意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「長幼の序」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

「長幼の序」とは、よく使われる言葉の類となっています。

ことわざや、四字熟語に近いようなイメージを持っているこの言葉の意味ですが、具体的には、子どもや年少者の場合には、大人や年長者を敬うことが必要であり、さらに、年長者や大人は年少者や子どもを慈しむといった、長幼間の秩序を教えた言葉となっています。

長幼の序は、お年寄りを大切にだとか、お年寄りのいうことをきちんと聞くようにしなければならないという意味で使われることは多いのですが、実はそうではありません。

お年寄りもそして、子供からもお互いが敬うことが大切となっています。

そこで、具体的な長幼の序の意味を詳しく見ていきましょう。

Meaning-Book
「長幼の序」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「長幼の序」の意味とは?
  • 「長幼の序」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「長幼の序」の言葉の使い方
  • 「長幼の序」を使った例文
  • 「長幼の序」の対義語
  • 「長幼の序」を分解して解釈
  • 長幼の序と年功序列の違い
  • 長幼の序の必要性


「長幼の序」の意味とは?

「長幼の序」とは、具体的にどのような意味なのかご存知でしょうか。

具体的には、子どもや年少者は大人や年長者を敬わなければならないということ、そして、年長者や大人の場合には、年少者や子どもを慈しむ必要がある、そういった、長幼間の秩序を教えた言葉となっています。

もともとは中国から伝わる言葉であり、非常に知られている言葉です。

また、長幼の序は、秩序を教える言葉でもありますが、順序を意味してもいます。

このため、年の順番に慈しむ必要があるという意味合いもあります。

また、お年寄りを慈しむというイメージで使われることも増えていますがお年よりも逆に幼少者を慈しむ必要があるという意味も持っていますので、この意味の取り違いには注意をする必要があります。

  • 「長幼の序」の読み方

「長幼の序」の読み方

「長幼の序」の読み方についてですが、「ちょうようのじょ」という風に読むことになります。

中国の歴史にある言葉ですので、このように長幼という、日本語ではあまり使わない組み合わせの漢字を使った用語となっています。

そして、これをちょうようと呼ぶところが少々変わっていますね。

「長寿」と間違えて、「ちょうじゅのじょ」と読んでしまっている方もいますので、ここは間違えないようにすることが大切となります。



「長幼の序」の類語や言い換え・似た言葉

長幼の序と似た言葉としてどういった類語があるのでしょうか。

また言い換えや似た言葉にはどういった言葉があるのでしょうか。

それを具体的に知っておくことが必要となります。

  • 年功序列
  • 先輩後輩
  • 上下関係

年功序列

まず、長幼の序の類語、似た言葉の一つとして年功序列があります。

これは言葉通り、年齢の順番に敬うべきであるだとか、年齢の順番という意味合いがあります。

年齢の順に序列が必要であるという意味を持っていますので、長幼の序とは似た言葉ということになります。

先輩後輩

先輩後輩も、長幼の序の類語、言い換え、似た言葉として挙げられます。

一見まったく別の言葉になりますが、上の人を先輩と呼ぶ、そして下のものを後輩と呼ぶのは一つの序列であり、この長幼の序に当たるといえるでしょう。

日本社会ではこちらの先輩後輩のほうがイメージしやすくなっています。

先輩後輩のほうがどちらかというと、年齢が近いイメージがありますが、長幼の序と実は似た意味を持っていて、人生の先輩や後輩という意味でも使うことが出来ます。

上下関係

長幼の序の類語ですが、上下関係も実は同じような言葉になります。

上下関係は年齢においてもそうですが、立場の違いなどでも使われます。

しかし、年令による序列を意味することから、長幼の序という意味に近い類語であると考えられているんですね。

どちらかというと、上下関係の言葉のほうが、厳しい意味合いやイメージがありますが、長幼の序と序列を大切にしようという意味合いでは似ているので、同じように使われています。

日本社会ではこちらの上下関係といったほうがしっくりと来る場合もあります。

「長幼の序」の言葉の使い方

長幼の序の言葉の使い方についてですが、社会生活を送る上での序列や接し方などいった意味を込めて使われることが多いです。

たとえば、先輩に長幼の序なので頑張ってくださいという意味合いで使われることもあります。

基本的には、長幼の序を大切にするなど、長幼の序を〜という形で使われることが多くなっています。

また、長幼の序が具体的にどうだったかを示す場合にはこの場合の「長幼の序は」という形で使うことも多いです。

長幼の序は果たしてあったかどうかといった風にも使えるようになっています。



「長幼の序」を使った例文

さらに、長幼の序を使った例文がいくつかあります。

どのようなシーンで、こちらの長幼の序を使うことが出来るのかということを例文で知っておくようにしましょう。

いろんなシーンで使われていますので、長幼の序というのがどのような使われ方なのかを知ることが出来ます。

  • 「長幼の序」の例文1
  • 「長幼の序」の例文2
  • 「長幼の序」の例文3

「長幼の序」の例文1

「長幼の序などはなく、人はみな平等である」

このように、長幼の序というのは序列のことであり、理想でもあります。

これが行われているかどうか、長幼の序があったかどうかそういったことを示すような文章もあります。

「長幼の序」の例文2

「会社などの宴会と違い、長幼の序が厳しい」

このように、長幼の序が厳しいかどうかなど、語尾に長幼の序という言葉を持ってくるというケースもあります。

会社の状態において、長幼の序があるかどうかを用いて使うことが多いです。

上下関係という意味合いで主に使われることになります。

「長幼の序」の例文3

「ここの席は長幼の序の順番で座るべきである」

このように席に座る順番という意味で、この長幼の序という言葉が使われることも多くなっています。

長幼の序を普段意識していないが、席の順番だったり、しきたりでそのようにするべきであるという意味合いで使われることが多いのです。

普段は長幼の序を意識していなかったとしてもこのような場面では長幼の序の序列を気にしようということで、使われることも多くなっています。

「長幼の序」の対義語

長幼の序の対義語にはどういった対義語があるのでしょうか。

実は長幼の序の対義語というものは定まっていません。

しかし、長幼の序は上下関係だったり、あるいは、年功序列、先輩後輩という意味合いがあります。

つまり、年長者が、年少者を敬い、その逆もあり、その序列を大切にしようという意味合いがあります。

つまり、対義語は、「成果主義」、または「実力主義」などが対義語であると考えておいて良いでしょう。

「長幼の序」を分解して解釈

長幼の序とは、中国から伝わる言葉ということもあり、日本国内ではあまりイメージがありません。

しかし、これを分解して解釈することで分かりやすくなります。

  • 「長幼」
  • 「序」

「長幼」

長幼の序に関しては、「長」が長老などの長く生きるものを表します。

そして、幼については、幼年者などを表します。

そして、序に関しては序列を表します。

「序」

長幼は反対語を指すもので、そして序は序列を表すイメージにあります。

こう考えると意味が伝わりやすくなります。

長幼の序と年功序列の違い

長幼の序と年功序列の違いですが、どちらも似た意味を持つということもあり、イメージは似ています。

しかし、違いもあります。

まず、長幼の序に関しては、幼年者が、年上のものを敬うという意味もありますが、その逆も勧めています。

しかし、年功序列はそうではなく、年齢の順に序列が出来るという意味合いがあります。

お互いを尊重し合うという長幼の序とはまた別の意味があります。

長幼の序の必要性

長幼の序の必要性ですが、社会人として仕事をする上で、この長幼の序はとても大切であると考えられています。

これが忘れられてしまえば、嫌な思いだけが残り、人と人とが協力しにくくなります。

icon まとめ

長幼の序とはこのような意味合いがあります。

例文や類語を見ると意味が理解しやすくなりますね。

このことを心がけていきましょう。