせてやりたいというときにも、承継という言葉について、このように使うことになります。

「承継」の由来や語源

承継という言葉の由来ですが、実は、中国から伝わった言葉となります。

旧中国における相続から来ています。

先人を祭り、そして、それと不可分の関係におき、先人の財産を包括的に継承することを本質としこの言葉が使われてきました。

承継人という形で身内に使われてきた言葉ですが、今はものや精神、相続以外の事についても使われることが多くなってきています。

「承継」と「相続」の違い

「承継」「相続」の違いですが、さまざまな違いがあります。

基本的には、「相続」は人の死亡によって生じることになります。

また、相続は主に財産相続などで使われることが多く、仕事やビジネスを相続するという意味合いでは使われることはあまりありません。

「承継」はもっと一般的な概念であり、人が死亡しなくても使われる言葉となっています。

生死も関係ないことになっており、財産だけではなく、その精神や文化などさまざまなことを継いでいくという意味合いがあります。

「承継」を使用した言葉の解釈

承継を使用した言葉にはさまざまな言葉があります。

この言葉を具体的に知っておきましょう。

いろんな言葉があり、承継という単語だけではなく、意味自体が少々異なってきますので、注意をしましょう。

  • 「承継人」
  • 「承継取得」
  • 「承継執行文」

「承継人」

親や第三者などから、権利、地位などを引き継いだ人のことを、こちらの承継人と言います。

これには、一般承継人、そして、特定承継人など、さまざまな承継人に、條件によって分類されることになります。

「承継取得」

承継取得とは、他人の持っていた権利に基づいて、ある権利などを取得することをいいます。

権利などを取得するという意味合いが強いですので、承継だけで使う意味とはまったく異なっています。

「承継執行文」

承継執行文は、執行当事者に承継があったときに、承継人の氏名を表示することによって、付与される執行文のことをいいます。

そして、強制執行にあたって、執行当事者の変更などを明らかにするために作成されることになります。

承継執行文とはこの失効分のみを指すことになります。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

承継には、さまざまな言葉もありますし、色んなシーンで使われます。

人に承継する場合に用いるのですが、財産だけとは限らず、先祖からの仕事を伝えるために承継という形で使うことも多いです。

これらの使い方を知っておき間違いがないようにしましょう。